MINI 5年連続ナンバーワン! 輸入車モデル別販売 1位の理由とは?

5年連続ナンバーワン! なぜMINIばかりが輸入車モデル別販売の1位なのか?

 JAIA(日本自動車輸入組合)がまとめている外国メーカー車モデル別登録台数で、2020年の年間ナンバーワンはミニ。2020年度でも首位だった。ミニは5年連続1位と、近年はずっと輸入車のベストセラーを続けているのだ。

 ブランド別の2020年輸入車登録台数の1位はベンツ、2位はVW、3位はBMWで、BMWミニはというと5位。であれば、上位3位くらいのブランドのなかに、モデル別のナンバーワン車がありそうだし、街中で一番見かける輸入車といえばVWゴルフというイメージもある。

 しかし、それら上位ブランドよりもモデル別で売れているのがミニなわけだが、その理由は何なのか? そしてベストセラーカーのイメージの強いVWゴルフよりもミニが売れている理由とは?

文/石川真禧照  写真/BMW、Volkswagen、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】BMWミニの多彩なラインアップを写真でチェック!!


■2015年まで26年間連続で輸入車のベストセラーに輝いたVWゴルフ

 JAIAがまとめている「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位」を調べてみると2020年1~12月の1位はミニ(BMWミニ)だった。これでミニは5年連続で1位を獲得したことになる。

 輸入車のモデル別新車登録台数順位といえば、かつてはVWゴルフというのが常識だった。ゴルフは1974年に発表されたVWのコンパクトカー。

 FF、3/5ドア(VWは2/4ドアと呼んでいる)の2ボックススタイルのデザインとサイズ感、テクニカル性能が時代のニーズにピッタリと合い、たちまちベストセラーカーになった。その勢いは欧州にとどまらず、アメリカにも生産工場をつくり、着実に実力を高めていった。

 ファミリーカーとして誕生したゴルフだが発売から1年を経過した時にスポーツモデルのGTIを追加。これがFFスポーツブームの先がけとなり、ゴルフの人気はファミリーから、スポーツユーザーにまで拡大したのだ。

 当然、日本にも輸入されるとたちまちベストセラーになった。JAIAが統計をとりはじめた1988年以来、モデル別の新車登録台数順位の1位はゴルフだった。そしてその記録は2015年まで、実に26年間も続いたのだ。

集計が始まった1988年から26年間、モデル別販売ナンバーワンを続けたVWゴルフ。1974年のデビュー以来、多くの自動車ジャーナリストから高い評価を得ている

 1位の座を明け渡したあとも、ゴルフは2位を2019年までキープしてきた。2020年は3位になってしまったが、常にベスト3に入ってはいるのだ。

 では、ゴルフを1位の座から追い出したのはどのモデルか。それはBMWミニの「ミニ」だ。

■デビューから数年で車種を倍増させたミニ

 ミニはBMWが商標を獲得し、2001年から発売しているモデル。日本にも2001年には上陸し、販売を開始している。日本でのミニの人気も高く、それまでのオールドミニのユーザー以外の新しいユーザーがBMWミニを購入した。

2001年に登場した初代ミニ。ローバーなどが生産していたクラシックミニをオマージュして作られた

 2003年のモデル別新車登録台数順位では早くも4位に名を連ねているのだ。

 ミニの強味はバリエーションの多さ。デビュー当初は3ドアモデルだけだったが、2004年にはルーフが全開するコンバーチブルを追加した。

 2006年にミニは2代目へと切りかわった。ここで一気にバリエーションが増えた。

 ルーフをボディ後端まで伸ばした「クラブマン」。ボディサイズを大きくし、SUVの要素を盛りこんだ「クロスオーバー」(本国ではカントリーマン)、さらにルーフをチョップドルーフにした2人乗りの「クーペ」とそのオープン版の「ロードスター」も追加された。「クロスオーバー」をベースにした3ドアの「ペースマン」というモデルも登場した。

多彩なラインアップのBMWミニ。写真は2021年1月に発表された最新型で、左からミニ3ドア2台、ミニ5ドア、ミニコンバーチブル

 しかし、ここまで車種を増やしたミニだったが、2006年から2011年まではモデル別登録台数では3位をキープしたままだった。

次ページは : ■第3世代ミニが王者ゴルフを追い上げる