トヨタ 本命次期プリウス登場 2023年新車攻勢とEV戦略全情報 スポーツモデルの未来は??


 今後3年間のトヨタ&レクサスのニューモデル戦略を紐解く本企画。

 3本企画の最後となる本記事・第3弾は、2023年に登場が目されるニューモデル、スポーツモデル、EV(電気自動車)の未来についてフォーカス。

 ベストカーの取材班が調べ尽くした、すべての情報を大放出する!

●全3回で扱う各トピック
・【1/5月1日公開】トヨタ 盤石の2021年新車攻勢とSUV戦略全情報 どうなる新型ランクル&クラウンSUV →こちら
・【2/5月2日公開】トヨタ 勝負の2022年新車攻勢とHV戦略全情報 どうなる新型ノア&86&新SUV →こちら
・【3/本記事】トヨタ 本命次期プリウス登場 2023年新車攻勢とEV戦略全情報 スポーツモデルの未来は??

※本稿は2021年3月のものです。新型車の登場時期予想はベストカー調べ
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA 予想CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】最大の注目はクラウン? プリウス? 2023年期待のトヨタニューモデルをギャラリーでチェック!


■2023年の注目モデル

 2023年の目玉はプリウスのフルモデルチェンジだろう。そのほかの情報をすべて把握できているとも言えず、今後さらなる大物モデルの登場もありうるが、現状ではプリウスが最も気になるニューモデルだ。

 プリウスは現行型でTNGAを採用して一新したため、次期モデルはそのキャリーオーバーが基本だが、注目はデザインで、現行型よりもさらにスタイリッシュでスポーティなスタイルとなる。

 そのほか直6、3Lターボ、520psのスープラGRMNも電動化時代開幕直前の純エンジンスポーツとして大いに期待したい2台。最後のピュアスポーツとして大暴れしてもらいたいものだ。

●トヨタ 新型プリウス(2023年登場)…2023年1月デビューを目指して開発中の新型プリウス。最新情報では基本的にキープコンセプトで、パワーユニットは現行型のリチウムイオン電池の1.8Lハイブリッドを搭載するとのこと。ただしベースエンジンは飛躍的に効率を向上させ、さらなる燃費性能の進化を果たす。注目はスポーティなデザインで、TNGAによる低重心フォルムをさらに進化させ、低くてワイドなボディシルエットを実現。

 ファミリカーではなくスポーティクーペのような佇まいを目指しているという。また、未来的なデザインのインテリアもセールスポイントとなり、次期モデルでは一層の若返りを果たすという。当然、走りも大きく進化するはずだ。

トヨタ 新型プリウス(2023年登場・画像はベストカー編集部による予想CG)
【新型プリウスのライバルとなるのは?】Cセグハッチバックの強敵といえばVWゴルフ。間もなく日本での発売を開始する新型はマイルドハイブリッドを採用。その乗り味はいかに?

●トヨタ 新型 スープラGRMN(2023年登場)…スープラの最終進化バージョンとなるGRMNも2023年登場。LFAを超えるトヨタ史上最強のFRスポーツとなる。

トヨタ 新型 スープラGRMN(2023年登場・画像はベストカー編集部による予想CG)

■スポーツモデルはどうなる?

 SDGsの時代になってもクルマの華であるスポーツモデルは欠かせない。超低燃費型ハイブリッドを大量に持つトヨタは企業平均燃費で有利で、他社よりもスポーツモデルを作れる余地が大きい。

 現状、発売が予定されているスポーツモデルは以下のとおりだ。レクサスIS F&LS F(今年末~2022年)、新型86(2022年1月)、カローラスポーツGTMN(2022年7月)、GRハイパースポーツ第2弾(2023年)、スープラGRMN(2023年)。意外なことにハイブリッドはGRハイパースポーツしかない。

BRZとともに期待が募るトヨタ・新型86は2022年登場予定(画像はベストカー編集部による予想CG)

 なかでもベストカーが注目したいのはカローラスポーツGRMNで、GRヤリスの直3、1.6Lターボエンジンを搭載する4WDスポーツだ。

 GRヤリスは3ドアで室内が狭い、走りに特化したラリーベース車だが、こちらは5ドアで実用性も充分。それでいてあの爽快な走りが楽しめるのだから価値は高い。

2022年の登場と目されるカローラスポーツGRMN(画像はベストカー編集部による予想CG)

 また、レクサスISとLSに「F」が計画されており、早ければ今年中にデビューするとの情報もある。ISは米国仕様の「Fスポーツパフォーマンス」に搭載されているV8、5L NA、LSは新開発のV6、4Lツインターボが有力。IS Fは481ps、LS Fはなんと660psになるという。

 2022年は新型86、2023年はスープラGRMNという大物もスタンバイ。純ガソリンエンジン車の最後を飾るにふさわしいクルマが出番を待っている。

次ページは : ■これからのEV戦略はどうなる?