GT-Rと名乗れなかったスカイラインの現在地 数奇な運命を送ったのか!?


 日産スカイラインGT-Rの中古車相場が高騰している。R34型GT-Rは走行10万kmを大きく超えている個体でも1300万円以上となるのが普通で、低走行物件には2000万円以上の値札が付いている。

 R34ほどではないにしても、R33型GT-Rも走行短めの個体は600万円超であり、R32GT-Rもコンディションの良い個体はほぼ同様の相場となる。

 そこまでしてGT-Rが欲しいかといえば、そうでもない……という人もいることだろう。そこでGT-Rと名乗れなかったスカイラインと、GT-Rを名乗らなかったスカイラインをターゲットとして、今中古車市場でいくらで売られているのか、中古車市場に詳しい伊達軍曹が解説する。

文/伊達軍曹
写真/ベストカーweb編集部 日産

【画像ギャラリー】GT-Rじゃなくてもいいや……というあなたにおすすめしたい「GT-Rを名乗れなかったスカイライン」


GT-Rは高すぎてもう手が出せない

「ハコスカGT-R」ことKPGC10型スカイラインGT-R。今や3000万円オーバーの値が付くことも珍しくない

 新たに中古車を買うのではなく、今あるスカイラインGT-Rのエンジンオーバーホールをしたり、あるいはリビルトエンジンを入手するのも、今となってはなかなか困難だ。

 ニスモが受け付けた「R32 GT-Rのエンジンオーバーホール」は約2年待ちというおそろしい状態になっており、昔は50万円ほどで買えたリビルトエンジンも、今や300万円以上が相場。……スカイラインGT-Rは買うのも直すのも、なかなか大変な時代に突入しているのだ。

 そんな状況下でも「だがネオクラシックなスカイランが欲しい!」と思った場合には「GT-Rを名乗れなかったスカイライン」、つまり歴代スカイラインの「GT-Rではないけど、非常にスポーティだったグレード」を買うしかないのかもしれない。

 とはいえ、GT-Rに限らずネオクラシックカー全般の相場が爆上がりしてしまっている今、そういった「GT-Rを名乗れなかったスカイライン」の相場もまた、爆上がりしてしまっている可能性はある……ということで、いろいろと調査してみることにしよう。

GT-Rではないハコスカでも1000万円以上する

ハコスカの非GT-R系グレードといえば、1971年9月登場の2000GT-X。最高出力120psを発生するL20型2L、直6SOHCエンジンを搭載

 まずは「ハコスカ」である。この世代のGT-Rは、今さらいうまでもなく最高出力160psのS20型2L直6DOHC24バルブエンジンを搭載し、トランスミッションは2速以上をクロスレシオ化した5MTが採用された超スポーツモデル。

 中古車価格は千差万別ではあるのだが、直近の相場は「3000万~4000万円ぐらい」といったところである。

 それに対し、この世代の「GT-Rと名乗れなかったスカイライン」は、「ストリートモデルの最高峰」として1971年9月に登場した「2000GT-X」だろうか。

 こちらの搭載エンジンは、フェアレディZなどに採用されていたL20 SUツインキャブレター仕様で、最高出力は125ps(ハイオクガソリン仕様は130ps)。

 トランスミッションは、GT-Rが5MTであったのに対して2000GTは4MTまたは3速ATだったが、2000GT-Xは4MTと3速ATに加えて5MTもメーカーオプションで設定された。

 で、その2000GT-Xの現在の中古車相場は……「GT-Rじゃないから安い」ということは決してなく、「1000万~1500万円ぐらい」となるのが一般的。古いクルマをレストアして商品化するとなると、どうしてもこのぐらいの売価にはなるようだ。

次ページは : GT-Rじゃないケンメリは?