売れてるトヨタ車ばかりがいいわけじゃない!! トヨタに勝っているクルマたち


 自販連による4月の登録車ランキングでは上位6位までがすべてトヨタ車。そしてトップ10位のうち7車を占めているなど、トヨタ車は今圧倒的に売れている。

 しかし、売れているからといってトヨタ車ばかりがいいクルマではない。そんな人気のトヨタ車にも負けていないトヨタ以外のメーカーの5車種を、ここでは紹介していこう!

文/渡辺陽一郎  写真/HONDA、MAZDA、TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタだけがクルマじゃない!! 売れてるトヨタ車に負けない魅力のクルマたち


■販売台数が少ないモデルにもいいクルマはある!

1カ月平均1万台前後を売り上げるトヨタ ヤリス

 最近の小型/普通車の登録台数を見ると、トヨタが上位を独占している。ヤリス(ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリス)、ルーミー、アルファード、カローラ(シリーズ全車合計)、ハリアーなどが上位を占める。

 2020年にトヨタの全店で全車を買えるようになった影響もあり、人気の高いトヨタ車は従来以上に登録台数を増やした。

 好調に売られるクルマは、多くのユーザーが購入しているから、優れたクルマと判断できる。しかし販売台数が少ないから劣った商品とはいえない。

 例えば2020年度にアルファードは10万6579台を登録したが、姉妹車のヴェルファイアは約14%の1万4749台だ。売れゆきには大差がついたが、両車の違いはフロントマスクなどの外観だから機能は共通だ。

 そこでトヨタの売れ筋車種に勝っている他メーカーのライバル車を取り上げたい。

■トヨタ ヤリスに勝っている「ホンダ フィット」

ヤリスと比べて前後の視界がいいホンダ フィット。後席の広さもフィットに軍配が上がる

 2021年のヤリスの登録台数(SUVのヤリスクロスとスポーツモデルのGRヤリスを除く)は、1カ月平均で1万台前後だが、フィットはおおむね7000台で推移している。ホンダの販売店では「フィットは半導体の不足もあって生産が滞っている」という。

 ヤリスはハイブリッドXのWLTCモード燃費が36km/Lと優れ、衝突被害軽減ブレーキは右左折時の直進車両や歩行者も検知するが、フィットが上まわる機能も多い。

 まずフィットはヤリスに比べて視界がいい。ヤリスはサイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたから、斜め後方と真後ろが見にくいが、フィットは水平基調だから見やすい。

 前方視界も同様だ。フィットはフロントピラー(柱)の形状を工夫して正面と斜め前方の視界を広げ、インパネの上面を平らに仕上げたから小柄なドライバーも前方を見やすい。

 安全な運転には車両の周囲に潜む危険を早期に察知することが大切だから、フィットのボディや内装の形状は、ヤリスよりも安全性が優れている。

 後席の広さもフィットが勝る。身長170cmの大人4名が乗車して、ヤリスの後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ少々だが、フィットは2つ半になる。

 乗降性も同様だ。ヤリスは天井を後方に大きく下降させたから、頭を下げて乗り降りする姿勢になるが、フィットであれば頭部の通過性はいい。

 荷室もフィットが広い。燃料タンクを前席の下に搭載したから床が低く、後席を小さく畳むと大容量の空間になる。ヤリスの荷室面積は相応に確保しているが、リアゲートを寝かせているため、背の高い荷物は積みにくい。

 走りでは乗り心地が異なる。ヤリスは操舵感が機敏で、燃費にも配慮したから硬めに感じる。フィットも少し硬いが、ヤリスよりは柔軟だ。登坂路でのエンジンノイズも、直列3気筒のヤリスは少し粗いが、フィットの4気筒はマイルドだ。

次ページは : ■トヨタ ルーミーに勝っている「スズキ ソリオ」

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ