たった1台の光岡ガリュー マイバッハS&GLSじっくり紹介! 最新特別仕様車・限定車・ニューモデル情報

たった1台の光岡ガリュー マイバッハS&GLSじっくり紹介! 最新特別仕様車・限定車・ニューモデル情報

 光岡自動車から1台限定の「ガリュー350リミテッド」が登場、またメルセデスベンツからは、ラグジュアリーブランド メルセデス・マイバッハの2モデル「S」「GLS」をご紹介。

 ほか、フィアット、ジープ、DSオートモービル、アウディ、ポルシェ、ジャガー、ベントレーら9ブランド13モデルの情報をお届け。

※本稿は2021年7月のものです
文/ベストカー編集部 画像/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年8月10日号および26日号

【画像ギャラリー】ガリュー350、マイバッハの画像を中心にニューモデルの画像25枚をチェック!


■国産車編

■光岡 ガリュー350リミテッド(限定1台販売 ※抽選受付は終了)

 光岡は7月8日、フラッグシップセダンのガリューに左ハンドル仕様の特別仕様車「ガリュー350リミテッド」を1台限定で販売することを発表した。

光岡 ガリュー350リミテッド(限定1台販売)。設立35周年を迎える米国法人の光岡よりベース車が供給されたという

 350リミテッドのベースとなるのは、日産アルティマ3.5SLで、左ハンドルを求める声に応じ、標準モデルにはない仕様を1台限りで用意したのだという。

 抽選受付は終了しており、当選者は9月頃に発表される。

●価格:638万円

■輸入車編

■メルセデス・マイバッハ(S&GLS・7月1日発表)

 メルセデスベンツは7月1日、ラグジュアリーブランドであるメルセデス・マイバッハの2モデルを発表した。

マイバッハS

 1台は同ブランドの最上級サルーンのマイバッハSクラス。すでに発表ずみの新型Sクラスのロングホイールモデルからさらにホイールベースを180mm延長しており、後席居住性を格段に向上させている。

 リアドアの電動開閉機能、アクティブロードノイズキャンセレーション機能など、ショーファードリブンとしての存在感を高めている。

 価格はV8、4Lツインターボ(503ps/71.4kgm)を積むS580 4MATICが2648万円。V12、6Lツインターボ(612ps/91.8kgm)を積むS680 4MATICが3201万円。

 もう1台はSUVモデルのマイバッハGLS。こちらのパワートレーンはV8、4Lツインターボ(558ps/74.4kgm ※マイバッハSのM176型とは違うM177型)のみで、GLS600 4MATICのワングレード設定となり、価格は2729万円。

マイバッハGLS600 4MATICの走り。4輪各々に48V対応のアクチュエーターを追加している

 ベンツGLSクラスをベースに最高水準のセダンと同等の高級感と快適性を両立させるため、路面の状況を読み取ってサスペンションを調節する「E-ACTIVE BODY CONTROL」などを採用している。

●価格:S…2648万円〜/GLS…2729万円

■フィアット500Xグランビスタ(限定車・6月29日発売)

 フィアットは6月29日、500Xに通常ラインナップにはないイタリアブルー/ブラックの2トーンとサンルーフを特別装備したグランビスタを128台限定で発売を開始した。

フィアット500Xグランビスタ(限定車・6月29日発売)。グランビスタとは「壮大な眺め」の意

●価格:356万円

■ジープ ラングラー オーバーランド・ナチョ(限定車・6月29日発売)

 ジープは6月29日、ラングラーの特別仕様車として、メキシコのナチョスを意識した「オーバーランド・ナチョ」を発表、発売した。300台限定販売となる。

ジープ ラングラー オーバーランド・ナチョ(限定車・6月29日発売)。ナチョスを意識したボディ色が鮮やか

●価格:586万円~

■DSオートモビル DS3クロスバック E-TENSE パフォーマンスライン(特別仕様車・7月5日発売)

 DSオートモビルは7月5日、DS3にモータースポーツで活躍するワークスカーのイメージを落とし込んだ特別仕様車、パフォーマンスラインの発売を開始した。

DSオートモビル DS3クロスバック E-TENSE パフォーマンスライン(特別仕様車・7月5日発売)。インテリアもスポーツ走行を意識したホールド性の高いシートが標準装備される

 パフォーマンスラインではエクステリアはブラックを巧みに使い、スポーティかつエレガントな印象を打ち出している。また、ホイールは18インチ「MONZA」がおごられており、走りも意識した内容となっている。

 ボディ色は2色用意され、価格は534万円とされる。

●価格:534万円

■アウディ A8 グランド・ツーリング・リミテッド(限定モデル・5月18日発売)

 アウディは5月18日、フラッグシップセダンであるA8に、スポーティなスタイリングをプラスした限定モデル、グランド・ツーリング・リミテッドを発表、同日に発売した。

アウディ A8 グランド・ツーリング・リミテッド(限定モデル・5月18日発売)。限定50台の販売とされ、価格はベース車より240万円プラスの1391万円となる

 このモデルのベースには55 TFSIクワトロが選ばれており、3L V6と48Vマイルドハイブリッドが搭載されている。

 限定モデル専用装備には、20インチアルミホイール、スポーツエクステリア、プライバシーガラス、バング&オルフセン3Dアドバンストサウンドシステムといった装備を標準とした。

 また、専用の10mmダウンサスなども装備され、見た目のスポーティさがより増した内容となっている。

●価格:1391万円

■シトロエン C4スペースツアラー(価格改定・5月13日発表)

 シトロエンは5月13日、C4スペースツアラーの価格改定を発表、同日より新価格にて発売している。

シトロエン C4スペースツアラー(価格改定・5月13日発表)。写真はシャインブルーHDi

 旧価格より5万円高い設定とされ、原材料費などの上昇が理由とされる。

●価格:425万円

■ポルシェ カイエンターボGT(追加グレード・6月30日発売)

 ポルシェは6月30日、ハイパフォーマンスSUVであるカイエンに「ターボGT」を追加したことを発表、同日に発売が開始された。

ポルシェ カイエンターボGT(追加グレード・6月30日発売)。より高性能なターボGTはSUVにおけるニュル最速タイムをマーク

 カイエンターボGTは、カイエンが持つ日常の使いやすさに加え、高い走行性能を与えたモデルで、エンジンは4L V8ツインターボが載せられ、最高出力は640psを叩き出す。また、足回りもスポーツ向けのセッティングとしている。

 ターボGT専用装備もおごられた。価格は2725万円。

●価格:2725万円

■ポルシェ911カレラGTS(追加グレード・6月23日発売)

 ポルシェは6月23日、992型991のラインナップにGTSを追加し、同日に発表、発売した。

ポルシェ911カレラGTS(追加グレード・6月23日発売)。911ターボ由来のパーツを装備する

 新型911カレラGTSの改良は、エンジンやサスペンションなど多岐にわたる。エンジンは3L水平対向6気筒ツインターボを搭載し、パワーは480ps/58kgmへとパワーアップを果たしている。

 トランスミッションは7速MT(カレラGTSのみ)と8速PDKが用意される。

 サスペンションやブレーキは911ターボ由来のチューニングが施されており、より走りに磨きがかかっている。

●価格:1868万円~

■ジャガー XE(一部改良・5月11日発売)

 ジャガーはスポーツ・サルーン「XE」の2021年モデルを5月11日に発表し、受注受付を開始した。

ジャガー XE(一部改良・5月11日発売)。XEでは最新のPivi Proも標準装備となる

 2021年モデルでは、204ps/43.8kgmを発生させる最新型2L直4ディーゼル(マイルドハイブリッド)と2L直4ガソリンエンジンを用意。駆動方式はFRと4WDから選べる仕様となっている。

 グレードでは、よりスポーツ・サルーンらしさを際立たせた「R-DYNAMIC Black」を新たに追加。ブラックを基調とした特別装備が備わっている。

 価格は569万~742万円とされ、全9グレードの展開となる。

●価格:569万円~

■ベントレー ベンテイガS(追加モデル・5月26日発表)

 ベントレーは5月26日、スポーツSUVのベンテイガに、よりダイナミックな性能を与えた上級グレード「ベンテイガS」を発表した。

ベントレー ベンテイガS(追加モデル・5月26日発表)…Sではスポーツ性能と快適性を両立

 ベンテイガSではサスペンションなどの足回りの見直し、専用装備の追加などが行われている。

 エンジンは550ps/79.5kgmを絞り出す4L V8ツインターボを搭載し、最高速は290km/hをマーク。さらに燃費も考慮し、航続距離は654kmにも達する。

 日本での販売価格は2690万円とされ、デリバリーは2021年第1四半期の予定だ。

●価格:2690万円

■ベントレー フライングスパーハイブリッド(追加モデル・7月7日発売)

 ベントレーは7月7日、ラグジュアリーセダンのフライングスパーにハイブリッドを導入したモデルを発表した。

ベントレー フライングスパーハイブリッド(追加モデル・7月7日発売)…ハイブリッドモデルであることを示すバッジも与えられる

 パワートレーンには2.9L V6にモーターを組み合わせ、544ps/76.4kgmを発生させる。燃費性能はベントレーのラインナップ中最も優れており、700kmの走行を可能にしている。

 価格は2420万円とされ、デリバリーは2022年とされる。

●価格:2420万円

【画像ギャラリー】ガリュー350、マイバッハの画像を中心にニューモデルの画像25枚をチェック!