トヨタのエースへの道! 常にトップ3でありたい 宮田莉朋インタビュー

トヨタのエースへの道! 常にトップ3でありたい 宮田莉朋インタビュー

 昨年スーパーフォーミュラのスポット参戦を経て、今年ルーキーイヤーとしてフル参戦で臨む宮田莉朋(みやた りとも)選手。

 コロナ禍の影響による変則的なメンバーによるレースで、開幕戦から先日の第3戦オートポリスまで確実に順位を上げてきている。

 第3戦終了直後に伺った宮田莉朋選手へのインタビューをお届けする。

文/段純恵、写真/TOYOTA GAZOO Racing

【画像ギャラリー】そろそろ表彰台が見えてきたか!? スーパーフォーミュラに挑む期待のルーキー宮田莉朋選手


■トムスで乗ってるのにトップで走れてない危機感がある

第3戦は路面にマシンが映り込むほどの『ど』ウエットの中でのレースだった

 昨日の予選は始まってすぐからタイヤのグリップが全然でなくて、タイムを出せる手応えがまったくなかったんです。フリー走行の時は雨量に関係なくある程度のグリップ感はあったので、内圧調整などで改善できる見込みで予選に臨んだら、まったく違っていた。

 そういう状況で始まったなかで途中までトップタイムだったことは自分でも驚きでしたし、一定の成果だったかなとは思います。

 でも、正直悔しいです。僕が途中までトップで、最後(ジュリアーノ・)アレジ選手だけは雨量がわずかに減ったところでアタックできてたので、その要素は大きいなってのはありますが、自分がそれまでにもっと速いタイムで走っていれば抜かれなかったかもしれないし、もっと何かできなかったのかという思いはあります。

僕としては、トムスで乗ってるのにトップで走れてないっていうのは、ある意味クビだろって思うくらい危機感を持ってる(宮田)

 この3戦、ずっとそうですね。師匠の高木虎之介さんもそうだったって聞いてますけど、例えばレースでトラブルがあったり接触で終わってしまったりする時も、自分がその位置にいたから勝てなかった、自分の力が足りなかったからと考える。

 自分に力量がもっとあれば違う結果になったのでは? と考えます。関わってくれている皆さんはいまの成績でも上出来と言ってくれるんですよ。ルーキーイヤーであることも含めて。

 ただ僕としては、トムスで乗ってるのにトップで走れてないっていうのは、ある意味クビだろって思うくらい危機感を持ってる。焦らなくていいって言ってくれるんですけど、トムスで乗ってる以上、このままじゃ終わりなんじゃないかなって思ってる。

 SFって本当に勝つのが難しいレースですけど、やっぱトップ3に常にいなきゃ、って思ってる自分がいます。

■毎戦一歩ずつでも進んでいる今はとてもいい状況

毎戦一歩ずつでも進んでいる、いますごくいい状況だと思ってます(宮田)

 僕はエンジニアが理想と思うクルマにまず乗って、それに自分のドライビングをアジャストすべきだと思ってます。その上でここは良いバランスだ、ただこのコーナーだけは乗り辛いから少し対処してほしい、と言ってます。

 いま担当してくれている小枝(正樹)さんは昨年までニック(・キャシディ)選手を担当していた方です。ニック選手は、外国人ドライバーあるあるなのかもしれないですけど、自分からクルマをああしたいこうしたいという性格だったようで、ドライビングスタイルも僕とは真反対くらい違う。

 なので、勝つための一番の近道は、僕がニック選手のドライビングに似たような走りができれば、たぶん開幕戦からもっといいレースができてたと思うし、小枝さんは小枝さんで、僕にとってもっと乗りやすいクルマのセットアップができればもっと活躍できたかもしれないと思っている。

 お互いにそう思いながら歩み寄って、毎戦一歩ずつでも進んでいる、いますごくいい状況だと思ってます。

 僕はみんなから背中を押されないと自信を持てないタイプです。メンタルもあまり強い感じじゃないですよ。ネガティブだし。

 でも、だからこそ人一倍、研究してレースに臨んでます。自分が出てないレースや他のカテゴリーでも、自分で調べたことは全部覚えてますし、調べてもわからない時はエンジニアか誰かに、あの時のあのレースはなぜそうなったのか、何がダメだったのかを聞く。それくらい準備してから臨まないと不安になるので。

次ページは : ■レース以外の時間は犬、それにシミュレーター