ド迫力の日産海外SUV軍団 ランクルのガチライバルとしてぜひ日本導入を!!

ド迫力の日産海外SUV軍団 ランクルのガチライバルとしてぜひ日本導入を!!

 日本が世界に誇る「陸の王者」ことトヨタ「ランドクルーザー(以下ランクル)」が、このほど14年ぶりのフルモデルチェンジを果たした。日本国内では現在、ライバル不在のランクル。新型ランクルは正式発売直後から受注が殺到し、納車は2年待ちといわれている。

 ランクルには以前、日産「サファリ」というライバルが存在した。ランクルがこれだけ人気があるのであれば、日産もサファリを復活させれば売れまくるのでは…? とも思えるが、サファリはいま、海外でランクルとしのぎを削っており、日本再導入のウワサは聞こえてこない。

 ほかにも日産は、海外で本格クロカンSUVをいくつかラインアップしており、オフロード性能が求められる地域を中心に販売を展開している。日本でもランクルが人気であることを踏まえると、日産のクロカンSUVだってもっと注目されてもいいのではないだろうか。そんな日産のクロカンSUVをご紹介しよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】デザインもメカニズムも最高!! 日産の海外専売の最新クロカンSUVたち


堂々とした存在感と迫力!! 中東向け「パトロール」

 日本では2007年、Y61型サファリを最後に、販売を終了している「サファリ」。しかし海外では「パトロール」という名前で、いまも販売が続けられている。

 現行モデルは、2010年に登場したY62型。中東の富裕層向けに開発されたモデルで、V6およびV8ガソリンエンジンを搭載した高級クロカンSUVとなった。5mを超す全長と2mに迫る全幅のこのクルマからは、堂々とした存在感と迫力が感じられる。

 2020年6月には新しいエクステリアデザインが与えられた新型パトロールが登場。マイナーチェンジという位置づけながら、前期型とはまるで違うフロントフェイスと最新の運転支援機能が搭載されるなど、大幅に刷新された。ブーメラン型のLEDシグネチャーランプとヘッドライト、存在感バツグンのVモーショングリル、フロントセクションとの統一感が図られたリアコンビネーションランプなど、改良モデルとは思えないほど洗練された。

 迫力と存在感、洗練されたデザインを兼ね備えたこの本格クロカンは、ランドクルーザーのライバルとして何の不足もないだろう。こんな魅力的なモデルがなぜ日本で買えないんだろうと嘆くしかない。しかもパトロールは日本で生産し、海外へ輸出されているのだ。ちなみにアラブ首長国連邦でのパトロールの価格はAED199,900〜329,000(日本円で約598〜984万円/ニスモ除く)だ。

現行型パトロール。このラグジュアリーな雰囲気と存在感はランドクルーザーにも負けていない

中東パトロールと姉妹車、北米「アルマーダ」

 アルマーダは北米市場専用のフルサイズSUVだ。2016年、2代目アルマーダとなった際に、Y62型パトロールと同じプラットフォーム、メカニズムを導入した。ちなみに、インフィニティのQX80もこの2台と姉妹車だ。

 エクステリアは、パトロールよりもオフロード感が増しているが、全車4WDではなくFRモデルも選択できる。ほぼオンロードでしか使用しない環境にもマッチする選択肢を与えられているところがアメリカらしい。

 エンジンは5.6L V8直噴ガソリンNAが搭載され、最高出力400ps/5,800rpm、最大トルクは413lb-ft(約57.1kgm)/4,000rpm、7速ATとの組み合わせだ。アルマーダの価格はUS$48,900〜68,300(日本円で約537〜750万円) 、300系ランドクルーザーとほぼ同価格帯となっている。

北米専売のアルマーダ。アメリカンなラグジュアリーセンスが散りばめられている

次ページは : 群雄割拠なカテゴリーで存在感を示す「ナバラ」

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ