「鉄仮面」こと2000ターボRSはなぜ流行ったのか!?その栄光を振り返る!!


 日産の偉大なGTカー、スカイラインの歴代モデルの中でも、「鉄仮面」と呼ばれた6代目R30型スカイラインの後期モデルは、強烈な存在感を残したモデルだった。現在40~50代のクルマ好きにとっては、もはや説明不要の伝説の名車と言っていいだろう。現在でも愛好家の多い、このモデルの人気の秘密を探っていこう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】「史上最強」といわれた、6代目(R30型)スカイラインの人気の秘密を紐解く


ほろ苦いデビューだった、R30型スカイライン

 1981年8月に登場となった、6代目となるR30型スカイライン。キャッチコピーは「新しい愛のスカイライン」。これは3代目スカイライン(通称:ハコスカ)の「愛のスカイライン」から、新世代に切り替わったことをアピールするものであり、プレステージ性を高めた内外装デザインとその動力性能に注目が集まった。アメリカの人気俳優であり、プロレーサーでもあったポール・ニューマン氏をCMに起用したことも、日産の本気が伝わってくるものであった。

日産ファンを歓喜させた2000RS。「4VALVE」の文字が静かにライバルを牽制する

 しかしながら、ライバルのセリカがDOHCエンジンを搭載していたのに対し、R30型スカイラインは当初、年々厳しくなる排ガス規制の影響でDOHCエンジンが搭載できず、大きく遅れをとったデビューだった。

 ところがそのわずか2ヶ月後の10月、日産としては8年ぶりとなるDOHCユニット搭載の「2000RS」を追加発表、走りのスカイラインを待ち望む日産ファンを歓喜させる。2000RS は、2.0L 直列4気筒16バルブ(1気筒あたり4バルブ)のDOHCエンジン「FJ20E型」(最高出力150ps/6,000rpm、最大トルク18.5kgm/4,800rpm)を搭載。セリカが2バルブDOHCであることを挑発する「4バルブなしにDOHCは語れない」というキャッチコピーは大きな話題となった。

「2000ターボRS」登場でGTカーとしての地位を確固たるものに

 R30型スカイラインはレースに復帰を果たしたことでも注目を集める。1982年、2000RSのイメージを持つボディに、モータースポーツ専用のLZ20B型ターボエンジンを搭載した、なんと570ps以上のモンスターマシン「スカイライン スーパーシルエット」が登場。2000RSのイメージカラーでもある赤と黒のツートーンカラーでサーキットを激走する姿でファンを虜にした。

 このマシンはミニカーで有名なブランドの名称と合わせて「トミカスカイライン」と呼ばれ、シルエットフォーミュラの代名詞ともなった。市販車の面影を残すド派手な姿に、子供も大人も熱狂した。

スカイライン スーパーシルエット。「トミカスカイライン」と呼ばれ、シルエットフォーミュラの代名詞となった

 市販モデルの方はといえば、1983年に日本初の4バルブDOHC+ターボエンジンである「FJ20ET」型(最高出力190ps/6,400rpm、最大トルク23.0kgm/4,800rpm)を搭載したグレード「2000ターボRS」が登場。歴代のスカイラインの中で最高出力のユニットであったことから「史上最強のスカイライン」というキャッチコピーが与えられ、これによって、GTカーとしてのスカイラインの地位は確固たるものとなった。

 そして同年8月、マイナーチェンジが実施され、R30型は冒頭で紹介した後期型に。グリルレスに薄型のヘッドライトという大胆なデザイン変更が行われ、その独特のフロントマスクから「鉄仮面」と呼ばれた。翌年2月にはFJ20ETエンジンにインタークーラーが装着され、最高出力は205ps/6,400rpm、最大トルクは25.0kgm/4,400rpmにまで引き上げられた。

 このタイミングで、8ウェイ電動マルチバケットシート、パワーステアリング、パワーウインドウ、カセット付きラジオといった豪華装備の最上級グレード「ターボインタークーラーRS・X」が設定された。インタークーラーの有無はフロントエプロンの左側にインタークーラー冷却用の開口部があるかないかで見分けられる。

グリルレスに薄型ヘッドライトの「鉄仮面」。豪華仕様の「ターボインタークーラーRS・X」も設定された

次ページは : 厳しい排ガス規制の中、ファンの要望にバシッと応えた

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ