電動化加速で続々デビュー!! 日本で今買えるピュアEV

電動化加速で続々デビュー!! 日本で今買えるピュアEV

 温室効果ガス排出量の目標達成のために、国は2035年、東京都は2030年を目途に、乗用車の純ガソリン車&ディーゼル車の新車販売を禁止し、電動化を促進する方針を表明している。

 国産自動車メーカーも、日本国内よりも、海外市場での対応を迫られる格好となり、続々コンセプトモデルを含めて電動車を発表している。

 今回は現在日本で買えるピュアEV、そして今後登場するEVを一挙紹介していきたい。まずは、国産車編からご覧いただこう。

※本稿は2021年7月のものです
車両解説/永田恵一 文/鈴木直也 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年8月10日号

【画像ギャラリー】日本勢は大丈夫?? これから出てくる&登場が目されるEVモデルをギャラリーでチェック!


■日本車編

●トヨタ C+pod(165万~171万6000円)

 超小型モビリティ規格に合致するマイクロEV。2人乗りとなるほか、最高速も60km/hに抑えられ、スペックは12.5ps&150km。小さいながら給電も可能だが、一般販売の開始は来年以降の見込みだ。

トヨタ C+pod(165万~171万6000円)

●日産 リーフ(332万6400~499万8400円)

 量産EVの先駆車となったCセグカー。スペックは標準(バッテリー容量40kWh、150ps&322km)、e+(バッテリー容量62
kWh、217.5ps&458km)の2つで、ニスモやオーテックも設定。

日産 リーフ(332万6400~499万8400円)

●ホンダ ホンダe(451万~495万円)

 主にシティコミューターとしての使用を想定したコンパクトEV。RR構造を採用しており、ラインナップは標準(130ps&283km)、アドバンス(153.6ps&259km)の2つで、未来的なインテリアも魅力。。

ホンダ ホンダe(451万~495万円)

●マツダ MX-30 EV(451万~495万円)

 MX-30をベースにしたマツダ初のEV。LCAのベストバランスを目指し、スペックは145.5ps&256km(バッテリー容量35.5kWh)のみで、3グレードを設定。EV化によるシャープな走りも魅力だ。

マツダ MX-30 EV(451万~495万円)

●レクサス UX300e(580万~635万円)

 プレミアムコンパクトクロスオーバーのUXをベースにしたレクサス初のEV。スペックは54.4kWhのバッテリーを搭載し、204ps&367kmで、バージョンCとバージョンLを設定。

レクサス UX300e(580万~635万円)

●日産 アリア(660万~790万200円)

 今冬発売予定のDセグクロスオーバー。ラインナップはB6のFF(217.5ps&450km)、B9のFF(242ps&610km)、B6の4WD(340ps&430km)、B9の4WD(394.3ps&580km)の4つだ。

日産 アリア(660万~790万200円)

■輸入車編

 クリーンディーゼルに力を入れていた欧州メーカーだが、温室効果ガス排出量の目標達成だけでなく、欧州CAFE(企業別平均燃費基準)規制まで加わったことで、EVにシフトする動きが急加速している。

 これまではテスラの独壇場ともいえたEV市場だが、信頼性やブランド力の高さを武器に、シェア奪還に本腰を入れている。

 国産メーカーよりも選択肢が多い海外メーカーの、いま日本で購入できるピュアEVたちを紹介していきたい。

●テスラ モデルS(1069万9000~1599万9000円)

 ラージセダンのEVで、680ps&652kmのロングレンジと、1033ps&628kmのPlaidを設定。特に0-100km/h加速はどちらもスーパーカー級の速さだ。

テスラ モデルS(1069万9000~1599万9000円)

●テスラ モデル3(439万~717万3000円)

 ベンツCクラス級のEVセダンで、スタンダードプラス(リア駆動で448km)、ロングレンジAWD(580km)、パフォーマンス(AWDで567km)の3つを設定。

テスラ モデル3(439万~717万3000円)

●テスラ モデルX(1169万9000~1499万9000円)

 モデルSのクロスオーバー版的存在。航続距離はロングレンジで580km、Plaidは547kmで、モーター出力はモデルSに準じる。リアドアはガルウイングで、未来的な雰囲気と乗降性の向上を両立。

テスラ モデルX(1169万9000~1499万9000円)

●メルセデス・ベンツ EQA(640万円)

 GLAをベースにしたFFとなる小さい部類のミドルクロスオーバーで、スペックは66.5kWhのバッテリーを搭載し、190.3ps&422km。最低地上高は210mmとSUV並みに高い。

メルセデス・ベンツ EQA(640万円)

●メルセデス・ベンツ EQC(895万円)

 メルセデス初のEV。GLCベースの4WDとなるミドルクロスオーバーで、80kWhのバッテリーを搭載し、スペックは408ps&400km。なおEQAとは対照的に最低地上高は130mmと乗用車並みに低い。

メルセデス・ベンツ EQC(895万円)

●アウディ e-tron 50(933万~1108万円)

 e-tronはプラットフォームなど、ラージSUVのQ7のEV版的存在で、スペックは71kWhのバッテリーを搭載し、312.7ps&335kmとバランス型になっている。

アウディ e-tron 50(933万~1108万円)

●e-tron スポーツバック 50(1143万円)

 e-tronスポーツバックはQ7をクーペルックにしたQ8のEV版的存在で、バッテリー容量などのスペックはe-tronに準じ、グレードはSラインのみの設定となる。

e-tron スポーツバック 50(1143万円)

●BMW i3(505万~566万円)

 i3は2013年デビューと登場の早かったEVで、リアにモーターを積み、スペックは42.2kWhのバッテリーを搭載し、170ps&360km。なお、レンジエクステンダーも設定する。

BMW i3(505万~566万円)

●BMW iX(1155万~1373万円)

 iXはBMWでいえばX5級のラージSUVで、4WDとなるxDrive40と50をラインナップ。スペックは40で76.6kWhのバッテリーを搭載し、326.3ps&327~425kmだ。

BMW iX(1155万~1373万円)

●ボルボ C40(599万円)

 C40は小さめのミドルクロスオーバーであるXC40をクーペルックとした、4WDとなるEV専用車だ。スペックは78kWhのバッテリーを搭載し、航続距離420km、0-100km/h加速は4.7秒とスポーツカー並みだ。

ボルボ C40(599万円)

●DS DS3クロスバックE-TENSE(534万円)

 E-TENSEはスペシャリティなコンパクトクロスオーバーであるDS3クロスバックのEV仕様で、スペックは50kWhのバッテリーを搭載し、136ps&398km。DSらしい内外装も大きな魅力だ。

DS DS3クロスバックE-TENSE(534万円)

●プジョー e-208(396万1000~432万8000円)

 208のEV仕様で、バッテリーとモーターはDS3クロスバックE-TENSEと同じ50kWh&136psを搭載。航続距離は403kmと充分で、補助金や電気代も加味したコスパも良好だ。

プジョー e-208(396万1000~432万8000円)

●プジョー e-2008(433万2000~472万4000円)

 コンパクトクロスオーバーの2008のEV仕様で、バッテリーとモーターはe-208と共通だ。航続距離は385kmで、e-208同様にEV化により乗り心地などが重厚感あるものなのも好ましい。

プジョー e-2008(433万2000~472万4000円)

●ポルシェ タイカン(1203万~2486万円)

 テスラモデルSもライバルになるEVラージセダン。ポルシェらしい高いスポーツ性を備え、標準、4S、ターボ、ターボSの4グレードを設定。航続距離は標準で354~431kmだ。

ポルシェ タイカン(1203万~2486万円)

●ポルシェ タイカン クロスツーリスモ(1341万~2056万円)

 タイカンをスポーツワゴンとしたモデルで、ラインナップは4、4S、ターボの3つと、タイカンとは若干異なる。スペックは93.4kWhのバッテリーを搭載する4で476ps&360kmだ。

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ(1341万~2056万円)

●ジャガー I-PACE(976万~1183万円)

 EQCやアリアなどと近い車格となるミドルEVクロスオーバー。スペックは90kWhのバッテリーを搭載し、400ps&438km。標準のコイルスプリングに加え、エアサス仕様も設定される。

ジャガー I-PACE(976万~1183万円)

次ページは : 【番外コラム】鈴木直也がオススメする 今買えるEVベスト3