新型エクストレイルでさらに進化する!! 日産e-POWERのさらなる未来


 今年2021年フルモデルチェンジが期待されている日産の主力ミドルクラスSUV「エクストレイル」。ご存じのとおり、北米では、エクストレイルの北米版「ローグ」がすでに新型となっていることから、デザイン的には、(フェイス違い等はあるかもしれないが)おおよその見当はついている状態。

 注目なのは「パワートレーン」だ。

 「国内販売における電動車の比率を、2023年度には6割に引き上げる」としている日産。昨年登場した、キックスも新型ノートも、e-POWER車のみであることからも、次期型エクストレイルも、少なくともe-POWER車が設定されることは間違いない。

 このe-POWERに関して、日産は、先日発表した欧州専売SUV「キャシュカイ」の新モデルにおいて、VCターボを発電用エンジンとする新e-POWERを発表した。また、ほぼタイミングを同じくして、次期型e-POWER専用の、発電専用ガソリンエンジンで熱効率50%を実現できる技術も公開している。

 国内において「e-POWERのみ」という強気の戦略は、システムに相当な自信がなければできないことだ。

 本稿では次期型エクストレイルに搭載されるe-POWERがどういったものになるのかを予想するとともに、新しい技術の登場で今後、e-POWERはどのような進化を遂げていくのか、現時点でわかっていることをもとに考察してみよう。

文/吉川賢一 写真/NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】熱効率50%エンジンの実用化も近い!? 本文未掲載カットを交えて日産e-POWERの明日を考える


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ