燃費“だけ”じゃない今こそ!! 走りも楽しい優良燃費車 4選


 10年ほど前のガソリン価格高騰やリーマンショックを期に、「燃費」は車選びの重要項目に浮上したが、今や燃費一辺倒ではなく、走りなどその他の部分でプラスαの魅力を持つ車が多数存在する時代になった。車としての楽しさを持ち、カタログ燃費も20.0km/Lを超える、「燃費の悪い車はちょっと……」と敬遠気味のユーザーや家族も納得の“燃費だけじゃない車”をジャンル別に紹介したい。

文:永田恵一/写真:編集部


軽さと燃費の“二刀流”アルトワークス

アルトワークス
アルトワークス(FF/5MT、150万9840円)/JC08モード燃費:23.0km/L

 軽自動車ではS660と迷いながらアルトワークスを挙げる。

 動力性能は決して高くないものの、軽乗用車のミッドシップながら安心して楽しめるハンドリングや剛性感の高いブレーキフィールなどスポーツカーらしさ満点のS660を差し置いてアルトワークスを選んだ理由は「刺激」だ。

 アルトワークスは、車重が670kgとS660に対し200kg近く軽いだけに、アクセルを深く踏むと「オオッ」と感じるくらいの速さを持っている。

 これに加え、エンジンフィールもターボエンジンらしいパンチがあり、軽という小さなボディサイズも生かして混んだ市街地で空いた車線を探しながら走っているだけでも楽しめる。

 硬めのサスペンションも若い人だけでなく、ハンドリング、乗り心地ともに大人が乗っても納得できるレベルに仕上がっており、多くの人が楽しめる点も高く評価できる。

 それでいて価格もリーズナブル。維持費も軽自動車なので安く、4人が乗れて、20km/L近い実用燃費も期待できる。入門スポーツモデルや比較的軽い気持ちで買える大人のオモチャとしても勧められる存在だ。

ハイブリッドでも楽しめるノートe-POWER

ノート e-POWER()
ノート e-POWER X(196万5600円)/JC08モード燃費:34.0km/L

 ノートe-POWERの楽しさは、「シリーズハイブリッド」というハイブリッドシステムによるところが大きい。

 その仕組みは1.2Lエンジンを発電専用に使い、駆動は先代リーフのモーター(109馬力)で行うというもの。

 先代リーフでも十分な速さを感じるところに、ノートe-POWERは車重が200kgも軽い。最高速こそ146km/h(「ベストカー」テスト値)と伸びないものの、0-400m加速16.4秒、0-100km/h加速8.8秒というスポーツモデル並みの加速力を持つ。

 さらにその加速感もモーターのみで駆動しているため、スムースかつレスポンスよくスピードが乗るのも大きな魅力だ。

 加えて、エコモードとSモードで作動するワンペダルドライブは、減速エネルギーをより多くバッテリーに戻せるだけでなく、慣れは要るものの、ブレーキ操作の激減やスピード調整の楽さに繋がることなども魅力。

 疲労軽減以外にも、アクセルオフだけでクルマをうまく停止する、車の姿勢作りにも使えるなど運転する楽しさも備える。

 さらに、ノート e-POWERには停止まで対応する先行車追従型のクルーズコントロール(ACC)を装備。スポーティなNISMOなど、バリエーションも豊富で(売れるからメーカーも力を入れる好循環ともいえるが)、エコで楽しい車として販売好調なのもよく分かる。

次ページは : ガソリン車でも燃費よく楽しいフィアット500

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ