2022年に生産終了のS660がまさかの完売!? 人気が爆発でもう新車は買えない!!?

2022年に生産終了のS660がまさかの完売!? 人気が爆発でもう新車は買えない!!?

 2022年3月をもって生産終了となることが、2021年3月12日に発表されたホンダの軽ミッドシップスポーツ『S660』が、なんと完売になったとの情報が飛び込んできた!

 もう新車で手に入れることは難しいのか? それともまだ目があるのか? 購入を考えていたという人も多いS660の最新情報をお届けする。

文/大音安弘
写真/編集部

【画像ギャラリー】将来のプレミア価格間違いなし! 最後の『S660 Modulo X Version Z』を写真でチェック!!


■1年分の生産台数をわずか3週間で受注終了!?

 2022年3月での生産終了を公表したホンダの軽ミッドシップスポーツ『S660』が、なんと完売したという衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 ホンダは、2021年3月12日、「S660」を約1年後に生産終了を発表するとともに、これまでの応援してくれたファンへの感謝の気持ちを込めた特別仕様車『S660 Modulo X Version Z』の新設定することを公表した。

S660最後の特別仕様車『Modulo X Version Z』。ボディカラーは「ソニックグレー・パール」(写真手前)と、「プレミアムスターホワイト・パール」(写真奥)の全2色
S660最後の特別仕様車『Modulo X Version Z』。ボディカラーは「ソニックグレー・パール」(写真手前)と、「プレミアムスターホワイト・パール」(写真奥)の全2色

 この特別仕様車は、ビートの最終特別仕様車『Version Z』の名を受け継いだものであり、最後の特別なS660であることを意味する。そのためベースモデルも、標準グレードではなく、ホンダのコンプリートカーシリーズ「Modulo X」を採用。

 特別仕様として、Version Z専用のソニックグレー・パールの設定をはじめ、専用パーツの塗装色の変更やインテリアパーツの追加など、フィナーレを飾るに相応しい華やかな仕様に仕立てられていた。

 S660の生産終了のアナウンスを聞き、行動を起こしたファンは多く、発表直後の週末は、「Version Z」が飛ぶように売れたという。その結果、当初のVersion Zの生産枠は、瞬く間に埋まり出し、早々の完売が予想されたため、標準車に割り当てる生産分を「Version Z」に回せないか検討しているという話を、発表のあとに、ホンダ関係者からも耳にしていた。

 ところが、発表から19日目となる3月30日の夕方、ホンダの公式サイトにあるS660の紹介ページには、「受注終了」の文字が……。なんと約1年分の生産台数を、3週間弱という短期間で売り切ってしまったのだ。

 これは特別仕様車「Version Z」だけでなく、標準仕様を含めた全仕様のS660が含まれる。つまり来年3月の最後の工場を旅立つ車両まですべて行き先が決定されたということを意味する。

こちらも「受注終了」してしまった『S660』の標準車。こんなクルマを作ってくれて “ありがとうホンダさん!!” 。電動化してもまた作ってもらいたい
こちらも「受注終了」してしまった『S660』の標準車。こんなクルマを作ってくれて “ありがとうホンダさん!!” 。電動化してもまた作ってもらいたい

次ページは : ■まだ新車購入の望みはある!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ