帰国後の隔離生活が超シンドイ!? 中嶋一貴の超絶ハードなレース参戦と今後


 今季、全日本スーパーフォーミュラ選手権で最年長ドライバーとなった中嶋一貴(36)。国内F3から欧州GP2を経てF1、世界耐久選手権(WEC)、そして再び国内トップフォーミュラへの参戦と、現役選手の中でも国内外のMS界を深く知る数少ない一人だ。

 コロナ禍の様々な制限をうけ、将来を思い描くことも難しく感じられるいま、世界を舞台に『レーシングドライバー』業に励むベテランが様々な思いを語った。

文/段純恵 写真/GAZOO Racing

【画像ギャラリー】コロナ禍の中、世界で戦う!! 今季スーパーフォーミュラ最年長となった中嶋一貴


■WEC用新型マシン、GR010HYBRIDの印象

各チームの思惑が交錯しあって車両規定がなかなか定まらなかった今期のWEC(写真は昨シーズン)

 新しいクルマということで、やはり新鮮ですし、走りを楽しんでいます。ただ100%順調にいってるかというと、まだいろいろ手直ししたりその都度調整しながらという感じですね。車両規定がなかなか定まらなくて、チームも大変だったと思います。

 トヨタがワリを食ってる部分がなきにしも非ずですが、各マシンの性能差をなくすBOP(性能調整)もある程度クリアになり、そんなにヘンなことにはならないだろうと聞いていますが、やはりトヨタとしてはハイブリッド他の技術で勝負したい、そういうところがあるんです。

 でも残念ながら世の中そういうメーカーばかりじゃない(笑)。結局、最後はそれこそ人間の力で差が出るだろうし、特にドライバーの力はすごく問われるでしょうね。それはそれでいいチャレンジになると思います。

■コロナ禍下での海外往来

マスクはまだしも、帰国後のホテル隔離はなかなか辛いものがあるようだ

 今季も海外と行ったり来たりの生活ですが、おかげさまで体力的にはけっこういい状態です。帰国後の隔離の間はコンスタントに家でトレーニングをしているので。

 海外に行くのはいいんです。でも帰ってきた後が本当に大変。いま変異株が流行っている欧州などから帰国すると、まず3日間ホテルで缶詰になります。先日僕が詰められたのは両国のアパホテルのシングルルーム。帰国者全員が空港から観光バスに乗せられて連れて行かれたんですが、部屋が本当に狭い。

 荷物を広げるのもベッドの上で、トレーニングするスペースなんてもちろんない。ベッドの上でストレッチぐらいしかできない。部屋から出ることも許されないし、食事はホテルで作られたらしいお弁当でしたが、これがいい感じに冷た~くなっていて……。

 僕、わりと心は広いほうだとは思うんですけど、あの状況は本当に辛くてキツい。自分でお金を払うから広い部屋に、と言いたかったけど、別のホテルは絶対無理だし帰国者はみんな同じことを思っているだろうし、ワガママ言うのもなぁ……と考えちゃうところが日本人ですね。

 隔離はやめられるものなら一刻も早くやめてほしいです。欧州ではなくなりましたしアメリカではそもそもやっていません。でも日本は世間の風当たりが強いのでなかなか実現しないでしょうね。

 アパにいる間のヒマを潰す方法は寝るかネットを見るかだったのですが、隔離関係の記事についているコメントは基本的に『帰って来るな!』で、『ホテル代に税金使うんじゃねーよ!』というコメントも多かった。

 大切な税金を使わせていただいているので文句を言える立場じゃないんですが、本当にウツウツとなる3日間でした。

次ページは : ■若手ドライバーの将来

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ