本命登場!! 新型ヴェゼル登場で波乱の三つ巴!! 対ヤリスクロス対キックス 長所と短所


 2021年4月に登場した新型ヴェゼルが絶好調だ。事前受注開始から2ヶ月で2万9500台。なんと計画台数の約3倍のペースで売れているというから驚きだ。

 この新型ヴェゼル属する国産コンパクトSUVといえば、2020年6月に日産キックスが、続く8月末にはトヨタヤリスクロスが登場しており、今回の新型ヴェゼルの登場で、国内3大メーカーから、「コンパクトSUVの雄」が出そろったことになる。

 1年以内という発売時期に差の少ないこの3台は、「最新車種が最良」とはいかず、購入を検討されている方にとっては、非常に悩ましいところであろう。そこで、ヤリスクロス、キックス、新型ヴェゼル、それぞれの長所と短所をまとめてみた。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】大人気のコンパクトSUV 新型ヴェゼル・ヤリスクロス・キックスの内外装を比較する


「コスパのよさ」が光る、ヤリスクロス

 ヤリスクロス最大の長所は、なんといっても「コスパのよさ」だ。ガソリン仕様が車両価格税込189.6万円(X/2WD)、ハイブリッド仕様でも228.4万円(ハイブリッドX/2WD)と、他メーカーのSUVよりも、1ランク以上も価格が安い。

ガソリン仕様は税込189.6万円(X/2WD)~、ハイブリッド仕様は228.4万円(ハイブリッドX/2WD)~と、他メーカーのSUVよりも1ランク以上も価格が安い

 50mmトレッドが広い、欧州版ヤリスのリアサスが使われていることもあり、走りの素性が良く、卓越したハンドリングも持ち合わせているのが、ヤリスクロスの凄さだ。1.5LのNAガソリンと1.5Lハイブリッド、それぞれにFFと4WDを設定するなど、日本の降雪地域の需要にも、しっかりと応えている。

 その反面、他の2台と比べると、コンパクトなボディサイズ故の、後席スペースの狭さは気になる。ヤリスよりはまだましだが、荷室エリアも必要最小限ということは覚悟した方が良い。

 ちょっとの旅行であれば問題ないが、キャンプ道具一式を満載していくにはちょっと無理があり、「SUV」としての用途に向いているとは言えない。むしろ荷室だけならば、ミニマムSUVのライズの方が広く感じるくらいだ。

後席の狭さは、ボディサイズ故に仕方がないところ
荷室エリアは一見広くも見えるが、傾斜したリアウィンドウが影響し、縦方向のスペースが少ない

 また、欧州車チックなフロントフェイスのため、高級感はあるが、ライズやRAV4のような日本人が求めがちな「分かりやすいカッコよさ」は、イマイチ感じられないかもしれない。

「動力性能がピカイチ」のキックス

 車両本体価格276万円からと、やや高め設定となる日産キックス。武器は、1.2リッター3気筒ガソリンエンジンを発電機としたモーター駆動のe-POWERによる、圧倒的な動力性能だ。

写真のボディカラーはダークブルー。シルバー加飾と相まってシンプルなカッコよさがある。カラーは他にもツートンが4種類、単色はダークブルーを含む9種類から選べる

 e-POWERによる低速域からのパワフルさ(最大トルク260Nm)は実に頼もしく、「胸のすくような加速」を味わうことができる。また、きびきびとしたステアリング特性に仕立ててあるため、コーナリング時のハンドル角がビシッと決まりやすく、運転操作が楽しめるのも魅力だ。

 しかしながら、ガソリン仕様がないために廉価なグレードを求めるユーザーには届かず、SUVなのに4WDの設定もない。どんなにFFの走行性能を極めようとも、雪国に住む方にとってはFFでは意味がなく、4WDは必須アイテムだ。高度な4WD制御が欲しいとまでは言わないが、E-Fourのような簡易4WDでもいいから欲しかったところだ。

 ヤリスクロス、新型ヴェゼルはきちんとガソリンモデルと、4WDを用意し、日本のユーザーの声に、きちんと耳を傾けている。日本市場を重要視するならば、いまからでもキックスに4WD仕様を用意してほしい。

ステアリングホイールは現行型ノートと共通部品。インテリジェントルームミラーはインテリジェントアラウンドビューモニターとセットでオプションとなる
開口部が広く、荷室スペースは十分にある

次ページは : 先代に続き「パッケージングのよさ」が光る、新型ヴェゼル