レクサス超高級モデル「LF」とは? マツダ新SUV登場!? ほか最新新車情報


 今後のマツダを占う上で非常に重要な直6 FR戦略。これまでこの戦略を語る上で欠かせなかったのがマツダ6だが、今回は新たなモデルの姿が? ほか、レクサスの超高級SUV「LF」、ホンダ シビックタイプR&スバル WRX STIの続報をお届け!

※本稿は2021年2月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年3月10日号

【画像ギャラリー】CX-50 レクサスLF タイプR WRX STI…まだ見ぬニューモデル その予想CGを現行型とともにギャラリーでチェック!


■マツダ直6 FR戦略! マツダ6、CX-5に加え「CX-50」登場説も急浮上

 マツダはD~Eセグメント用の「Largeアーキテクチャ」を後輪駆動とし、直列6気筒エンジンを新開発していることを明らかにしている。

 直6エンジンはガソリン(SKYACTIV-X)だけではなく、第2世代へと進化するクリーンディーゼルも同時に開発されていることも併せて明らかにされている。

 直6エンジンの詳細はこれ以上は明らかにされてはいないが、マツダのエンジンはモジュラー化されており、現在の直4、2Lエンジンはボア=83.5mm、ストローク=91.2mmで1シリンダーあたり499.25ccなので、6気筒だと総排気量2995.5ccとなる。

マツダが明らかにしている新開発パワートレーン。中央は直4PH EVで左右が直6エンジン。SKYACTIV-Xガソリンとディーゼルが新開発されている

 SKYACTIV-Xの過給システムには新開発される電動スーパーチャージャーが採用される可能性が高い。

 この新プラットフォームを採用するニューモデルとして真っ先に挙げられるのが『マツダ6』だ。

マツダ6(画像はベストカー編集部による予想CG)。「Largeアーキテクチャ」を採用する最初のモデルとなる。直列6気筒エンジンは3Lで、ガソリン仕様のSKYACTIV-Xには電動スーパーチャージャーが組み合わされることになる

 後輪駆動プラットフォームを採用することで、伸びやかでスポーティなマツダのフラッグシッププレミアムサルーンとして生まれ変わる。2ドアクーペの存在も確認されている。

 さらにFRのLargeアーキテクチャはSUVにも採用される計画だ。

 ベストカースクープ班がつかんでいる情報では2023年にモデルチェンジが計画されている次期型CX-5が、このFRプラットフォームを採用し、ひとクラス上のプレミアムSUVへと進化するという情報だ。

新型CX-5(画像はベストカー編集部による予想CG)。全高はCX-50より60mm高い1680mm程度に。直列6気筒エンジンを搭載するFRプラットフォームを採用することで、フロントアクスルからバルクヘッドの距離が長くなり、伸びやかなプロポーションが特徴的

 さらに情報が混在しているのだが、次期型CX-5とは別に、ルーフラインを低く、よりスタイリッシュにした、クーペSUVモデルが開発されているとの情報も得ているのだ。

 これが次期型CX-5のデザイン案のひとつだという情報がある一方、CX-5はあくまでもスタンダードなプレミアムSUVで、別モデルとしてクーペSUVが新規投入されるという情報もあり、これが『CX-50』という車名になるというのだ。

CX-50(画像はベストカー編集部による予想CG)。次期型CX-5のデザイン案のひとつだという情報もあるが、SUVラインナップ拡充は必須で、CX-50の投入の可能性は高いとみられる

 BMWのX5に対するX6のような存在で、CX-5と同時並行的に開発が進められているということで、当然直6、FR戦略の重要モデルとなる。

●次期CX-3も開発中。2022年初夏デビュー

 CX-30に加えてMX-30も投入され、コンパクトクラスのSUVラインナップが強化されているマツダのモデルラインナップ。

 こうなると、CX-3のポジションが難しくなってくるのだが、スクープ班がつかんでいる情報では次期型CX-3は開発が進められており、2022年5月にモデルチェンジをする計画だ。

新型CX-3。1.5LのSKYACTIV-Xエンジンを新開発して搭載(画像はベストカー編集部による予想CG)

 SUVラインナップの強化を目指すマツダの商品戦略のなかで、新型CX-3のポジションは「最もコンパクト」と明確。

 CX-30とのサイズ差をより明確化し、エンジンラインナップも1.5L SKYACTIV-Xを新開発して搭載することになる。

●マツダ CX-50
・全長×全幅×全高:4620×1840×1620mm
・ホイールベース:2750mm
・車両重量:1800kg
・エンジン:直6、3L電動SC+48VマイルドHV
・最高出力/最大トルク:300ps/35.0kgm
・駆動方式:FR&4WD
・予想発売時期:2023年4月
・予想価格:300万~400万円

■レクサスが超高級SUV「LF」を開発中! デビューは2023年か?

 世界的なSUVブームだ。

 かつてはレジャーのためのクルマということで、洗練よりも実力、悪路での走破性が重視されたが、現在ではSUVに求められる価値観も多様化。

 ポルシェ、ランボルギーニといったスーパーカーメーカーのほか、ベントレー、ロールスロイスといった超高級車メーカーも、そのラインナップにSUVを加えている。

 この超高価格帯のSUVを求めるユーザー層は一定数存在し、国産メーカーとしても参入したいカテゴリーとなっているが、富裕層が求めるレベルのクルマを提供できるメーカー、ブランドはかぎられる。レクサスはその数少ないブランドのひとつだ。

 レクサスが現在開発を続けるLFは、2018年のデトロイトショーに出展されたコンセプトカー「LF-1リミットレス」の市販モデル。

レクサス LF。ランクルベースのLXとはまるで異なる、アーバンSUV然としたスタイリッシュな外観。5m超えの全長は日本では使いづらいが、欲しがる層は確実にいる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 レクサスLSが使うTNGA「GA-L」プラットフォームを採用し、全長5250×全幅1900×全高1580mmの、実に堂々としたボディサイズを誇っている。

 当初は今年内に姿を現わすとの情報も流れていたが、スクープ班に入ってきた新たな情報によると、開発は少々遅れ気味とのこと。

コンセプトカーのイメージを色濃く残すリアスタイル。横方向の広がりを強調するリアのガーニッシュもいい雰囲気だ(画像はベストカー編集部による予想CG)

 世界規模の新型コロナによる流通、人材の移動制限といった影響もあるが、それ以上に搭載を予定している新開発の4L、V8ツインターボに時間がかかっているという。

 もちろんLFに搭載が予定されているエンジンはほかにもある。現行LSが搭載するV6、3.5Lベースのハイブリッドも、そのなかのひとつだ。

 システム出力は359psと充分に思えるが、やはり強力なエンジンを搭載する輸入車勢を向こうに回して戦うには、単純に数字でユーザーを納得させる出力が見込める4L、V8ツインターボが、どうしても必要だとする判断は理解ができる。

レクサスLSも使う「GA-Lプラットフォーム」を採用。乗り心地の煮詰めをしっかりやれば、評価もついてくるだろう

 スクープ班としては、この新エンジンの問題が解決し、市販モデルが姿を現わすのは2023年と予想している。

 とにかく中途半端なものを出せば逆に評価を落とすのが、超高価格帯モデルの宿命だ。新型エンジンを含め細部をじっくりと煮詰め、初代セルシオがそうであったように、世界の高級車メーカーを再び驚かせてほしい。

 ちなみに価格は1500万~2000万円が中心の価格帯となる予想。レクサスらしい最上級のおもてなしを感じさせる室内、美しい外観で登場することを期待する。

●本格スポーツ仕様LF Fの可能性も大いにある!

 ベンツにAMG、BMWにM、アウディにRSがあるように、レクサスにもスポーツ性を追求した「F」がある。

 下の2枚は今後登場が予想されるIS F、LS Fだが、このページで紹介しているLFにも「F」が設定される可能性が高い。

レクサスIS F(画像はベストカー編集部による予想CG)
レクサスLS F(画像はベストカー編集部による予想CG)

 搭載エンジンはもちろん新開発の4L、V8ツインターボ。LS F同様のチューニングが施されれば、その出力は660ps/66.3kgmと圧倒的。

 電動化が叫ばれる世の中だが、ハイブリッドのおかげでCAFEの影響は最小限とも噂されるトヨタ/レクサスだけに、必ず登場させてくるだろう。

最高出力=612psのベンツAMG GLS 63。LF Fが戦うべきライバルはなかなか強力だ

●レクサスLF
・全長×全幅×全高:5250×1900×1580mm
・ホイールベース:3125mm
・車両重量:2400kg
・エンジン:V6、3.5L+モーター
・最高出力/最大トルク:299ps/36.3kgm
・モーター出力:180ps/30.6kgm
・駆動方式:FR&4WD
・予想発売時期:2023年
・予想価格:1500万~2000万円

次ページは : ■ハイブリッドで新境地 未来の「タイプR」は期待しかない!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ