真打のMX-30 EVも登場! マツダのSUV戦略は正解なのか!? その評価はいかに?


 マツダが2021年1月下旬に、『MX-30 EV』を投入した。レンジエクステンダーはまだにせよ、マツダが投入したかった、ニッチ市場を狙ったMX-30のグレードがとりあえずそろった格好になった。

 マツダはSUVに特化したラインナップで勝負すると宣言しているが、現在マツダがやってることは、トヨタのSUV全ラインアップ戦略に近いのではないだろうか? それでも大成功しているように見えない要因はナゼなのか……考察していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/MAZDA、編集部

【画像ギャラリー】どんなモデルが揃ってる!? 国産SUVたちをピックアップしてチェック!


■綿密なマツダSUVのラインナップ

 マツダはクルマ好きのユーザーが多いメーカーといえるだろう。かつてはロータリーエンジンを幅広い車種に搭載してブランド力を高め、今でもスポーティなクルマ造りを特徴にしている。

 2012年に発売された先代CX-5以降のマツダ車は、OEMを除くと、魂動デザインとSKYACTIV(スカイアクティブ)技術に基づいたクルマ造りを行う。外観のカッコよさ、運転の楽しさに魅力があり、走りよりも空間効率を追求した3列シートミニバンを用意しない数少ないメーカーでもある。

 ミニバンを用意しない代わりにSUVの車種数は多く、5車種を設定している。OEMを除いたマツダ車は全部で9車種だから、半数以上をSUVが占める。今は日本国内、海外の両方でSUVの人気が高く、このカテゴリーを充実させるのは当然の成り行きでもあるだろう。

 それにしてもマツダのSUVラインナップは綿密だ。CXシリーズとしては、最もコンパクトな『CX-3』(全長:4275mm)、『CX-30』(全長:4395mm)、ミドルサイズの『CX-5』(全長:4545mm)、3列シートを備えたLサイズの『CX-8』(全長:4900mm)という4車種がある。

『CX-3』は、マツダのスタンダードSUV
CX-3より高級なデザインやアイテムを使用した『CX-30』
リヤサスにマルチリンクを採用する事で、「3」系に対し走りも上質にした『CX-5』

 これらの内、CX-3、CX-30、CX-5については、全長が120~150mm刻みに設定されている。CX-8は3列シートを備えることもあり、CX-5に比べて355mm長い。

 さらにCXシリーズとは異なる『MX-30』は、CX-30とほぼ同じサイズながら、観音開きのドアを採用して内装にはコルクを使う。独特のリラックスできる雰囲気に仕上げた。MX-30はメカニズムにも特徴があり、直列4気筒エンジンをベースにしたマイルドハイブリッドと、エンジンを搭載しない純粋な電気自動車を用意する。

『MX-30』は今までのCXシリーズに対し、「魂動デザイン」の中心点から少し距離をとった造形をしている

 マツダの充実したSUVラインナップは、トヨタに似ている。トヨタもコンパクトサイズとして、マツダのCX-3に相当する『ライズ』と『ヤリスクロス』、CX-30やMX-30と同サイズの『C-HR』を用意する。ミドルサイズ以上では、CX-5に相当する『RAV4』、価格まで含めるとCX-8のライバルになる『ハリアー』も選べる。

 このほかトヨタでは、マツダが用意しない後輪駆動ベースの悪路向けSUVとして、『ランドクルーザー』と『ランドクルーザープラド』もそろえる。このようにマツダとトヨタは、SUVの商品構成が似ている。

■国内で減少の販売台数、世界全体で見ると増加

 しかし売れ行きは、マツダが大幅に伸び悩む。2020年の後半から2021年に掛けての1カ月平均登録台数は、CX-30が1500~2500台、CX-5は2000~2500台、CX-8は1500~2000台程度だ。

 トヨタの場合は、同じ時期にライズが1カ月で7000~1万台、ヤリスクロス(ヤリスを除く)は8000~1万台、高価格車のハリアーも8000~9000台は登録している。マツダのSUVは、トヨタに比べて登録台数が大幅に少ない。

マツダ最大のSUVである『CX-8』はマツダの国内販売車両で唯一3列シートを採用し、最大7名の乗車が可能だ

 マツダの1年間の国内販売台数(軽自動車などを含む総台数)は、2010年が22万3861台であった。直近ではコロナ禍の影響を受ける前の2019年が20万3576台、2020年は17万7043台だ。つまり2012年に先代CX-5を発売した後のマツダ車は、それ以前に比べて売れ行きが低下している。

 ちなみに2010年の時点では、ミニバンの『プレマシー』が2万5553台、『ビアンテ』も1万1909台が登録されていた。これらミニバンの廃止によって減少した登録台数を、SUVを中心とした新型車でカバーできていないわけだ。

 それでも海外市場まで含めた世界生産台数は、2010年が130万7540台、2019年は148万7917台、2020年は117万51398台だ。世界レベルで見ると、コロナ禍の2020年を除いた2019年は、2010年に比べて約18万台増えた。比率にすれば14%の上乗せで、主にCX-5とマツダ3がマツダの好調を支えている。

次ページは : ■「魂動デザイン」と個性の狭間

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ