紀州のドン・ファンと美女とクルマの裏事情【第2回】


 本稿は「紀州のドン・ファンとクルマと美女に関する秘話」の第2回である。
 ご存じない方のためにあらためて概要を記すと、和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助氏が2018年5月に自宅寝室で死亡した(享年77歳)。解剖の結果、急性覚せい剤中毒と判明し、和歌山県警は野崎氏の元妻である須藤早貴(25歳)を逮捕・起訴した(2021年5月19日)。

 亡くなった野崎氏は艶福家で、「紀州のドン・ファン」という異名を持つ。野崎氏は講談社から2冊の本を刊行しており、本稿はその2冊のゴーストライターを務め、3冊目『紀州のドン・ファン殺害 「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相』を執筆した記者のレポートである。

文・写真/吉田隆

【秘蔵写真も盛りだくさん】「紀州のドン・ファンと美女とクルマの裏事情」第1回はこちら

■才色兼備だった「二人目の妻」、Aさん

 ドン・ファンとベンツにまつわる有名な話がある。

 ドン・ファンには離婚歴があり、バツ2だった。早貴被告とは3回目の結婚である。1回目の結婚相手は銀座のナンバーワンホステスだったらしいが、それを確かめる術もないので、わたしは黙ってドン・ファンの身の上話に相槌を打っていた。

 数年で離婚し、同じ女性と再婚して、これまた短い期間で離婚した(ということはバツ3?)。

 次の結婚相手は東京・飯倉のナンバーワンホステスだったAさんである。ドン・ファンから写真を見せてもらったことがあるが、大柄な肉感的な女性で女優の中谷美紀に似ている魅力的なべっぴんさんだった。

ドン・ファンの自宅に荷物を取りに戻った際のAさん

 Aさんは実家が母子家庭で貧しかったので、手っ取り早くお金になるホステス家業に身を染めた。ドン・ファンとは20歳以上の歳の差があり、本来なら社長と結婚したくなかったのかもしれない。ところが家庭の事情で結婚することになった。「言葉は悪いが、人身御供のようなものだった」というドン・ファンの知人もいる。

 彼女とは6年ほどの結婚生活だったが、Aさんは、ドン・ファンが営んでいた酒類販売会社を積極的に手伝い、従業員たちからも慕われていた。

 かつての従業員が当時を懐かしむ。

「才色兼備っていうのは、彼女のことを言うもんだと思ったよ。料理も上手やったし、仕事もできて頭が良くて、人当たりもよかった」。

この貴重な写真は、ドン・ファンの愛犬「イブ」の通夜の様子。場所はドン・ファン宅の2階寝室。後日、ドン・ファンはここで遺体となって発見されている。愛犬とドン・ファンとAさんとの関りについては本稿を読み進められたし

■「風と共に去りぬ」ではなく

 ドン・ファンの今の家の内部を西洋風に改装したのはAさんだ。外側は2階建ての純日本風家屋であるが、大金持ちの家としてはつましい。しかし、内部は床暖房もされてサウナもある。ゲスト用の風呂は20畳ほどもあり、ジャグジーも付いていた。リビング脇にはオープンキッチンがあり、オール電化されていた。

 ドン・ファンはAさんに惚れていたけれど、喧嘩は絶えなかった。そんなAさんはドン・ファンのクレジットカードを使うなどして、密かに財産を溜め続けたという。一説によると2億円ほどだったというから、浮世離れしている。そして「わたし専用のベンツを買って」とおねだりしたと、野崎氏は語った。

 そしてなんと、そのベンツが納車された日に、運転席に座ったAさんは「さよなら」と言い放って、ベンツと共にドン・ファンの元から走り去ったというのだ。「風と共に去りぬ」をもじって「ベンツと共に去りぬ」。地元では有名な逸話である。

次ページは : ■早貴とAさんの対決

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ