【アルトワークス,ロードスター…】 ブサイクカワイイ車☆大図鑑


日進月歩の自動車デザインにおいて、時折「え、これ誰がOKだしたんだ」というデザインを持つ新型車が登場することがある。多くは一代で消えてしまうが、極稀にそうしたモデルから新時代のスタンダードが生まれることもあり、今日もまた、気鋭の自動車デザイナーたちが新たなデザインに挑戦する。

そうしたなかで、こうした奇抜なデザインのクルマたちを、ユーザーやクルマ好きたちは時に笑い、時に癒やされ、おおむね愛してきた。人間とは不思議なもので、クルマたちのフロントマスクを「顔」に見立てて、ああだこうだと好き勝手言ってしまうものなのだ。

本企画では、石川真禧照氏と清水草一氏、両名にお願いして、歴代のモデルたちのなかから、ブサイクでもクセになる、「ブサカワ」なクルマたちを紹介してもらった。はたしてどんなクルマが飛び出すか? 中古を探して今からオーナーになるのも全然アリ!

※本記事は2018年6月時点のものです。
文・
写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2018年6月26日号


WiLL サイファ (トヨタ/2002年登場)

トヨタの異業種との合同プロジェクトで生まれたモデル第3弾。今見てもタテ長ヘッドライトが異様。でも中身は車載情報通信サービス「G-BOOK」対応末端を標準装備するなど、先進的だったんだよ。
(石川真禧照)
ブサカワ度…

ミニカトッポ タウンビー (三菱/1997年登場)

ブサイクというのは、つまるところバランスの悪さ。ミニカトッポはミニカのルーフを異常に高くしていてバランスの悪さは完璧。口(グリル)も異常にデカく、つぶらな瞳が見つめる。まさにブサカワの極み。
(清水草一)
ブサカワ度…

次ページは : 2代目 ムルティプラ・前期 (フィアット/1998年登場)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ