日本導入も切望!? 北米レクサスで新型ISに「F SPORT パフォーマンス」を発表


 一見すると、ノーマルなセダン。しかし中身は、最高出力472psにも達する 排気量5L V8 NAエンジンの後輪駆動(FR)4ドアスポーツセダン。2021年2月22日、北米レクサスが発表した『IS 500 F SPORT パフォーマンス』だ。もはや絶滅危惧種である大排気量NAスポーツカー。しかし、「5L V8 NAエンジン」というスペックに心躍らせたのは筆者だけではないだろう。

 これまで、レクサスのスポーティグレードといえば「F SPORT」であったが、今回ISに設定された「F SPORT パフォーマンス」はそれを遥かに凌ぐ性能をもつ新グレード。シリーズとして今後続く可能性は大いにある。

 本稿では、この『IS 500 F SPORT パフォーマンス』の詳細についてご紹介していくとともに、このモデルの日本導入の可能性についても、考察していく。

文/吉川賢一
写真/LEXUS

【画像ギャラリー】ボンネットのふくらみはハイパフォーマンスの証。レクサス『IS 500 FSPORT パフォーマンス』を写真でチェック!!


■ファンを熱くする、至高のハイパフォーマンスセダン!!

 やはり、最大の注目ポイントは大排気量のエンジンであろう。レクサス『IS 500 Fスポーツ パフォーマンス』に搭載されるのは、排気量5L、V型8気筒のノンターボエンジン。同社のハイパフォーマンスカー、『RC F』や『LC500』と同じNAエンジンだ。

 最高出力は472ps/7100rpm、最大トルクは535Nm/4800rpm。トランスミッションは、8速スポーツダイレクトシフトオートマチック(8 Speed SPDS)を採用し、0-60マイル(約96km/h)加速は4.5秒を誇る。通常のIS F SPORTに搭載されているのが、3.5LのV6 NAエンジン(最高出力318ps/最大トルク380Nm:日本仕様)であるので、1.5倍に近いパワーアップをしたことになる。

 エンジン本体に高さがある5Lエンジンを収めるため、ボンネットフードを2インチ(5センチメートル)ほど高く必要があり、その部分には、彫刻のような深いキャラクターラインが入れられている。そして、この深いキャラクターラインが、ただならぬオーラを創り出してもいる。

 ほかにも、『RC F』を彷彿させるデュアルスタックテールパイプを左右出した「クワッドエキゾーストシステム」や、足元には、エンケイ製の専用19インチアロイホイールを採用。IS F SPORT標準の19インチよりも、デザインが複雑になりながらも、軽量化もなされている。

 また、これまでのFモデルと区別するため、フロントフェンダー後ろ側と、ステアリングホイールの下端へ、「F SPORT Performance」独自の黒いバッヂを装着している。

 ダーククロームウィンドウトリムや、インテリアでもメーター起動時の専用アニメなど、本グレードだけの「おもてなし」が追加されている。ド派手なエアロパーツによる外見の差別化も重要だが、こうした細かな演出も、ファンにとっては嬉しいポイントだ。

2インチ(5センチメートル)近く高められたボンネットには、彫刻のような深いキャラクターラインがデザインされている
『RC F』を彷彿させるデュアルスタックテールパイプを左右出した、クワッドエキゾーストシステム
エンケイ製の専用19インチアロイホイールを採用。標準19インチF SPORTホイールよりも複雑なデザインであるが、大幅に軽量化されているという
これまでのFモデルと区別するために、フロントフェンダー後ろ側へ「F SPORT Performance」独自の黒いバッヂを装着
メッキなどの加飾が少ないため、シンプルですっきりとしたインテリアに見える
本革ステアリングのボトム部分にも、F SPORTパフォーマンスを表すブラックバッジを装着
472ps、536Nmを発生する5LのV8 NAエンジンを搭載
低い位置にヒップポイントが設計された前席スポーツシート。レクサス独自のフォーム注入構造によって、前後左右の強烈な加速Gを受けても、しっかりと身体をホールドしてくれる

■やはりモリゾウ率いるトヨタは凄い

 今回の『IS 500 F SPORT パフォーマンス』の登場を聞いた際、2018年のデトロイトショーで、トヨタの豊田社長が「No more boring cars!!(もう退屈なクルマはいらない!!)」と発言した、という件を思い出した。

 新型プリウスや新型カムリ(退屈な大衆車の代表例)を発表した直後のことだったので、会場は嘲笑で包まれたそうだが、そのあとトヨタは、『GRスープラ』『GRヤリス』などを世に出した。レクサスも、世界最高峰のハイブリッドをラインアップに並べながらも、今回この5L V8 NAエンジンの新型車を発表。北米にいる、大排気量好きのエンスージアニストたちとの約束を、ちゃんと果たした。

 一方で環境問題に真摯に取り組みつつ、しかしいっぽうではその真逆ともいえる大排気量エンジンの新型車も出す。矛盾しているようだが、「時代の流れに乗りながらも、ファンの期待にも応える」という姿勢は、クルマをつくるメーカーとしては矛盾していない。やはりトヨタは凄い。

次ページは : ■日本導入の可能性は高い!!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ