【エスティマ、セレナに…】いまのクルマ界で「がっかりしたこと」5選


日々技術が進化し、新しい提案が生まれる自動車界。多くのメーカーがしのぎを削り、多くのユーザーや多くのファンが新たに生まれてくる新製品を待ち望み、既存製品に命を載せて使っている。

そんな自動車界でも、いやそんな自動車界だからこそ、たまに「がっかりすること」に直面することもある。

自動車専門メディアではなかなか言いづらいことではあるが、それでもどうしても言っておかねばならないこともある。
そんなわけで、ここ最近の自動車界に関して、「これはがっかりした」ということ、もの、出来事を集めてみました。
文:鈴木直也、渡辺陽一郎


■安全装備が古いまま売られている旧世代車たち

現行型(3代目)エスティマは2006年デビュー。人気車だったがすでに12年目を迎えており、さすがに各所に古さが見える
現行型(3代目)エスティマは2006年デビュー。人気車だったがすでに12年目を迎えており、さすがに各所に古さが見える

最近はトヨタですら国内専用車のモデルチェンジにコストがかけられない時代。例えば、エスティマやプレミオ/アリオンなど、10年以上継続生産されているクルマが増えている現状がある。

そこで気になるのが、安全性についてだ。

衝突安全性や自動ブレーキの普及など、10年前に比べるとクルマはずっと安全になっている。

継続生産車でもそこをキャッチアップしていれば文句ないのだが、キューブやマーチみたいに衝突軽減ブレーキすら付かないクルマが残っているのは実に残念。

ここは後回しにしちゃいけない分野だと思う。(鈴木直也)

■フルチェンジと思ったらマイチェンだった2台

マツダのフラッグシップセダン、アテンザも6年め。マイチェンで進化したものの、そろそろ根本的な刷新がほしいところ
マツダのフラッグシップセダン、アテンザも6年め。マイチェンで進化したものの、そろそろ根本的な刷新がほしいところ

前項と似た話になるが、マイナーチェンジを頻繁に行い、常に進化させるのは大切。ただそうはいってもフルモデルチェンジをまったく行わないのは問題だ。走行性能から居住性まで根本的な進化が望めない。ユーザーやその車種を取り巻く社会の変化に対応できなくなる。

たとえばエスティマは2006年の発売で古さが目立つ。(今年4月に小変更で搭載された)緊急自動ブレーキも、歩行者を検知できない。直球で言うと、ヴェルファイア/アルファードをベースにフルモデルチェンジすべきだ。

またアテンザは今年5月にマイナーチェンジを実施したものの、現行型を継続販売。現行型は2012年の発売で(他の旧世代車に比べると)さほど古くないが、同時期に発売されたCX-5はフルモデルチェンジを受けている。アテンザ、冷遇されているんじゃないですか?(渡辺陽一郎)

次ページは : ■VWポロ、しっかりしてくれ。エンジンはうるさく後席は狭い