N-BOX スペーシア タント ルークス…徹底調査! 人気軽8台「売れてるグレード」大研究


 クルマにかぎらずモノを買う時、何が一番人気なのかは誰しもの関心事。根底にあるのは「損はしたくない!」という心理で、一番売れている商品には買い得感や性能面で魅力があるのは間違いない。

 今回は人気のスーパーハイトワゴン軽8車種について「一番売れているグレード」を調査、自動車評論家 渡辺陽一郎氏が買い得モデルを指南する!! バイヤーズに活用できる最適なデータも満載!!!

※本稿は2021年4月のものです。登場する人気グレードはメーカー広報調べ。目標値引き・納期目安は遠藤徹氏が独自調査したもので、地域、購入時期、グレードなどにより変動しますので、あくまでも目安としてご活用ください。なお価格は2021年4月20日現在のものです。スペックは一番人気グレードのものですが、掲載している画像はそのグレードと違うケースがあります。
文/渡辺陽一郎 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年5月26日号

【画像ギャラリー】人気のスーパーハイトワゴン軽8台の人気グレードをギャラリーでクイックチェック!!!


■渡辺陽一郎チェック!

 軽自動車では経済性が重視され、機能や装備のわりに価格を抑えた買い得グレードがそのまま売れ筋になっている。ユーザーは慎重かつ的確にグレードを見極めている。

 そして軽自動車は、激しい競争を繰り返した結果、買い得グレードが狭い価格帯に集中した。全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンなら、150万~160万円で用意される標準ボディのグレードが最も買い得だ。左側スライドドアの電動機能など、多くのユーザーが必要とする安全/実用装備を充実させて価格を抑えた。

 またスーパーハイトワゴンは天井が高く、充実装備だから車両重量が900kgを超えることも多い。動力性能が不足しやすく、最大トルクを1.6倍前後に高めたターボが効果的。ターボ車に加わる装備を差し引いてターボの正味価格を割り出すと4万~8万円と割安に設定されている。

■スーパーハイトワゴン軽の気になるデータ

 スーパーハイトワゴン軽の場合、昨年末にマイナーチェンジを受けた王者N-BOXの販売上の盤石ぶりが際立っているが、標準モデルとカスタムモデルがほぼ半々の比率なのに対してパワーユニットが7割NA、3割ターボ。この比率はルークスとは真逆で対照的なのが面白い結果となっている。

N-BOX スペーシア タント ルークス… 徹底調査! 人気軽自動車の「売れてるグレード」大研究
スーパーハイトワゴン軽の気になるデータ

次ページは : ■計8モデルの人気グレードを総チェック!!!