ホンダらしからぬ英国調小型セダン! コンチェルトが4年で消えた理由【偉大な生産終了車】


 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はホンダ コンチェルト(1988-1992)をご紹介します。

文/伊達軍曹、写真/HONDA

【画像ギャラリー】夢破れた「地味だけどいい車」! ホンダ コンチェルトをギャラリーでチェック!


■英オースチン・ローバー・グループとの共同開発で生まれたコンチェルト

 いわゆるバブル景気の炎が民衆の間でも燃え盛りはじめた1988年に、英国の自動車メーカーとの共同開発により誕生した、わかりやすい華はないが、本格的な小さな高級車。

 しかし、バブルの熱に浮かされ「もっと豪華に、もっと大きく!」を求めていた当時の民衆にとって「英国調の小さな高級車」はお呼びでなかったか、1992年にわずか約4年間の“生涯”を終えた4ドアおよび5ドアのセダン。

 それが、ホンダ コンチェルトです。

 ホンダ コンチェルトは、ホンダが1979年から1994年にかけて提携関係を結んでいた英オースチン・ローバー・グループ(のちのローバー)と共同開発した小型セダン。

ホンダ コンチェルト(写真は4ドアセダン)。全車にハイパー16バルブエンジンを搭載した

「シビックとアコードの中間」というポジショニングではありましたが、ヨーロッパ調の「クラスレスな車」でもありました。

 ボディタイプは4ドアセダンと5ドアセダン(ハッチバック)の2種類で、寸法は4ドアセダンの場合で全長4415mm×全幅1690mm×全高1395mm。

 搭載エンジンは当時のシビックと同じ1.5Lと1.6Lで、全車SOHCながら、1気筒4バルブ方式の「ハイパー16バルブエンジン」が搭載されました。

 駆動方式は、5ドアセダンはFFのみですが、4ドアセダンには4WDも用意され、上級グレードの4WDは前後輪と後輪左右のタイヤへ独立して駆動力配分をおこなう「INTRAC」を採用するなど、先進的な機能が盛り込まれました。

INTRAC(イントラック)は「INOVATIVE TRACTION CONTROL SYSTEM」の略で、走行条件に応じて、駆動輪のトラクションを適切にコントロールし、路面への駆動力伝達をより高効率で実現すると同時に、制動力にも優れた能力を求めたシステム

 サスペンションは全車、快適な乗り心地を追求した4輪ダブルウィッシュボーン(リアはマルチリンク式)です。

 高剛性なモノコックボディの内部に収まるインテリアも本格的で、デザインはあくまで正調英国風。

 当時のプレスリリースによれば「“シックでやすらぎを感じるインテリア”をテーマに、キャビンの広さや静かさ、そして素材、デザイン、機能性などを基本からみつめて徹底的に吟味。

 表面的な豪華さや飾り立てを追うのではなく、良質なものだけを選び、豊かさや快適さを求めることにより、ヨーロピアンテイストがただよう上質な移動空間を創り出している」とのこと。

 そして寸法自体は小ぶりですが、思いきったロングホイールベース&ワイドトレッド設計を採用したことで、室内の広さは十分以上。

 さらには本革風および木目風のドアライニングやセンターコンソールなどを採用することで、ホンダいわく「自然なやすらぎ」が追求されています。

インパネ部分。「コンチェルト」の名前は協奏曲を意味する音楽用語から、「良質で、豊かなカーライフを奏でる新しいセダン」であることをめざし命名された

 JXとJX-iには1.6Lクラスとしては初の電動パワーシートが採用され、走らせてみても、「めちゃめちゃイイ!」というわけではありませんが、普通に悪くないニュアンスではありました。

 しかし、英国のオースチン・ローバーの工場で生産された欧州市場向けコンチェルト(ローバー200)はまずまずヒットしたようですが、国内で生産された日本市場向けコンチェルトは、まったくの不人気車というほどではありませんでしたが、盛り上がりは今ひとつでした。

 そのためホンダは1992年9月に国内向けコンチェルトの生産を終了。後継モデルは「ドマーニ」という、まったく違う車名の国内専用車種になってしまいました。

■「乗ればいいクルマ」だけど コンチェルトが一代限りとなった背景

 正調英国風で、好きな人はけっこう好きなタイプのセダンだったと思われるホンダ コンチェルトが思いのほか振るわず、わずか約4年で生産終了となった理由。

 それは「この車が向かいたかった方向と、時代の風向きがぜんぜん合っていなかった」ということに尽きるでしょう。

 先ほども引用した当時のプレスリリース(1988年6月15日付け)には、こう書かれています。

「このコンチェルトは、新しい価値観、つまり良質なものにさりげなくこだわる生き方を志向する人々に向け、“基礎からしっかり”にこだわるクルマづくりの考え方(=(※)Foundation)のもとに、より多くの人々が気軽に使える1.6Lクラスで、プラスワンのゆとりをもつ高質な新しいセダンを、ヨーロッパ車的な味わいを盛り込み開発。」

 ……微妙に悪文なためちょっと意味が取りにくいのですが、書き換えるとすると、こんな感じになるでしょう。

「『良質なものにさりげなくこだわりたい』という価値観を持つ人のため“基礎”を重視し、手頃な1.6Lクラスではあるが広くて上質であるという、日常づかいされるヨーロッパ車に近い車として開発しました」

 だいたいこんなところでしょうか。

 その思想は立派だと思いますし、筆者も個人的には、そういった「地味だけど、乗るとすっごくいい車」みたいなタイプが大好物です。

 しかしコンチェルトが発売された1988年は、そういった「一見地味だけど、わかる人にはわかるプロダクト」に追い風が吹いている時代ではありませんでした。「むしろ逆風が吹いていた」と言ったほうがいいかもしれません。

1989年にフェイスリフト・グレード追加、1991年にはマイナーチェンジが施されるも、後継となるドマーニの登場もあり1992年9月生産を終了した

 1988年といえば、1985年のプラザ合意を経て、世の中は日経平均株価が3万8957円の史上最高値を付ける1989年12月29日の“ピーク”に向かって「未曾有の好景気」を予感していました。

 東京ドームが開業し、リゾートマンションがバカ売れして、六本木の高級ディスコ「トゥーリア」で照明が落下し、そして「シーマ現象」が巻き起こった――というのが1988年です。

 そんなムードのなかでも、「自分は渋い英国調の小型セダンで『さりげなくこだわりたい』のだ」と思っていた人はもちろんいたでしょう。

 しかしそういった人は、あの時代にあっては少数派でした。

 多くの人は「もっとわかりやすく高級なモノ」を欲し、そしてそれが「自分でも手に入れられる!」と信じていたのです。

 そういった場のなかに「どーも! さりげなく上質な小型セダンこと、ホンダのコンチェルトで~す!」とばかりに登場しても……残念ながら、振り向く人の数は少なかったのです。

■ホンダ コンチェルト主要諸元
・全長×全幅×全高:4415mm×1690mm×1395mm
・ホイールベース:2550mm
・車重:1050kg
・エンジン:直列4気筒SOHC、1590cc
・最高出力:120ps/6300rpm
・最大トルク:14.5kgm/5500rpm
・燃費:12.0km/L(10モード)
・価格:157万1000円(1989年式 JX-I FF 4速AT)

【画像ギャラリー】夢破れた「地味だけどいい車」! ホンダ コンチェルトをギャラリーでチェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ