「ギア」追加で大躍進! 中古車市場でスペーシアの高年式車が狙い時!!

 2012年度の軽自動車新車販売台数において、ホンダ『N-BOX』が第1位に輝いてから軽自動車の主力モデルはスーパーハイトワゴンというモデルが上位を占めるようになった。

 スーパーハイトワゴンは全高を高くし、子供が車内で立って着替えられる広い室内空間と利便性の高い両側スライドドアを採用したモデルのこと。2012年以降、ホンダ『N-BOX』と先駆者であるダイハツ『タント』の熾烈な販売競争が始まった。

 軽自動車の主力モデルとなったスーパーハイトワゴンにはホンダ、ダイハツだけでなく、スズキは『パレット』改め『スペーシア』そして、日産『デイズルークス(現在はルークス)』、三菱『eKスペース』を導入した。販売面ではN-BOXとタントが2強を形成し、スペーシア、デイズルークスが続く状況だった。

 しかし、2017年12月にフルモデルチェンジを行ったスペーシアは、2強に食い込みさらに2018年12月にはSUVテイストを加えた『スペーシアギア』を追加し、N-BOXに続く2位のポジションを獲得した。

 そこで、今回は軽スーパーハイトワゴン第4のモデルから躍進した現行型スペーシアの中古車事情について紹介する。

文/萩原文博
写真/編集部

【画像ギャラリー】魅力ある3つのスタイルのスペーシアを写真でチェック


■魅力ある3つのスタイル 「ギア」登場で販売台数が躍進

 現行型スペーシアは2017年12月に登場。標準車のスペーシアと押し出し系のスペーシアカスタムというモデル体系は先代モデルと同じだが、ハーテクトと呼ばれる軽量・高剛性の新プラットフォームを採用。先代モデルに比べて、ホイールベースを+35mmの2460mm、全高は+50mmの1785mmとボディサイズを拡大している。

「ギア」追加で大躍進! 中古車市場でスペーシアの高年式車が狙い時!!
2020年8月に一部改良を受けたスペーシア。カスタム(写真左)、標準車(写真右)

 全高が高くなったボディはスーツケースをモチーフとしたデザインを採用し、ベルトラインを高くそしてフロントガラスを立てることで、存在感のあるボクシーなデザインとなった。

 また、これまでママワゴンと言われていた軽スーパーハイトワゴンにルーフレールを装着することで、家族だけでなく、気の合う仲間で出掛けるアウトドアテイストの漂うクルマへとイメージチェンジを図った。そして現行型スペーシアの集大成といえるのが、2018年に追加されたスペーシアギアだ。

2018年にデビューしたスペーシアギア。「遊びゴコロにギアを入れろ」をキャッチフレーズにアクティブでアウトドアなイメージを前面に押出した

 スペーシアギアは軽スーパーハイトワゴンにSUVテイストを融合したモデルで、ジムニーなどスズキのSUVに採用されている丸型のヘッドランプをはじめ、フロントグリル、フロント&リヤバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをガンメタリック色に統一した専用装備や、積載に便利なルーフレールの標準装備により、SUVらしいタフでアクティブなデザインとしているのが特徴だ。

 このスペーシアギアの登場がスペーシアの軽スーパーハイトワゴン第2位に躍進させた起爆剤となったことは明白だ。

 そして2020年8月にスペーシアシリーズ(カスタム、ギア含む)は一部改良を行い、運転支援システムをアップデートした。デュアルカメラサポートは夜間の歩行者も検知可能となり、全車速追求機能付アダプティブクルーズコントロールの設定。そしてSRSカーテンエアバッグの標準装備化など安全性を向上させている。それでは現行型スペーシアシリーズの中古車事情を見てみよう。

■未使用中古車が多数流通! 高年式車ほど狙い目なスペーシアシリーズ

 現在、現行型スペーシアシリーズの中古車の流通台数は約5380台と非常に豊富だ。直近3カ月間の現行型スペーシアシリーズのオークション価格の推移を見てみると、2020年10月の時点では約85万円で、その後11月中旬に約100万円まで上昇したものの、現在は約70万円付近を横這いで推移している。

 しかし、現行型スペーシアシリーズの中古車相場を見てみると約147万円とオークション価格の2倍となっている。どうしてこんなにオークションと小売りの平均価格に差が出ているのか。

 それは年式と流通台数の分布を見れば一目瞭然だった。2018年式で最も流通台数が多いのが走行距離約1~2万kmで約170台。対して2019年式では走行距離500km以下の中古車が約470台そして2020年式に至っては走行距離500km以下の中古車が約2870台と圧倒的な流通台数を誇っているのだ。

 これは、いわゆる未使用中古車という商品が現行型スペーシアシリーズでは多く流通していることを表しており、こういったクルマはオークションには流れず、自動車メーカーから販売店に直接卸されるため、オークション価格と小売価格の平均価格が大きく異なっているのだ。

 また、年式別の中古車の平均価格を見ると、2017年12月~2019年9月は約149.6万円。消費税率が変わった2019年10月~2020年7月までは約151.1万円。そして、一部改良を行い運転支援システムが充実した2020年8月以降が約156.3万円となっており、年式による価格差は小さくなっているのが特徴だ。

 スペーシアの中古車のグレード構成を見てみると最も多いのが、多いのが「スペーシア」で約2500台。次いで多いのが「カスタム」の約1880台、そして「ギア」の約1000台となっている。

スペーシア標準車にもマイルドハイブリッドを搭載。加速性能と静穏性が向上
迫力あるデザインのスペーシアカスタム。上質な室内により標準車よりワンランクアップを演出

 一般的には中古車の流通台数が多いほど人気グレードというケースは多いが、この現行型スペーシアは未使用中古車の割合が非常に高いのでこれは当てはまらない。やはり、ギアそしてカスタムが人気の中心と見るべきだ。

 まずはカスタムで最も流通台数が多いのが、最高出力52psを発生する自然吸気エンジン+マイルドハイブリッドシステムを搭載したグレードの「ハイブリッドGS」で、約746台流通している。価格帯は約107万~約198万円となっている。ボディカラーは白(パール)と黒で約500台を占めている。

●ベストカーWeb厳選!スペーシアカスタムの最新中古車情報はコチラ

 続いて、スペーシアギアの中古車で圧倒的な台数なのが、「ハイブリッドXZ」で約550台となっている。価格帯は約109万~約192万円で、ボディカラーは青や黄色が多く、逆に白や黒は少ないのが特徴だ。

●ベストカーWeb厳選!スペーシアギアの最新中古車情報はコチラ

 そして、標準車のスペーシアは「ハイブリッドG」が約1090台流通しており、約55万~約147万円となっている。現行モデルながら100万円以下の中古車が豊富となっているので、価格を重視する人は標準モデルのスペーシア ハイブリッドGがオススメと言える。

●ベストカーWeb厳選!スペーシア標準車の最新中古車情報はコチラ

 人気の軽スーパーハイトワゴンの中で、このスペーシアシリーズとルークス/eKスペースはマイルドハイブリッドシステムを搭載し、スペーシアシリーズの燃費性能はWLTCモードで19.2~22.2km/Lを実現している。このマイルドハイブリッドシステム搭載車ならば、ターボエンジンを選ばなくても街乗りならば加速性能も十分満足できるまず。3月に需要期に向けて相場が上昇する前がチャンスだ。

【画像ギャラリー】魅力ある3つのスタイルのスペーシアを写真でチェック

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ