中古になると爆安! 走行1000km以内の登録済輸入車はお得?

ほぼ新車? 中古になると爆安! 走行1000km以内の登録済輸入車はお得?

 アウトレット、訳あり、ほぼ未使用など、表現はさまざまだが「限りなく新品に近いけれど別モノ」として扱われている商品が数多く存在する。もちろん、自動車販売の世界も例外ではない。

 軽自動車などで見かける「登録済み未使用車」という表現だ。このクルマをメインに店頭にならべている専門店があるほどだ。

 それは輸入車においても例外ではない。登録済み未使用車も存在するが、その多くは「走行1000km以内の登録済車」としてディーラーおよび街中の中古車販売店の店頭に並べられていることが多い。

 実際のところ、新車とは何が違うのか? 購入する際のメリット/デメリット、オススメできる/できないユーザー像とは? を検証してみた。

文/松村透
写真/メルセデスベンツ、BMW、アウディ、VW、ボルボ

【画像ギャラリー】探せば見つかる走行1000km以内登録済車! メルセデスベンツ、BMW、アウディ、VW、ボルボ


■走行1000km以内登録済車とは?

ほぼ新車? 中古になると爆安! 走行1000km以内の登録済輸入車はお得?
走行1000km以内登録済車は、ディーラーの関係者からは「済車(ズミシャ)」と呼ばれることもあるようだ

 結論から先に述べると「新車ではない、新古車の状態」であり、個人やディーラーなどを問わず、書面上は「いちどは誰かが所有したクルマである」ことを意味する。

 ちなみに、ディーラーの関係者からは「済車(ズミシャ)」と呼ばれることもあるようだ。

 どれほどきれいな状態であってもそれは「新車同然」であり、断じて「まっさらな新車」ではない。事実、中古車として店頭に並べられるのだ。

 この点を「新車に近い状態のクルマなら程度も良さそうだし、安く買えるならお得」と考えるか「どこまでいってもいちどは他の人(あるいは会社)の誰かが所有した中古車」と解釈するかで受け止め方がまったく異なってくる。

 前者であれば購入時に選択肢のひとつに含めるべきだし、後者であれば多少無理をしてでも新車を選んだ方が精神衛生上、長く満足できるだろう。

 走行1000km以内登録済車と一括りにしているが、さらに細分化すると2つに分けられる。購入時の選択肢のひとつになるかどうか、ここを理解してから見極めてみてもいいかもしれない。

●A.登録済み未使用車:
 すでに新規登録されているけれど、実際には使用されていない状態の車両を意味する。

 前述のように新車ではないが「新車同然」の状態を維持していることが多い。そのため新規登録してから1年〜数ヶ月以内の個体が多く、オドメーターの数値もほとんどの場合は100km以内で収まっている。

 長期保管車両だとボディが汚れていることもあるが、納車前までにきれいに洗車してくれるケースがほとんどなので心配する必要はないだろう。

●B.走行1000km以内登録済車:
 新規登録から1〜2年以内であることが多い。ディーラーの元試乗車であったり、インポーターが登録した広報車や各部署で使用するために用意されたクルマがお払い箱となり、正規ディーラーに流れてくるケースだ。

 なお、一部のインポーターではカンパニーカーとして社員にあてがわれていたクルマがディーラーに流れてくるケースもあるようだ。

 その他、まれにユーザーが納車前にキャンセルした車両や、何らかの理由で納車後短期間で返却(実際には買い取り)となった車両が含まれている場合もある。

 「A.登録済み未使用車」と比較した際、多少の使用感(ボディの磨き傷や内装のスレ、シートのしわなど)があるのは否めない。

■登録済み未使用車および走行1000km以内登録済車が生まれる背景とは?

ほぼ新車? 中古になると爆安! 走行1000km以内の登録済輸入車はお得?
訳ありであることは確かだが、その存在理由をきちんと確かめてから選択肢としてアリorナシかを判断してもいい

 多くの場合、各正規ディーラーはもちろんのこと、各インポーターにも年間販売計画がある。その計画どおりにクルマが売れるのであれば問題はないのだが、なかなか予定どおりにいかないのが世の常だ。

 しかし、年間販売計画の数字(いわゆるノルマだ)をクリアしなければならず、しかも船便等で海外から生産されたクルマが次々と日本に送られてくる。そして、車両保管場所のスペースにも限界がある。

 こうして余剰となったクルマがインポーターやディーラーを介して新規登録され、認定中古車センターなどの店頭に「登録済み未使用車として並べられるのだ。

 走行1000km以内登録済車の多くがディーラーの元試乗車であることは先に述べたとおりだ。新規登録から半年を過ぎたあたりから試乗車としての役割を終えて、「走行1000km以内の登録済車」として主に認定中古車センターの店頭に並べられる。

 出自が元試乗車であれば、短期間のうちに多くの人が乗り降りするので使用感があるのは当然だ。このあたりは店頭やカーセンサー.netやgooなどに掲載される際「元試乗車」「元デモカー」などと記載されていることが多いので、事前に確認できるケースが多いのでチェックしておきたいポイントだ。

 とはいえ「実際はどうなの? 」という疑惑の念を払拭できないユーザーがいても不思議ではない。

 なにしろ新車同然のクルマが、新車よりも数十万円〜時には100万円以上も割安で購入できるのだから「何かウラがあるんじゃないの? 」と考えたく気持ちも理解できる。

次ページは : ■登録済み未使用車および走行1000km以内登録済車メリット/デメリットとは?