首位奪還にダイハツタントが苦戦している理由は価格にあり!?

2年経っても1位になれない…… 首位奪還にダイハツ「タント」が苦戦している理由は価格にあり!?

 近年、軽自動車の圧倒的な売れ筋になっているのがスーパーハイトワゴン。そのなかで、ホンダN-BOX、スズキスペーシア、ダイハツタントが販売台数のトップ3モデルだが、そのなかでフルモデルチェンジから2年と、登場からもっとも新しいのがタントだ。

 しかしながら、このトップ3のなかでタントの順位は最近、3位が定位置になってしまっている。首位奪還に向けてプラットフォームからパワートレーンまですべてを一新して2019年に登場し、2019年11月に一度1位になったものの、その後は首位を獲れていないのだった。

 その要因は何なのか?  モータージャーナリストの諸星陽一氏が分析する。

文/諸星陽一  
写真/DAIHATSU、Honda、SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】決め手は価格? 激戦の軽自動車たちを確認!


■スーパーハイトの元祖といえばタントだった!

 ダイハツのタントは2003年11月に登場、軽スーパーハイトワゴンというジャンルを開拓したエポックメイキングなモデルでした。しかし、新たなジャンルで成功を収めればそこにライバルが参入してくるのは当たり前。

 とくに軽自動車の世界ではヒットするモデルがあればより細かいところまで手を尽くした後発モデルがすぐに登場し、市場争いは熾烈になるのが常です。

ダイハツのタントは2003年11月に登場、軽スーパーハイトワゴンというジャンルを開拓したエポックメイキングなモデルだった。名前もダイハツらしく、考え込まれている

 最初にタントに挑戦してきたのはスズキのパレットで、2008年1月に市場導入されました。2008年度(2008年4月~2009年3月)に一番売れた軽自動車はスズキ ワゴンRでは2位はムーヴ、タントは3位、パレットは7位でした。パレットは2013年に撤退しスペーシアと名前を変えます。

パレットは2013年に撤退しスペーシアと名前を変えた。ネーミングが直感的にスペースユーティリティへと繋がらない名前だったからでは? と筆者

 タントの車名の由来は「とても広い、たくさんの」といった意味をもつイタリア語だとダイハツは発表しています。しかし「たんと」は方言ではあるのですが、日本人の感覚で言えば「たんと」は「たくさん」でしょう。

 パレットが改名したのはそのネーミングが直感的にスペースユーティリティに優れたクルマではないことが想像できないからだったのでは? と私は考えています。

■ワゴンR対ムーヴの戦いではつねにトップ争いを演じてきたが・・・?

 とはいえ2008年ごろのトップカテゴリーはまだスーパーハイトワゴンではなく、ハイトワゴンの人気が高く、スーパーハイトワゴンが販売台数1位に躍り出るのは2012年度のことです。

 ホンダはそれまで弱かった軽自動車の分野に資金、人材、技術を大量に投入。2011年12月に初代N-BOXを市場導入。そのN-BOXが2012年度に1位となるのです。その後N-BOXは2014年度を除いてつねに1位をキープしています。

1990年代以降、軽自動車の開発資源が絞られてきたホンダ。2000年代末に軽自動車市場での復活のため、開発資源を投入してN-BOXを開発した

 唯一、1位を譲った2014年度のトップセールスはタントでした。前年9月にタントはフルモデルチェンジし3代目に進化しています。その後、タントは2019年7月にふたたびフルモデルチェンジを果たしますが、2020年度も1位に返り咲くことができませんでした。

660ccエンジン最高の熱効率を自負して2019年7月にフルモデルチェンジした現行型タント。WLTCモード燃費はNAのFFが21.2km/L。ターボのFFが20.0km/Lだ

 月別でみても2019年11月に1度トップの座を手に入れますが、その1回だけでした。しかも2020年度の月別販売台数を見ると、毎月のトップセールスはN-BOX、2位がスペーシア、3位がタント(10月だけ2位と3位が逆転します)とタントはかなり苦戦を強いられています。

 ワゴンR対ムーヴの戦いではつねにトップ争いを演じてきたダイハツの軽自動車としてはちょっとふがいなさを感じます。果たして、その原因はどこにあるのでしょうか?

2020年度の月別販売台数。7月以降、タントはスペーシアと2位争いを演じている

次ページは : ■顧客の欲する仕様で見えてくる「差」