2000年のWRCツール・ド・コルスでカメラマンが巻き込まれた悲劇!!

レースは危険と隣り合わせ!! それはカメラマンも例外ではない!! 〜WRCの思い出〜

 狭く曲がりくねったコースを高出力のマシンで走り抜けるラリーは危険と隣り合わせだが、それは参加する選手だけでなく、取材しているカメラマンにも当てはまる。

 三菱の世界ラリー選手権(WRC)活動の黄金時代を築いたのが、ラリー参戦用のベースモデルとして開発されたランサーエボリューションだ。そしてランエボで多くの勝利を獲得したのが、トヨタ GAZOO Racing WRTの代表も務めた名ドライバー、トミ・マキネンだ。

 今回は佐久間健カメラマンが目撃した、マキネンによる2000年のツール・ド・コルスでのアクシデントを振り返る。

文・写真/佐久間 健

【画像ギャラリー】コーナーのアウト側でのWRC観戦・撮影は厳禁!! コースアウトしたクルマが飛んでくる恐れがあります


■マキネンがコースアウト!! 撮影中のカメラマンもろとも谷底へ……

急峻な谷底から担架に乗せられたカメラマンが救出される。ここから病院へと運ぶのは……

 2000年のWRCシーズンはベース車から大幅な改造が許された「WRカー」規定が採用されていたが、三菱チームは混走が許された改造範囲の狭いグループA既定のマシンで戦う唯一のワークスだった。

 初戦のモンテカルロでトミ・マキネン(トヨタがヤリスでWRCに復帰した時のチーム代表で、現在はトヨタのモータースポーツアドバイザー)が優勝したが、その後は優勝がないまま今回のツール・ド・コルスに参戦となった。

 マキネンのチームメイトのF・ロイクスは、最初の競技区間のSS1をスタートし、200mほど走ったところでコースアウトして早々とリタイヤしてしまう。

 そんな悪い流れの中でマキネンも3日目の最初のSS13で右コーナーを曲がり切れずにコースアウト。この時コーナーのアウト側にいたカメラマンを巻き込んで谷へ落ちてしまう。

 場所は左ヘアピンを回り込んだ先の右コーナーで、カメラマンが巻き込まれたのは、写真を撮るには狭く、逃げ場のないところ。

 我々が撮影するときは原則コーナーのアウト側には立たない。特に高速になればリスクは、グンと高くなる。これに対してイン側は、スピンしたラリーカーが来ることはあるが、危険度は低い。

 驚いたのは、このあとあっという間に医療ヘリが飛んできて、ネコの額ほどの片側1車線の狭いコースに直接降りたことだった。

■スゴ腕ヘリパイロットがコース脇に着陸! カメラマンを搬送!

なんと、コース脇の僅かな隙間に着陸したヘリコプター。文字通り猫の額ほどのスペースに降りている。ラリードライバーがスゴ腕なら、それを支える救護班もまたスゴ腕だ

 確かにヘリコプターといえ、パイロットが全長全幅を把握していれば降りられるわけで、以前アクロポリスラリーでテニスコートにヘリが下りたのを見たことがあったが、コルスの時は本当にすごいと思った。

 でもこの現場、木も生えているし山側は急な崖になっているので、やはり高度な技術を持っているパイロットなんだと思った。そしてあっという間にカメラマン(命に別状はなかった)をストレッチャーに積み、ヘリは現場を去って行った。

 当のマキネンとコドラのマニセンマキは特にケガもなかったが、三菱チームはこれで全滅してしまった。

 ちなみにこの場所はSS1と同じ場所で、初日にロイクスがコースアウトした場所からコーナーで2つほど先のコーナーだった。

 またこのラリーでは、SS8でコリン・マクレーがコースアウトで頬骨を骨折するなどのケガをして病院にはこばれてしまった。

 この原因の一部として、このラリーからWRCのレッキの規定がかわり、レッキ車はノーカラーリングのグループN(安全装備と規定部品以外無改造)車両を使って2回までの規定になったことがあげられる。

 これは全車同一のハンデーではあるが、混乱をもたらしたのは間違いない。

●解説●

ドライバーのマキネン(左)とコドライバーのマニセンマキ(右)

 2000年のWRCには三菱ランエボVI、スバルインプレッサWRC、フォードフォーカスWRC、プジョー206WRCなどが参戦。セアトやシュコダ、ヒュンダイもワークス車両を送り込むなど活況を呈していた。

 トップカテゴリーはWRカー規定で争われており、ベース車両に対して4WDやターボエンジン、オーバーフェンダーなどを追加することが可能となっていた。

 しかし三菱はWRカーの投入が遅れ、改造範囲の狭いグループA既定のマシンで参戦していた。

 2000年のツール・ド・コルスは、プジョー206WRCに乗るジル・パニッツィが優勝。

 トミ・マキネンは1996年から1999年まで三菱ランエボで4年連続のチャンピオンを獲得したが、2000年以降はチャンピオンになれず、2002年にスバルへと移籍した。

【画像ギャラリー】コーナーのアウト側でのWRC観戦・撮影は厳禁!! コースアウトしたクルマが飛んでくる恐れがあります