新型ヴェゼル先行受注を開始! スタートダッシュを決められるのか!?

「新型ヴェゼル」先行受注を開始! スタートダッシュを決められるのか!?

 ホンダの期待のモデル、『新型ヴェゼル』の先行受注が2021年3月11日から開始された。そうなると気になるのは、その出だしだろう。

 トヨタ『ヤリスクロス』、日産『キックス』、マツダ『CX-30』と強力ライバルがひしめく中、かつての大人気SUVであるヴェゼルはどこまで初期受注を伸ばすことができるのか?

 複数ディーラーを取材し、その初動と値引きなどの最新情報をレポートしていきたい。

文/遠藤徹
写真/編集部

【画像ギャラリー】話題を呼ぶ新型ヴェゼルの内外装をじっくりチェック!


■先行販売ではハイブリッド仕様が優勢か

 2021年4月22日に発表、23日に発売開始する新型ヴェゼルの先行予約が3月11日にスタートした。

 1週間程度の期間での評価は正確にはまだつかめていないが、首都圏のホンダカーズ店数軒を回った限りだと、まずは順調なスタートを切っているといえそうだ。ただ店舗によってかなりの格差があり、もうしばらく経過を見ないとはっきりしない部分もある。

写真は「PLaY」。外観としてはツートーンカラーのほかに、フロントグリル内にカラーバーが追加されていたり、ドア下のメッキモールドが赤く加色されたりと、ワンポイントの遊び心が「Z」に対し追加されている

 先行予約が開始された新型ヴェゼルのグレードと価格は、以下のようになっている。

e:HEV X FF/265万8700円 4WD/287万8700円
e:HEV Z FF/289万8500円 4WD/312万8500円
e:HEV PLaY FF/329万8900円 4WDの設定はなし
G(1.5Lガソリン車) FF/227万9200円、4WD/249万9200円
※遠藤徹氏調べ

 月販6000台規模の生産販売計画に対して、3月19日時点の納期はモノトーンカラーが2021年6~7月、ツートーンの「プレイ」は今秋の9月頃となっている。

 ツートーンの人気が高いために余計に待たされるわけではない。20%程度の販売構成比を見込んで少なめの生産枠を組んでいるためである。初期動向をグレード別に見ると圧倒的に受注構成比が高いのはモノトーンカラーで最上級の「Z」となっている。

 今回は1.5Lハイブリッドが従来の1モーター2クラッチ方式から2モーターに変更され、燃費、走りの面で大幅に改良し、4つのグレードのうちの3タイプをハイブリッドとし、1.5L NAガソリン車は「Gタイプ」のみになった。

 従来はハイブリッドとガソリンNAは約半分ずつの販売構成比だったが、今回の2代目は80%をハイブリッド、20%をガソリンNAとハイブリッド重視を明確に打ち出している。こうした戦略は今のところ成功しているように思える。「ほとんどがハイブリッドでガソリンNA車は極端に少ない」といった店舗が大半を占めている。

■予約は、販売実績のある大型店舗が取りやすい

 車両本体価格は従来モデルに比べるとガソリンNA車で約10万円、ハイブリッド車で約20万円と大幅な値上がりをした価格設定をしているが、これについては意外なほど抵抗が少ないように見える。

先代に対して値上がりしたが、4WDが選べるグレードとしては最上級の「Z」が、現在最も人気だという

 当面は1.9%の低金利残価設定クレジットの設定でスタートしており、こちらの利用者が半分以上と多くを占めている影響もある。5年で組めば従来の3.5%に比べて金利分でほぼカバーできてしまうからである。車両本体値引きは初期回答だと4~5万円程度で引き締めているが、下取り車があれば10万円程度の高価格での買い取り調整が可能なケースもある。

 店舗によっては「先行予約の時点で購入したほうが値引き幅は大きくできます。実際に発売になれば受注が集中しますのでガードは固くなってしまいますよ」といった応酬話法で売り込んでいるケースもあるので、このことがスタートダッシュを加速させることにつながっている側面もある。

 今回のメーカーへの発注方法は販社毎に枠を決めたシステムを設定している。これまでの販売実績が多い販社は台数枠が多くなり、少ないところは逆となる。この枠は1週間毎にチェックされ、枠を消化すると次のオーダー分を更新できる。したがって受注が枠を消化できないと次が更新できない仕組みになっているから、販売実績のある大型店舗ほど枠がたっぷりあり納期は早くできることになる。

 また今回先行予約を開始するにあたって、メーカーのホンダから販社向けの販売マニュアルが専用ラインのタブレッドで送付され、画面でユーザーに商品説明を実施、先行予約受付のサイトも開設している。

 同時に店頭で紙に印刷した簡易パンフレットも作成し配布している。このパンフレットには比較的商品内容を詳しく説明しているのと、イメージスケッチのみ、あるいは少し詳しいものなど3種類程度ある。店舗毎に異なっているので、数ヶ所回って入手する必要がある。大型のメーカー資本の店舗のほうが、詳しい印刷物のパンンフレットが入手しやすい傾向がある。

 ホンダカーズの営業マンの中には実際に新型ヴェゼルを施設内で試乗し商品説明を受けているスタッフとそうでない人が存在する。先行予約をする場合の交渉相手は新型ヴェゼルに触れてよく知っているセールススタッフを選ぶことがポイントとなる。

 ホンダにとっては、今年のニューモデル展開で最も頼りになる戦略モデルだから、販売台数優先の売り方になりやすいので、比較的早めに好条件が引き出せるようになる方向にある。

実車に触れ、商品説明を直接受けたディーラーマンと出会えればラッキーといえる

次ページは : ■出だしは好調! すでに納車は4カ月待ち