ヤリスクロス&ヴェゼル&キックスの走りとコスパを徹底比較!!

人気のコンパクトSUV3車種が三つ巴!! ヤリスクロス&ヴェゼル&キックスを比較する!!

 人気のコンパクトSUVカテゴリーに各メーカーから魅力的なモデルが発売されているが、その中でも注目なのがヤリスクロスとヴェゼル、キックスだろう。

 個性的なデザインに加え、ハイブリッドなど環境性能も抜群だ。

 今回はこの3台の商品力を比較する!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】豪華トリプルスレット・マッチ!! 総合力に勝るコンパクトSUVはヤリスクロスかヴェゼルかキックスか!?


■2020年から2021年に登場したコンパクトSUV3車種を比較

2020年から2021年にかけて発売された人気コンパクトSUV3車種を比較する。3車種ともハイブリッドが用意されているので、ここではハイブリッドで比較する

 最近は全長を4m前後に設定したコンパクトSUVが注目されている。混雑した街中でも運転しやすく、後席や荷室にも相応の余裕があるから、ファミリーカーとしても使いやすい。

 価格が割安なことも魅力だ。2020年から2021年に掛けて、コンパクトSUVの新型車が発売されたので、3車種を比較したい。

 まずはトヨタヤリスクロスだ。エンジンは直列3気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドを設定している。

 ホンダヴェゼルは直列4気筒1.5Lのノーマルエンジンとe:HEV(ハイブリッド)を用意した。キックスは直列3気筒1.2Lのe-POWER(ハイブリッド)のみを搭載する。ヴェゼルもe:HEVの販売比率が93%と高いことから、ここではハイブリッドを比較したい。

■ボディスタイル/視界/運転のしやすさ比較

全長が最も短いのはヤリスクロスだが、最小旋回半径ではキックスに軍配が上がった

 ボディスタイルは、各車ともフロントマスクにメーカーの特徴を表現している。特にヴェゼルは、今のホンダらしさが濃厚だ。

 視界は水平基調のヴェゼルが良好だ。ヤリスクロスとキックスは、ボディ後端のピラー(柱)が少し太く感じられ、斜め後方もやや見にくい。

 取りまわし性ではヤリスクロスが注目される。全長は4180mmだから最も短い。その次は4290mmのキックス、4330mmのヴェゼルになる。最小回転半径は、キックスが最も小さく5.1m、ヤリスクロスは5.3m、ヴェゼルは売れ筋のe:HEV・Zが5.5mだ。

*順位
・No.1:キックス
・No.2:ヤリスクロス
・No.3:ヴェゼル

■内装の質感/操作性/前後席の居住性比較

内装の質感はどの車種も好印象。中でもヴェゼルはひとつ上級グレードの車種と比べても遜色ない上質感だ。座席の居住性にも優れている

 内装の質感は、各車種ともコンパクトSUVだからといって妥協している印象はない。コンパクトカーの平均水準を上まわる。

 その上で比べると、最も上質な車種はヴェゼルだ。装飾も巧みで、CR-VのようなミドルサイズSUVと同等の仕上がりになる。

 視認性や操作性は、3車種ともに満足できる。エアコンなどのスイッチは比較的高い位置に装着され、操作性も良好だ。

 前席の座り心地は、ヴェゼルとキックスは快適に感じる。ヤリスクロスは、ライバル2車に比べてボリューム感が少し乏しい。

 後席は足元空間が車種によって異なる。身長170cmの大人4名が乗車した時、ヴェゼルでは、後席に座る乗員の膝先空間が握りコブシ2つ半に達する。CR-Vと同等だ。

 キックスは握りコブシ2つ弱になる。ヤリスクロスは握りコブシ1つ少々に留まる。ヴェゼルの後席は、内装と同様、ミドルサイズSUVに匹敵する。逆にヤリスクロスは、コンパクトカーのヤリスよりは広いが、長身の同乗者が座ると窮屈に感じる。

*順位
・No.1:ヴェゼル
・No.2:キックス
・No.3:ヤリスクロス

■荷室&シートアレンジ比較

荷室の奥行きではキックスが優れているが、シートアレンジではヴェゼルが素晴らしい。写真のように後席のアレンジで様々な形状の荷物を積むことができる

 後席を使った状態で、荷室長(荷室の奥行寸法)が最も長い車種はキックスだ。ヴェゼルとヤリスクロスは同程度になる。

 シートアレンジはヴェゼルが最も多彩だ。燃料タンクを前席の下に搭載しており、車内後部のスペースが広い。そこで後席を床面へ落とし込むように畳むと、ボックス状の空間になる。

 またヴェゼルでは、後席の座面を持ち上げると、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。通常の使い方で荷室が最も広いのはキックス、シートアレンジで選ぶならヴェゼルになる。

*順位
・No.1:キックス
・No.2:ヴェゼル
・No.3:ヤリスクロス

次ページは : ■走行性能&乗り心地比較