Z32フェアレディZの走りの実力はどうだった? かっこよさに魅了されたクルマだった!! 

あまりのかっこよさに魅了された!! Z32フェアレディZの走りの実力はどうだった?

 歴史に残る名車が数多く誕生した1989年。その日本車のアタリ年に登場した一台がZ32型フェアレディZだ。

 Z32は、スタイリングも性能も先代モデルから大きく進化したことで当時大きな注目を集め、そのデザインは今年8月17日に発表が予定されている新型フェアレディZのリア回りに継承されることでも話題になっている。

 歴代フェアレディZのなかでも代表的モデルの一台といえるZ32だが、走りの実力はどれほどのものだったのか? モータージャーナリストの斎藤 聡氏が当時を振り返る。

文/斎藤 聡  写真/NISSAN

【画像ギャラリー】歴代のフェアレディZの中でひときわ異彩を放つデザインを持つZ32型を写真でチェック!!


■当時のZはGT-Rに並ぶ日産の大スター!

 1989~1990年はスポーツカーの年で、さまざまなメーカーからスポーツカーが登場しました。そんななかでもハイパースポーツの先陣を切って登場したのがZ32フェアレディZでした。

 GT-Rの登場は翌月の8月。いまの感覚でいうと「GT-Rの登場でフェアレディZの登場が霞んでしまうのでは……」、そんなふうに思えるかもしれませんが、当時フェアレディZは押しも押されぬ日産の大スター。GT-Rと並び立つオーラがバリバリ出ていました。

歴代のフェアレディZのなかでひときわ異彩を放つデザインを持つZ32型。写真はフェアレディZ 300ZX 2シーター Tバールーフ

 しかもわずか1カ月とはいえ、280馬力を謳った日本最初のスポーツカーが登場したのですから、そのパフォーマンスには皆興味津々だったわけです。

 先代モデルとなるZ31型は、VG30ETの3L V6SOHC+ターボ(シングル)で240馬力/34.0kgmでしたが、Z32型はVG30DETT型3L V6DOHCツインターボで、パワーもイッキに280馬力/39.6kgmへと大幅アップしたのでした。

先代 Z31型 フェアレディZ 2by2 300ZR 1886年後期モデル。セミリトラクタブル・ヘッドライトが特徴的
280馬力規制を作ったといわれるZ32型に搭載されたVG30DETTエンジン。最高出力280ps/6400rpm、最大トルク39.6kgm/3600rpm、北米仕様は300psであった

■1989年に登場したZ32型フェアレディZはどんなクルマ?

 当時の国産車は、ハイパワーFRモデルのトラクションがそれほど高くありませんでした。パワー(トルク)が大きすぎると、簡単にタイヤがホイールスピンを起こしてしまい、思うようにクルマが真っ直ぐに進んでくれなかったのです。

 ハイパワー化しても限界領域の特性がシビアになるだけでは? そんな不安がぬぐえませんでした。今にして思えばボディ剛性や、ダンパーのフリクションの改善である程度対処できるのでしょうが、当時は前ストラット/後セミトレーリングアームというFRの定番サスペンション形式の限界などともいわれていました。

 そんななか、Z32フェアレディZは前後マルチリンクサスペンションと、サスペンション形式も一新し、ボディ剛性も大幅アップして登場しました。

 新世代の本格スポーツカーの強力なパワースペックを引っ提げての登場だったので、新型サスペンション形式のトラクション性能も、きっと大幅に進化しているに違いないという期待が膨らんで、もの凄い性能のスポーツカーが登場したという空気感がありました。

 デザイン的にも、Z31型のミドルクラススポーツから、滑らかでいかにも空力のよさそうな堂々たるものに変わり、抜群の存在感を持っていました。

 インテリアもセンターコンソール周りのデザインがすっきりしていて、ラグジュアリースポーツの趣がありました。とにもかくにも「280馬力」という数字は高性能の大きな説得力になっていました。

従来モデルと比べると、デザインがすっきりしたZ32型フェアレディZのインパネ周り

次ページは : ■電子制御なしのドッカンターボは超強烈だった!!