首位奪還にダイハツタントが苦戦している理由は価格にあり!?


■顧客の欲する仕様で見えてくる「差」

 もっとも大きな要因は価格にあるといえるでしょう。N-BOX、スペーシア(スペーシアカスタム、スペーシアギア含む)、タント(タントカスタム含む)の価格帯は以下のようになります。

・N-BOX:142万8900円~202万2900円
・スペーシア:138万500円~188万4300円
・タント:124万3000円~200万2000円

 この価格帯を見るとN-BOXが高いように思えますが、じつは違います。

 今、クルマを買うとなったらやっぱり衝突軽減ブレーキなどの先進安全装備が欲しいですよね。さらにあれだけ世の中で自動運転、自動運転と言っていると、その入り口といってもいいアダプティブクルーズコントロール(ACC)はやはり欲しいと思うはずです。

 そして、バックソナーなどの駐車支援システムについてもやはり欲しいと思う人が多い装備です。N-BOXは全車でこの3つの装備が標準装着されますが、スペーシアはバックソナーは全車に標準されるものの衝突軽減ブレーキは一部車種には非装着で、ACCは一部車種に標準もしくはオプション。

 タントは3つとも装備されない、オプションでも装備できないといったグレードもあります。この3種の装備が付いた状態でのもっともリーズナブルなモデルは以下のようになります。なおオプション装着は多くの場合、セットオプションとなるのでACCのみが装備されるとは限りません。

・N-BOX:142万8900円(L・FF)
・スペーシア:160万1600円(ハイブリッドX・FF)
・タント:164万4500円(Xターボ・FF)

 N-BOXとスペーシアの価格差は17万2700円、N-BOXとタントの価格差は21万5600円にもなるのです。もちろんほかの装備との兼ね合いもありますから一概には言えませんが、ベーシックモデルでも重要装備が充実しているN-BOXが販売数を伸ばすのは当たり前でしょう。

先進安全装備や駐車支援システムを搭載すると相対的に「安い」クルマとなるN-BOX。WLTCの燃費性能はNAのFFが21.2km/L、ターボのFFが20.2km/Lだ。タントよりターボ仕様の燃費がちょっとだけ優れている

 さて、ここにさらに装備を加えた例を出してみましょう。リアのパワースライドドアです。N-BOXとスペーシアは、左パワーオートスライドドアはボトムグレード以外は標準装備です。しかし、タントカスタムは全車標準なのですがタントは5グレード中2グレードのみ標準装備となります。

 衝突軽減ブレーキ、ACC、バックソナーに加えて左側パワースライドドアを装備するクルマで一番リーズナブルなのはN-BOXのL(FF)で155万9800円となります。タントの場合、XSターボのFFで164万4500円となってしまいます。

 両側パワースライドドアも装備した場合、一番リーズナブルなのはスペーシアのハイブリッドX(FF)で160万1600円です。同様の装備でN-BOXは165万8800円、タントは169万9500円となります。

■OEMの力

 このように装備と価格で考えると、タントがちょっと不利な理由が見えてきます。

 タントがそうした様相でダイハツは大丈夫か? と思う方もいるかも知れませんがダイハツはトヨタとスバルにも軽自動車をOEM供給しています。

タントのOEM車であるスバル シフォン。ダイハツはスバルやトヨタ向けにOEM車を作っている

 2020年度の軽乗用車の販売台数をもとに計算するとダイハツ、トヨタ、スバルの合計台数は43万7460台(トヨタ製C+PODの24台を含む)、同様にマツダにOEM供給しているスズキは合計で44万7748台とともに40万台超え、ホンダはOEM供給先がなく単独となり27万5113台です。

 こうしてみるとダイハツやスズキはやっぱり軽自動車をしっかり作っていることがわかると思います。

 ダイハツやスズキは新旧プラットフォームを上手に使って幅広く車種を作り全体ボリュームで稼ぐ、ホンダはプラットフォームを統一し(S660は2022年に生産終了が決まっている)効率よくクルマを作るという、軽自動車ビジネスに対するアプローチの違いが見えてきます。

【画像ギャラリー】決め手は価格? 激戦の軽自動車たちを確認!