あの時買っておけば!! 欲しかったのに消えてしまったグレードのクルマたち

 クルマを買うのは一世一代の買い物。数百万円もするのだからジックリ選んで購入したいのは当然のこと。そんなクルマ選びをしていると時折出会うのがマニアも唸る「ツウな」グレード。こだわりまくっているのに実は安いとか、誰も気にしていない部分に情熱を捧げているとか、そんなグレードがあります。しかしあまりにも地味すぎてラインアップから外されてしまうこともしばしば。そこで「あの時買っておけばよかった」なグレードの名車をふり返ります。

文:清水草一/写真:ベストカー編集部


■安く、そしてもっともマニアックなSクラスが消えた!!

 カーマニアは常に欲張りで、滅多に買いもしないのに、買えなくなると嘆く習性がある。絶版が発表されると突如注文が殺到するが、注文するカーマニアはエラいカーマニア。

 ただのカーマニアは「もう買えなくなっちゃうのかよ!」とブーたれて終わりだ。私を含め。嘆かわしい。

 私が最近最も残念というか、疑問を感じ、かつ怒りすら覚えたのは、メルセデスS300hの消滅だ! 2.2リッターディーゼル+マイルドハイブリッドで、Sクラスなのにロングドライブならリッター20キロ!

Sクラス、そしてディーゼル+マイルドハイブリッドなのに1000万円を切ったS300h。惜しいクルマをなくした
Sクラス、そしてディーゼル+マイルドハイブリッドなのに1000万円を切ったS300h。惜しいクルマをなくした

 実際乗ってみてもパワー&トルクはまったく十分で、押し出しはSクラスそのもの。軍事的プレゼンスは核ミサイル並みなのに、燃料代は非常に安上がりで、しかも新車が1000万円弱で買えた!

 これぞ全メルセデス中のベストグレード! と思っておりました。もちろん私の場合、そんなモンを新車で買うなんてあえり得ないので、狙いは中古車のみ。

 それもまぁ「やっぱサイズデカすぎるわ」ってことで、買う可能性は1%未満かな~って感じでしたが、それでも消滅すると非常に惜しい。

 なにせ全メルセデス中のベストグレードだったので、それを消滅させたメルセデスに対して怒りすら感じてしまったのです。買わないクセに。どーもすいません。

■2気筒のフェラーリを3ペダルで味わえたのに……

 続いて欲しかったのに消えてしまったグレード。それはフィアット500S!

 フィアット500は、登場以来まったく色あせない魅力を振りまくステキなコンパクトカーでして、特にツインエアエンジンの「ドコドコビイィィィィィィィィィ~~~~ン」というビートがもたらす快感は、「2気筒のフェラーリ」と呼ばせていただいております。

 走らせても十分速いし、燃費もイイ。この世にはフィアット500ツインエアさえあればいい! それくらい大好きなクルマです。

 もともとフィアット500はセミATのみで、それでも十分魅力的でしたが、後にMTモデルの「500S」が限定で追加されておりました。

2気筒をMTで味わうってそうとうマニアック。悩んでいるうちに消えてしまった……
2気筒をMTで味わうってそうとうマニアック。悩んでいるうちに消えてしまった……

 ワタクシもソレに試乗させていただきましたが、正直MTだとつい回しすぎてしまい、500の持つ愛しいおマヌケ感がスポイルされて、ギンギンにスポーティに走ってしまいました。

 うーん、これは500にとっていいことなのか悪いことなのか?

 セミATだとかなり最低限のパワーでトコトコ走り、いざ踏み込んだ時だけビイィィィィィィィィィ~~~~ンと炸裂するというパターンになりますが、MTだとついしょちゅう炸裂させてしまって、頭に血が上ってしまう。

 よし、もし500を買うなら、やっぱりツインエアのセミATだ!

 そうは決めていたものの、いざ新車で買えなくなってみると、なんだか悔しい。カタログを眺めて、どのグレードもセミATになったのを見るとどうにも寂しい。

 自分はとてつもなく大きなモノを失ってしまったのではないか? そんな喪失感があるのです。買いもしないのに。本当にスイマセン。

■BRZの素の状態が味わえた伝説のグレード

 BRZ RAも、なくなって見ると惜しいグレードだった。なにしろ205万で買えたBRZなのですから!
RAは、「カスタマイズ・ドレスアップのためのベースグレード」と位置づけされておりました。

 同じようなグレードは86にもあり、「RC」と名付けられておりましたが、86RCの場合、前後バンパーが無塗装の黒いプラスティックむき出しで、エアコンはオプションでも装着できない。これはさすがにキツイ……。

 いっぽうBRZのRAは、前後バンパーはボディ同色、エアコンもオプションで装着できた(約20万円)! まぁエアコン付けた段階で225万円になっちゃうけど、それでもすんごく安かった!

 なにを隠そうこのワタクシ、6年前にこのBRZ RAに試乗しておるのですが、それは非常にスバラシイものでした!

いかにもベースグレードといった趣のRA。スバルらしいスパルタンさ
いかにもベースグレードといった趣のRA。スバルらしいスパルタンさ

 なによりも黒いテッチン(鉄チン)ホイールがイイ。安っぽいホイールカバーも付かない! 男は黙って黒テッチン! ステキだ……。ドアハンドルやドアミラーも同様の素ブラック。男の中の男だ!

 デュアルテールパイプは営業車みたいにメッチャ細いが、それがまた昭和の心をくすぐって「シブ~イ!」となる。

 走りの方はというと、エアコンを付けちゃうと車重は変わらないので、動きが軽快になっているわけではなく、他の上位グレードとほぼ違いはありませんでした!

 ただタイヤが細くてショボいので、ステアリング・レスポンスが若干鈍く、絶対グリップも低い。ちょっとハンドルを切り込むと、「キキキキキ~」とテレビドラマの効果音みたいな音もする。

 ステキじゃないかキキキキキ~! BRZの素性の良さには何の変わりもない上に、「キキキキキ~」まで無料で付いてくる! スバラシイ!

 トルセンLSDは付けられないので、このまんまではパワードリフトはできませんが、「いつかアフターパーツのLSD付けるぞ!」と心に誓いながら、加齢とともに永遠に延期し続けるのもオツだ。

 なにしろBRZ RAには「伸びしろ」というヤツがたんまりあった。それを伸ばさないまま乗るのってステキ! 永遠の小学生みたいで! それがもう買えなくなったのは無念!

 たぶん絶対買わなかったけど、なくなると悲しい!

最新号

ベストカー最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール ベストカー9月10日号

 自動車総合誌「ベストカー」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ