ホンダ新型ヴェゼル発売間近!! 「進化」か、それとも「変わっちゃったね…」か

ホンダ新型ヴェゼル発売間近!! 「進化」か、それとも「変わっちゃったね…」か

 4月下旬の正式発表を前に、2代目へのフルモデルチェンジを果たした新型ヴェゼルの先行受注が始まっている。

 開発を担当した岡部宏二郎シニアチーフエンジニアによると、新型ヴェゼルの開発にあたっては、「ワクワク感」、「開放感」、「爽快感」というキーワードを大切にしたという。

 ホンダというと昨年発売のフィットが4つの「心地よさ」をキーワードに開発を重ね、大きな評価を得たことが記憶に新しい。ヴェゼルはどうだろうか。

 外観の大きな変化でユーザーの反応も揺れている。果たしてその「変化」は是か非か? 正式発表前にいまわかる新型ヴェゼルのすべてを徹底的に解剖してみよう!

※本稿は2021年2月のものです
文/ベストカー編集部 写真/HONDA、ベストカー編集部 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】こちらで載せきれなかった画像もぜひ! 新型ヴェゼルの画像をギャラリーでチェック!


■シュッと伸びやかなプロポーション

 コンパクトSUVの先頭を引っ張ってきたヴェゼルがデビューしたのは2013年のことだから、すでに7年が経過した。

「そろそろ……」と言われたモデルチェンジがついに実施されることになる。

 2月18日に公開された新型ヴェゼル。

 実車を見た瞬間、「おおっ、長くて平べったい!」って思ったんだけど、ボディサイズはほぼ現行型と同じだという。

今回は車体寸法などの数値は公表されていないのだが、現在販売されているヴェゼルと大きくは変わらないサイズだという。ボディ同色とされたフロントグリルが特徴的だ
今回は車体寸法などの数値は公表されていないのだが、現在販売されているヴェゼルと大きくは変わらないサイズだという。ボディ同色とされたフロントグリルが特徴的だ
こちらは従来型。新型はより「ハコ」っぽくなった印象がある
こちらは従来型。新型はより「ハコ」っぽくなった印象がある

 今回はあくまでも内外装の公開ということで、ボディサイズ等の具体的な数値は明らかにされていないが、現行型ヴェゼルのサイズは全長4330×全幅1770×全高1605mmでホイールベースは2610mmだ。

 後方までスッと真っ直ぐに伸ばされたルーフラインと、ウエストの高い位置に直線的に入れられたエッジラインで視覚的にそのように見えるのだろう。

 デザインコンセプトの「爽快なSUV」を体現しているプロポーションだ。

基本プラットフォームはフィットをベースとしながらホイールベースを延長しているとのこと。リアクオーターまでルーフは直線的で伸びやかなプロポーションを作り出す
基本プラットフォームはフィットをベースとしながらホイールベースを延長しているとのこと。リアクオーターまでルーフは直線的で伸びやかなプロポーションを作り出す
こちらは従来型のリアビュー
こちらは従来型のリアビュー

次ページは : ■グランドコンセプトは日々の生活の楽しさを増幅させる「AMP UP YOUR LIFE」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ