「臭い」を「香り」へ!? 発想の転換でイメージアップを果たした特装車たち

「隠す」から「魅せる」へ!? 「臭い」を「香り」へ!? 発想の転換でイメージアップを果たした特装車たち

 塵芥車とバキュームカー(衛生車とも呼ばれる)は、ともに家庭や事業所などから排出されるゴミや排泄物を処理場に運搬するクルマ。我々の生活になくてはならない存在だが、その特性上、どうしても汚い、臭いといったネガティブなイメージが付きまとう。

 塵芥車やバキュームカーの汚れや、臭いは、作業従事者はもとより、近隣住民の負担にもなる。そこでメーカーもいろいろ考えました。

 というわけで今回は、架装メーカーが塵芥車やバキュームカーのネガティブなイメージを払拭するべく発想の転換で開発した3つのアイデア製品を紹介します。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】漂う良い香りに振り返る日が来るかも!? 塵芥車&衛生車のネガティブイメージを払拭するアイデア製品!!


■「覆い隠す」から「魅せる」のイメージに発想転換 モリタエコノスのエコパネル式バキュームカー「EP-2」

モリタエコノスのエコパネル式バキュームカー「EP-2」。サイドパネルは跳ね上げて開閉することが可能だ

 モリタエコノスは消防はしご車で有名なモリタグループの特装車メーカー。塵芥車、強力吸引車、高圧洗浄車など環境保全を行なう特装車を幅広くラインナップしており、バキュームカーでは国内トップシェアを誇る。

 同社が2010年に発売したエコパネル式バキュームカー「EP-2」は、バキュームカーの楕円形タンクを四角いパネルボディで囲い、そのイメージを一新した画期的な車両だ。

 もともと同社では、「エコパネル車」や「アルミパネル車」といった、パネル式のバキュームカーを製造していたが、EP-2はこれら従来車両のタンクを「覆い隠す」イメージから脱却。新たに「魅せる」イメージを表現するという発想転換を行なっている。

フェンダー~リアバンパーが一体となったEP-2のアンダーパネル。エコパネルとともにスタイリッシュなデザインをもたらす

 具体的には、従来車両がフラットパネルで楕円形タンクを覆っていたのに対し、EP-2は丸みを持たせた有機的なデザインのパネルを採用。サイドバンパー~リアバンパーを一体化したアンダーパネルとともにスタイリッシュなデザインをもたらす。

 作業性にも配慮し、後部に操作パネル、LED作業看板、ホースなどを集中配置。サイドパネルとサイドバンパーは跳ね上げ式とし、メンテナンス性も良好だ。

 ちなみにEP-2のロゴは食部の新芽をモチーフに、ピュアでバイタリティあふれるイメージを表現したもの。約20種類の基本デザインが用意されており、色・字体などをユーザーの好みでアレンジすることも可能だ。

■バキュームカーの糞便臭が甘い香りに変化!? 東邦車輌の「デオマジックVC1オイル」

東邦車輛がシキボウ、凸版印刷、山本香料と共同開発した「デオマジックVC1オイル」。バキュームカーの真空ポンプ用潤滑油に使用することで、糞便臭を甘い香りに変化させる

 東邦車輛は新明和工業グループの特装車メーカー。主力製品はトレーラだが、タンクローリ、バキュームカー、吸引車などの特装車も幅広くラインナップしており、バキュームカーでは「吸の東邦」を謳う。

 同社が2016年にシキボウ、凸版印刷、山本香料と共同開発した「デオマジックVC1オイル」は、バキュームカーの糞便臭を甘い香りに変えることができるという画期的な潤滑油だ。

 ベースとなっているのは、シキボウと山本香料が2011年に開発した消臭技術「デオマジック」。同製品は、本来香水など芳香品に少量含まれる不快臭を発する成分をなくしておき、糞便臭を加えることで本来の甘い匂いが出せるようにしたもので、畜産業界向けに実用化されていた。

東邦車輛はトレーラを主力とするが、バキュームカーや吸引車といった特装車も得意とし「吸の東邦」を謳う。写真は同社バキュームカー製品のイメージ

 これをバキュームカーの臭気対策に活用したのがデオマジックVC1オイルだ。使い方は簡単で、バキュームカーの真空ポンプの潤滑油を同製品に入れ替えるだけ。あとは真空ポンプや配管を通じてデオマジックがバキュームカー内を循環し、不快な臭いを甘い香りに変化させてくれる。

 その実力は、全国のバキュームカーユーザー数10社のモニター試験でほぼすべての事業者が「排気から糞便臭を感じなくなった」と回答していることからも、かなりのものと思われる。ポンプオイルを定期的に交換するだけで効果が得られる手軽さも魅力といえそうだ。

次ページは : ■塵芥車の生ゴミ臭がフルーティな香りに変化! 新明和工業の「デオマジック 香り de まじっく」