VWが売れていない!? その理由はどこにある?


 日本自動車輸入組合(JAIA)が発表したVW(フォルクスワーゲン)の2021年1月の新規登録台数は1840台、前年同月比は34.9%減。そして2月は2244台で前年同月比は42.2%減。1月、2月とも大幅な落ち込みとなった。

 本国では2019年10月に発表されていた新型ゴルフ(8代目)が、ついに日本でも2月に先行受注が開始されるという、主力車種がモデル末期であった影響はあるだろう。さらにコロナ禍による影響もあるのかもしれないが、そのほかに要因はあるのか?

 今、VWが売れていない……。販売台数の大きな落ち込みの理由は何か? いったいVWに何が起きているのか?

文/石川真禧照
写真/フォルクスワーゲン グループ ジャパン、メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】そろそろ顔ぶれ一新? VWのクルマたち!


■モデル末期のゴルフのほかにも古いモデルが……

 2021年1月のVWの販売台数が前年同月比のマイナス34.9%と大幅に落ち込んだ。

 昨今のコロナ禍のなか、「VWよ、お前もか!」というようなショッキングなニュース。確かに世界のベストセラーカー「ゴルフ」はモデル末期で、2月から新型の先行受注がはじまっている。スモールカーの「up!」はカタログモデルから消えた。

 上級セダン/ワゴン(VWはバリアント)の「パサート」は2015年のデビューだし、ミニバン系の「ゴルフトゥーラン」や「シャラン」もデビューから5年以上経過している。

VWのラインナップは、デビューから5年以上経過した車種がちらほら。ただし、例えば写真の「ゴルフトゥーラン」は、ほぼ毎年小改良され続けている

 いま人気のSUVでは2020年1月に「Tクロス」、7月に「Tロック」を発売したが、ライバルのミニ「クロスオーバー」やアウディ「Q2」、プジョー「2008」「3008」も魅力的だ。

■2020年販売台数はベンツAクラスが2位へ上昇

 外国メーカー車モデル別新車登録台数(JAIA調べ、暦年)のデータを取り寄せてみると、かつて常勝だった「ゴルフ」は2010年にBMWミニにその座を奪われ、2019年までの4年間、2位に甘んじてきたが、2020年はついにメルセデスベンツ「Aクラス」に2位の座を明け渡し、3位になっている。

日本国内販売台数でゴルフを抜いて2位のベンツ「Aクラス」

 どうしたゴルフ! どうしたVW!! というファンの悲鳴が聞こえてきそうだ。

 しかし、海外からは新型ゴルフに関して、ヨーロッパでは2020年にベストカラーカーの座を再び獲得した、というニュースも流れている。日本市場とのギャップが大きすぎる。

 そう思い、日本での販売戦略での実情を詳しく調べることにした。そこで判明したのは、驚くべき数字のマジックと、お家の事情だった。

次ページは : ■2020年にVWは新型SUVを日本に2モデル投入!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ