ホンダF1よ永遠なれ!! ファインダー越しにセナを見続けたひとりの日本人カメラマンの想い


 レッドブル・ホンダF-1の勢いが止まらない。破竹の快進撃だ。巷では「せっかくまた勝てるようになったのに撤退するのはもったいない。ちくはぐだ」とか、「終了宣言を撤回して継続参戦するのでは?」と言う人たちがいる。

 一企業の方針に外野がとやかく言うのもどうかと思うが、それは「本田技研工業」というよりも「ホンダレーシング」がいかに愛されているかということの証明でもあるだろう。阪神電鉄とタイガースとファンの関係みたいなものだろうか。

 そこで本日は阪神の超名投手「ザトペック投法」の村山実さん(11・永久欠番)について……ではなく、「セナ足走法」のアイルトン・セナとホンダについて、外野は外野でもわりと近くからの目撃者であった私の考察作文をお送りしたい。

文、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】池之平昌信氏が撮影した貴重な写真の数々……蘇るアイルトン・セナの勇姿


■近くで見たセナは「ストイックで真面目な人」

91年ベルギーGP。フロントウィング翼端が地面を擦りながらオールージュを駆け上がる

 87~94年まで、彼のレース(F1GP)を88レースほど撮影した自分としては、「ストイックで真面目な人」という印象だ。

 テレビ中継や観客の目線で、ちょっと違うかな? と思うのは予選の重要さがそれほど感じられないこと。レースでより多くのポイントを取ることはもちろん大切だが、予選において1/100秒でもチームメイトに勝つこと、セナの場合はポールポジションを取ること、に「全集中」していたのだと思う。

 だから他のドライバーが日曜日の決勝を見据えてセッティングをしていたとしても、セナの場合は金曜の午前中から予選モードで走る。当然、木、金曜の夕方から夜もエンジニアらとしつこく、あれこれ真剣に話し合う。

 美女だパーティだ、とサーキットから出ていくレーサーらとは対照的だ。F1GPは「セレブの社交場」という側面もあるのだが、そこはちょっとKY(空気読めないひと)だったのかも……。

 さあ、そして土曜日の午後、予選終盤に決死のアタックをみせる。完走しなければ何にもならない決勝レースと違って、「吹っ飛んだっていい」覚悟で踏んでいく。

 F1は速いのでクラッシュしたらたいへんなことになる。極端なことをいえばコーナーひとつごとに命を削って飛び込んでいくような感覚だろうか。自分はカメラマンとしてコーナーで待ち構えていたわけだが、そのアタックの周は明らかにコーナリング速度が高いので、カメラを振り遅れないようにするのに必死だった。

■神業と熱意、そして苦悩

ホンダエンジンを失ったとはいえ、雨のドニントンで伝説的なごぼう抜きを見せたレース

 90年前後くらいまでは「これがセナ足か?」と聞き取れる場面もあった。

 コーナーで速度を落とした場合、エンジンの回転数も落ちる。それを少しでも防ぐためにスロットルを小刻みに操作して、オン・オフを繰り返すのだ。

 パワーオン状態ではテールスライドによる旋回、オフ時には舵を効かせる旋回。アンダーステアを消す作業と言っても良いか。グリップレベルギリギリのコーナリング中にピークパワーの出る領域・回転数を保ちながら、その操作を行う。

 遠心クラッチではない時代のレーシングカートならまだわからなくもないが、F1マシンでそれをやるなんて……。

 1/100秒いや1/1000秒を削るべく、なりふり構わずマシンと自分を追い込んでいくのだ。

 決勝レースは燃料満タンの重いマシンでスタートするし、タイヤも持たせなくてはならない。もちろんそれはそれなりにハイペースで走らねばならないが、年間王者を取るためには抑える場面も多々あっただろう。結果は皆さんご存知のとおりだ。

 真面目で、ピュア。マシンセッティングだけでなく、エンジンの反応や回転数や最高速にも細かいこだわりが超絶強い。データロガーを睨んで長時間考え込む。

 そんな姿はホンダのエンジニアたちの心を打った。南米から欧州へ出てきて必死にがんばる青年と、残業を苦ともしない日本人猛烈サラリーマンの共感もあっただろうし、利害も一致する。

 だがその仲の良さがあだとなり「あいつの方がいいエンジンを積んでる」と言った軋轢を生み、「セナ・プロ問題」「日本GP失格事件」「翌年の報復事件」といった悲劇を生んでいく……。

次ページは : ■F1を去っていくホンダのこれから

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ