N-VAN登場で俄然注目!! 地味だけど世界最高の商用車「軽バン」の恐るべき実力


 現在、軽自動車は新車販売の実に37%前後を占める。特に人気が高いのは、N-BOXやタントだが、実は普段あまり脚光を浴びない軽商用バンの売れ行きも驚くほど好調。なかでもスズキ、ダイハツ系が圧倒的なシェアを誇る。そして、2018年7月にはホンダがN-BOXベースで開発したN-VANも発売予定だ。N-VAN登場で、にわかに注目を集める軽バンは、世界最小の日本が誇る実力車。地味ながら他には真似できない様々な知恵と工夫が凝らされている。

文:渡辺陽一郎
写真:HONDA、SUZUKI、DAIHATSU


エブリイはタントより売れている!?

スズキ エブリイとダイハツ ハイゼットカーゴ。現在、自社開発の軽バンは実質的にこの2台が中心。ホンダ以外はスズキとダイハツから供給を受けるOEM車で軽バンを賄う
スズキ エブリイとダイハツ ハイゼットカーゴ。現在、自社開発の軽バンは実質的にこの2台が中心。ホンダ以外はスズキとダイハツから供給を受けるOEM車で軽バンを賄う

 今の軽商用バンはOEM(相手先ブランド供給)が発達しており、2大勢力に分かれている。

 まずはスズキ エブリイのグループで、日産 NV100クリッパー/マツダ スクラム/三菱 ミニキャブバンとしてOEM供給される。

 もう一方はダイハツ ハイゼットカーゴのグループで、スバル サンバーバン/トヨタ ピクシスバンとしてOEM供給されている。

 残りはホンダだけだ。従来はアクティバンとワゴン仕様のバモスを用意したが、2018年7月13日に、新たにN-BOXベースのN-VANが発売される。

 ちなみに2017年度におけるエブリイグループ/4姉妹車の売れ行きは、月平均換算で1万193台、ワゴン仕様の1946台も加えると1万2139台であった。

 同期のワゴンRは月販平均1万102台(OEM車のマツダ フレアを加えて1万1001台)、タントが1万1221台(同スバル シフォンを加えて1万1715台)だから、エブリイ4姉妹車を合計すれば、軽トップレベルの売れ行きだ。普通車で大人気のノートでも1万926台であった。

 つまり、軽商用バンは国内販売の柱に位置付けられるわけだ。

軽バンの驚くべき空間効率の高さ

ハイゼットカーゴの
写真はハイゼットカーゴの各種サイズを示したもの。軽バンがいかにスペース効率を突き詰めた作りになっているかがよくわかる

 このように物凄い台数が売れる理由は、軽乗用車以上に実用性が高く、人気が根強いことにある。エンジンを前席の下に搭載してボンネットに相当する部分を短く抑え、前後左右のウインドウを直立させ、最大限度の室内空間を確保した。

 その結果、荷室長は、エブリイが最大値で1910mm、ハイゼットカーゴが1860mmに達する。軽商用車だから全長は3395mmに収まるため、空間効率は抜群に高い。

 この荷室長は小型商用バン、日産 NV200バネットの1900mmと同等だ。NV200バネットの全長は4400mmだから、軽商用バンに比べて1005mm長い。ボディの短い軽商用バンが、いかにスペースを有効に使っているか分かるだろう。

 最近は軽商用バンをベースにしたキャンピングカーが人気を得ているが、その理由もボディが小さい割に車内が広いからだ。後席を格納すれば、荷室床面は真っ平らになり、車内での就寝もしやすい。

 荷物の収納性も優れている。エブリイやハイゼットカーゴは、耐久性の高いシャシーを備えた後輪駆動車だから、荷室の床が前輪駆動の乗用車に比べて少し高いが(荷室の床面地上高はスペーシアが510mmでエブリイは650mm)、リヤゲートの開口部は広い。

 スライドドアが装着され、ボンネットが短いためにボディ側面が長く、開口幅はワイドでエブリイが775mmに達する。スペーシアの600mmを大幅に上回った。

写真はエブリイのインパネ
写真はエブリイのインパネ。中央部の張り出しが極限まで抑えられるなど使い手のニーズに合わせた設計は、軽バンならではのもの

 インパネの形状も工夫され、エブリイ、ハイゼットともに、ATレバーが収まる中央部分の張り出しが小さい。左右方向のウォークスルーが容易で、駐車場所の状況によってはドライバーが左側のドアから乗り降りできる。

 さらにコスト低減を迫られる車ながら、トレイやカップホルダーを豊富に装着。その結果、エブリイとハイゼットカーゴのインパネ形状はよく似ている。使いやすい機能を突き詰めると、最終的に同じような形状になるのだ。しかし、異なる点もある。

次ページは : “2強”エブリイとハイゼットの違いは?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ