新型アクア今夏登場予定!! 現行型販売急落はあの新型が原因か…


 現行アクアは今年(2021年)1~2月の登録台数が6806台で、前年同期に比べて54.8%という大幅なマイナスとなっている。2月の車種名別登録ランキングは19位のポジション。これを「売れている」と評価するか否かは見方が分かれるところだ。

 アクアは発売当初から1~3年間、月販1万台以上も売れた月があるヒットモデルだった。この時点では登録車の銘柄別ランキングで常に上位を占めていた。発売後9年半も経過している古いモデルだから、そのわりには健闘しているといえるかも知れない。

 本稿では、「2021年内にフルモデルチェンジ」と言われている、現行型アクアの売れ行きや経歴を整理して紹介し、新型アクアの現在わかっている情報も改めて紹介したい。

文/遠藤徹 写真/トヨタ

【画像ギャラリー】現行アクアと次期型アクアの予想CGを画像でチェック


■現行アクアの販売台数激減となった原因とは..?

 現行型アクアは、2011年12月に「初代」として登場。現行ヤリスの前身モデルである「ヴィッツ」をベースに、ハイブリッド1.5リッター専用モデルとして発売した。

 当時のヴィッツがオーソドックスな5ドアハッチバックレイアウトで、居住スペースの快適性や積載性を優先させたパッケージングだったのに対して、アクアはやや背を低めにしたスタイリッシュでスポーティな若々しいハッチバックとして仕立てられた。

今夏登場予定の新型アクア全情報!! 現行型販売急落はあの新型が原因か…
現行型アクア S<オプション装着車>
今夏登場予定の新型アクア全情報!! 現行型販売急落はあの新型が原因か…
現行型アクアインパネ

 ヴィッツおよび後継モデルのヤリスが1~1.5リッターガソリンNAと1.5リッターハイブリッドエンジンを搭載しているのに対し、アクアは1.5リッターハイブリッド専用モデルのコンセプトであり、そのぶんやや上級志向であったともいえる。

 また販売の志向もやや異なった。当初はヴィッツがネッツ店専売モデルだったのに対してアクアは当初からトヨタ全系列店扱いでスタート。この販売力を背景にして、車種別販売ランキングで上位を占め、「トヨタのハイブリッド車は売れている」というイメージを植え付けた面もある(当時アクアには「プリウスより小さくて安いハイブリッド専用車」という役割が強かった)。

 ところが、2020年5月からヴィッツ後継モデルである現行ヤリスが発売。全トヨタ系列店扱いになり、居住性、走行性能、燃費とあらゆる面で大幅に進化。相対的にアクアの商品力がダウンし、これが近年の販売台数激減傾向の原因となっている。

■次期型アクアは2021年7月頃に発売確定か⁉

 ヤリス1.5リッターハイブリッドは、アクアに比べると燃費がいいうえに、室内、とりわけ後席のニールームやヘッドクリアランスが十分に広い。

 販売店によっては「ヤリス1.5リッターハイブリッドがあればアクアは必要ない」と断言する営業マンもいるほど。このため一時、「アクアは現行モデルで生産中止に追い込まれるのではないか」といった噂が流れたりした(確認したが、あくまで噂レベルであった)。

今夏登場予定の新型アクア全情報!! 現行型販売急落はあの新型が原因か…
現行型アクア 特別仕様車 Crossovers Glam

 最近は「次期型が存在し、2021年7月頃に発売する」というのが確定的になっている。

 フルモデルチェンジして2代目にバトンタッチするのは、国内よりも海外ニーズに対応する方針もあると思われる。北米を中心とした海外では、アクアは「プリウスS」の名称で販売されており、特に女性ユーザーからの人気が高い。

 次期型がどのようなコンセプトで登場するかは少しずつ明らかになりつつある。

次ページは : ■基本的なコンセプトはキープしたまま上級シフト

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ