大人気のヤリスクロスが意外な結果に!? 超激戦コンパクトSUVお薦めランキング

大人気のヤリスクロスが意外な結果に!? 超激戦コンパクトSUVお薦めランキング

 今は世界的にSUVの人気が高い。日本では実用的で割安なコンパクトカーの売れ行きも好調だ。そのために、この2つのカテゴリーの特徴を併せ持つコンパクトSUVも注目されている。

 特に最近は新型車の投入が活発で、2019年にはトヨタライズ、2020年には日産キックスとトヨタヤリスクロス、2021年にはホンダヴェゼルも新型になった。設計の新しいコンパクトSUVが出そろっている。

 そこでこの4車を比べてみたい。パワーユニットは、ライズが直列3気筒1Lターボ、キックスは直列3気筒1.2Lをベースにしたハイブリッドのe-POWER、ヤリスクロスは直列3気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッド、ヴェゼルは直列4気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドのe:HEVを搭載する。車種によってパワーユニットも異なる。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーWeb編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】小型SUV戦国時代!! ヤリスクロス ライズ ヴェゼル キックス……ランキング総合1位に輝いたのは?


■居住性、積載性、運転のしやすさなどの「実用性」で選ぶと?

2021年4月23日に発売された新型ヴェゼル。ボディサイズは全長4330mm×全幅1790mm×全高1590mm、パワートレインは1.5L 直4ガソリンと1.5Lハイブリッド

 最も実用性が優れているのはヴェゼルだ。コンパクトSUVでも、車内はCR-VのようなミドルサイズSUV並みに広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には、握りコブシ2つ半の余裕ができる。

 プラットフォームは先代型と共通で、燃料タンクを前席の下に搭載したから、荷室の床も低い。シートアレンジは4車種の中で最も多彩だ。居住性と積載性が優れ、ファミリーカーとしても使いやすい。

新型ヴェゼルのインテリアはフィット譲りの水平基調。視認性の良さを追求した計器類の配置はヒューマン・マシン・インターフェースの高い完成度を感じさせる。後席の足元空間は先代から+35mm拡大。身長170cmの大人が座った場合で握りコブシ2つ半ほどの余裕がある

 全長は4330mmと少し長く、最小回転半径は5.3~5.5mと若干大回りだが、水平基調のボディだから視界は良い。ボディの四隅も分かりやすく運転しやすい。

 実用性の2位はキックスだ。後席にも相応の広さがあり、ヴェゼルと同じ測り方で、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ弱の余裕を持たせた。ヴェゼルほどの広々感はないが、大人4名が快適に乗車できる。

 後席を使っている時の荷室長(荷室の奥行寸法)は、ヴェゼルよりも余裕がある。4名乗車時の居住性はヴェゼルが勝るが、積載性はキックスが優れている。全長は4290mmだからヴェゼルよりも短く、最小回転半径も5.1mに収まる。

2020年6月に発売されたキックス。ボディサイズは全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mm。発電用の1.2L 直3エンジンを搭載するe-POWER専用車

 3位はライズだ。前述の測り方で、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ少々と少ない。大人4名の乗車は可能だが、後席は窮屈に感じる。荷室長は4車の中では最も短いが、ほかの車種と比べて大きな差はない。ファミリーカーとして使えるだけの居住性と積載性を備える。

 しかもライズの全長は3995mmだから、取り上げた4車の中では唯一4mを下まわる。全幅も1695mmなので、ライズだけは5ナンバー車だ。最小回転半径は、GとXが4.9m、Zでも5mだから、狭い裏道や駐車場でも運転しやすい。

 4位はヤリスクロスになる。後席の足元空間はライズに近い。荷室の床面積はライズよりも広いが、リヤゲートを寝かせたから背の高い荷物は積みにくい。全長は4180mmだから、ライズよりも185mm長いが、最小回転半径は5.3mで取りまわし性は満足できる。


●この項目の順位
★1位:ヴェゼル
・2位:キックス
・3位:ライズ
・4位:ヤリスクロス

■走行性能、乗り心地などの「走り」で選ぶと?

ヤリスクロスのハイブリッドシステムは1.5L 直3エンジン+2モーターのTHS II。システム最高出力は116ps、2WD車のWLTCモード燃費は30.2km/L

 走りの1位はヤリスクロスだ。2WDの車両重量は、ハイブリッドでも1160~1190kgに収まる。ヴェゼルのe:HEVやキックスは、2WDでも1350~1400kgに達するから、ボディの軽いヤリスクロスは、車両の向きが操舵角に応じて機敏に変わる。その代わり乗り心地は少し硬い。登坂路などでアクセルペダルを踏み込むと、直列3気筒特有の粗さを伴ったエンジンノイズも気になる。

 2位はヴェゼル。販売総数の90%以上を占めるe:HEVは、加速が滑らかでノイズも小さい。操舵に対する反応は穏やかでスポーティではないが、運転感覚は馴染みやすい。後輪の接地性は高く、安定性も優れ、乗り心地は少し硬いが粗さを抑えた。

 3位はキックスだ。e-POWERは、ヴェゼルのe:HEVと同じく駆動はモーターが行い、エンジンは発電機を作動させる。そのためにエンジン音は基本的に静かだが、登坂路などでアクセルペダルを踏み込むと、発電量を増やすためにエンジン回転も高まる。この時には3気筒特有のノイズを感じる。モーターの性能には余裕があり、パワー不足は感じない。走行安定性も満足できる。乗り心地は少し硬めだが、不快に感じることはない。

 4位はライズで、エンジンは直列3気筒1Lだ。動力性能を自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると、1.4Lに匹敵してパワー不足は感じない。エンジンノイズは大きめだ。走行安定性にも不満はないが、操舵に対する反応の仕方が少し曖昧に感じる。パワーステアリングは、直進状態に戻ろうとする特性が弱めだ。乗り心地には少し粗さを感じる。

落ち着いた空間に仕上げられたヤリスクロスのインテリア
後席の広さは下級のライズと同等。足元空間に余裕がない


●この項目の順位
★1位:ヤリスクロス
・2位:ヴェゼル
・3位:キックス
・4位:ライズ

次ページは : ■維持費、燃費、価格を含めた「割安感」で選ぶと?