噂の次期クラウンSUV化もチャレンジか!? これまで歩んできた道も挑戦の歴史だ!!

噂の次期モデルのSUV化もチャレンジか!? クラウンがこれまで歩んできた道も挑戦の歴史だ!!

 セダン冬の時代と言われる今、「次期モデルはSUVになる!?」という噂があるクラウン(セダンも次期型はFF車になるという情報もある)。

 その噂の種は今年4月の上海モーターショーで公開された中国向けのクラウンクルーガーという可能性もあるが、もし次期モデルでSUVが設定されるなら、それはクラウン史上最も大きな変革となるだろう。

 というのも、クラウンはこれまでの歴代モデルでも、新しい技術やスタイルに挑んできたトヨタの高級車としての歴史がある。

 ここでは、トヨタクラウンが挑戦してきた歴史に焦点を当て、その歴代モデルを振り返っていきたい。

文/片岡英明  写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】王者クラウン15代にわたる進化の歴史を写真でチェック!!


■クラウンは初代モデルから新しい技術が投入された

 日本の風土に根ざしたトヨタの高級車が「クラウン」だ。誕生したのは1955年、日本の年号では昭和30年の1月である。

 第二次世界大戦での敗戦から10年になるこの時期、日本の自動車産業は欧米の足元にも及んでいなかった。だから日産やいすゞ自動車などは経験豊富で技術レベルも高いヨーロッパの老舗メーカーと技術提携を結び、設計と量産技術を学んでいる。

 だが、トヨタは違う。外国の自動車メーカーの技術力に魅力を感じながらも独自開発にこだわり続けたのだ。

 初代クラウンを見れば、トヨタの首脳陣と設計陣の強い意気込みが伝わってくる。言うまでもなく、クラウンは日本で初めての本格的な高級セダンだ。常識的に考えれば、手堅い設計を取るはずである。

 だが、驚いたことに積極的に新しいメカニズムを導入していた。大量生産を実現するためにトヨタ初のプレス技術を用い、シャシーも乗用車用に専用設計としている。また、フロントサスペンションは、日本の量産車として初となるダブルウイッシュボーンの独立懸架だ。

 初代クラウンは、日本髪の花嫁が乗り降りしやすいように観音開きのドアを採用するなど、日本ならではの「おもてなし」を前面に押し出した設計を特徴とする。このユーザー第一主義の考え方は、最新のクラウンにまで受け継がれている美点のひとつだ。

1955年に誕生した初代トヨペット クラウン。トヨタはこのクルマをオマージュして観音開きを採用したトヨタ オリジンを2000年に発売している

 また、保守的と見られているが、初代がそうであるように歴代のクラウンは積極的に日本初、世界初のメカニズムを盛り込んでいる。それは乗る人すべてが快適に、安全にロングドライブを楽しむことを最優先しているからだ。

 トヨグライドと名付けた2速の半自動ATも日本で最初に採用し、注目を集めた。

■1962年2代目から1979年6代目のクラウン

 1962年秋に初めてモデルチェンジを行い、2代目は4灯式ヘッドライトの伸びやかなフォルムとなる。2代目で特筆したいのは、ワイドボディに日本初のV型8気筒エンジンを搭載したVIPセダン、クラウンエイトを仲間に加えたことだ。

 1965年夏には2Lの直列6気筒SOHCエンジン搭載車を投入。これ以降、6気筒エンジンを積んでいないと高級車と呼ばれなくなる。また、トヨグライドは日本で初めてフルオートマチックへと進化した。

 3代目クラウンは、国際商品として通用する高品質と優れた安全性能を売りに、1967年9月に登場する。オーナーカーとしての性格を強め、快適性を大きく向上させた。そのために日本で初めてペリメーターフレームを採用している。

 1968年秋には角形ヘッドライトとしたクラス初の2ドアハードトップを送り出した。時代に先駆けてパワーステアリングやパワーウィンドウも装備している。

 1971年に登場の4代目は、個性的なエクステリアデザインが話題になった。が、メカニズム面でもっとも注目を集めたのは、電子制御燃料噴射装置のEFIを採用してクリーン性能と燃費を向上させた2.6Lの6気筒エンジンだ。

1971年発売の4代目クラウン。この代から「トヨタ クラウン」となる。4代目は斬新なデザイン「スピンドルシェイプ」で話題となった

 また、時代に先駆けて3速の電子制御ATや横滑り防止の後輪ESC(電子制御スキッドコントロール)も搭載する。

 1974年秋に5代目を投入したが、衝突時の安全性を重視してセンターピラー付きの4ドアピラードHTとした。驚いたことに、ロイヤルサルーンのブレーキはフロント4ポッド式の4輪ベンチレーテッドディスクだ。

 世界で初めてATをオーバードライブ付き4速タイプにし、日本で初めて車速感応式のパワーステアリングを採用したのも、この5代目クラウンの偉業のひとつと言えるだろう。

 6代目は新しいメカニズムを積極的に採用し、スポーティ度を一気に高めた。ターボ搭載車や2.8Lの直列6気筒DOHCエンジン搭載車を投入したことによりファン層を大きく広げている。

次ページは : ■1983年「いつかはクラウン」の7代目から1999年11代目まで