不透明なテスラの現状と展望 モデル4の納車はいつ!? 本当に大丈夫か!?


 電気自動車、オートパイロット……先進的なイメージで話題を振りまく、米国の新興メーカーがテスラだ。そのチャレンジングな姿勢は歓迎したいところだが、いっぽうで、これまでのテスラ車で最も安価な「モデル3」の生産が遅れに遅れるなど、不透明な部分も多い。今後、テスラは本当の意味での“自動車メーカー”としてユーザーを満足させる製品・体制を作れるのか?

文:国沢光宏
ベストカー2018年5月26日号


米国でも報じられる厳しい現状

 最近、「テスラの状況は極めて厳しい」というニュースがアメリカで数多く流れている。

 例えば、グーグルで「テスラ経営危機」と検索すると、いっくらでも出てくる。見出しを並べてみれば「三重苦。経営危機に陥る」、「潜在的破綻危機」、「迫り来る資金ショートの危機」などなど……。数字を見ても普通ならとっくにギブアップしてるレベル。なにしろ商品を作れないのだった。

 モデル3は40万台の予約を受けているという。年間24万台作って2年近い。なのに、直近の生産ペースは公称で週に2000台といわれている。年間10万台です。

 ただ、米ブルームバーグ等のニュースだと、2018年1月1日〜4月1日の3カ月間の生産は1190台とある。テスラという企業、いろんな情報を隠すため、ナニが本当かまったくわからない。私は信用していません。

生産トラブルの原因と予約金2700万円の怪

テスラの新型ロードスター。その導入記念車が「ファウンダーズ・シリーズ」で予約時に車両価格全額を支払う必要がある
テスラの新型ロードスター。その導入記念車が「ファウンダーズ・シリーズ」で予約時に車両価格全額を“予約金”として支払う仕組み

 ちなみに、モデル3の生産トラブル、工場のロボット化が原因といわれている。イーロン・マスクは車体組み立てに溶接工程を入れたがらず、溶接ロボットをすべてなくした。

 されど、モデル3のような生産台数だと溶接が必要。かくして再度ロボット入れたものの、上手く動かないのだという。ソフト上のトラブルならロボットメーカーに相談すればなんとかなる。もしかしたら車体設計の問題か?

 いずれにしろ、モデル3を作れなければお金も入ってこない。報道によれば今や激しいイキオイでキャッシュフロー(運転資金を含む)が消えていっているという。

 モデル3の予約金すら使い込んでいる状況か? もはや見境なしに前金を取ろうとしており、新規開発のスポーツカー「ファウンダーズ・シリーズ・ロードスター」の予約金など25万ドル(約2700万円)。完全なる自転車操業に陥ってるように見える。

 なのに、株価は堅調だ。高値の385ドルからは落ちたものの、未だに300ドル台をキープ。経営危機といわれてたのに、時価総額510億ドルと、GMの540億ドルと比べたって遜色なし。

 参考までに書いておくと、トヨタの時価総額、およそ240億ドル。金額ベースでいえば健全経営してるトヨタの2倍の規模の企業なのである。

 なぜ、これほど人気なのか? こらもう簡単。イーロン・マスクのキャラクターです。今やお金が余っている人たちなんぞいっくらでもいる。

 そういった人たちがイーロン・マスクの人生観に共感し、株を支えているのだった。興味深いことにお金あってアタマのいい人ほどテスラを好む。

 私のようなアタマの悪い常人には、車も怪しいし、経営も厳しいとしか思えない。自動車業界の七不思議だ。

次ページは : テスラの自動車ビジネスは厳しい?