次期プリウス、次期クラウン、次期スカイライン…最新開発情報

どうなる? プリウス クラウン スカイライン 大ベストセラーモデルたちの行方

 プリウス、マツダ6、インプレッサ。いずれも各メーカーたちの誇るベストセラーモデル、フラッグシップたちだ。これらの次期型はどうなるのか? ベストカーでは見過ごせない情報を多数つかんできた。

 先行きの不透明感が増す一方の印象を抱くクラウン・スカイラインの今後についてもお伝えする。

●ラインナップ
・トヨタ 新型プリウス(2022年12月登場予定)
・マツダ 新型マツダ6(2022年春登場予定)
・スバル 新型インプレッサ(2022年11月登場予定)
・トヨタ 新型クラウン
・日産 新型スカイライン

※本稿は2021年8月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】デザインはどうなる? 現行型と予想CGをギャラリーでチェック!


■トヨタ 新型プリウス(2022年12月登場予定)

 ハイブリッドのトヨタ……。それを浸透させたのは間違いなくプリウスだ。初代から3代目までで圧倒的な“ハイブリッド王国”を築いたプリウス、その次期モデルとなる5代目は来年12月の登場となるという情報を入手。

 ここまで「ハイブリッド」の文字が躍るが、5代目プリウスには衝撃の事実があることも判明! それは「水素を燃料とした内燃機関」を採用することだ。

『ベストカー』本誌での既報やテレビCMなどでも「カローラスポーツをベースにした、水素燃料の内燃機関エンジン搭載車」で豊田章男社長自らがサーキット走行するシーンが流れているが、そのパワートレーンと同様のものが5代目プリウスに載せられるという。

2022年12月の登場時は1.8Lのハイブリッドシステムだが、マイチェンで水素化の計画もある!?(画像はベストカー編集部による予想CG) 

 2022年12月登場時は、現行型同様の1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムで、PHEVの設定もあるが、これだけでは「新しさ」がない。

 それを満たすために水素燃焼エンジン搭載のプリウスが誕生するというわけだ。

 実用化には最低でも3年ほど必要ということで、この5代目のマイチェンに合わせて追加投入する計画という。

スクープ班がつかんだ情報による、5代目プリウスのエクステリアデザインの最終確定版。斬新なリアデザインが印象深い(画像はベストカー編集部による予想CG)

 ご覧のようにデザインも一新される新世代プリウス。2025年頃登場予定の水素燃焼エンジンが本命といえそうだが、ハイブリッド車も期待大だ。

■マツダ 新型マツダ6(2022年春登場予定)

 マツダは2030年に向けての商品戦略を発表しており、内燃機関+電動化技術(HEV、PHEV、レンジエクステンダーEV)という計画。

 それを基盤としつつ直6+FRプラットフォームが公開され、来年春登場のマツダ6がその第一弾となることが有力。

 3LのSKYACTIV-Gに48VマイルドハイブリッドとPHEVが組み合わされ、生まれ変わった走りの質感を体感できるはずだ。

マツダ6。既存の概念を覆し、伸びやかなフラッグシッププレミアムサルーンとして生まれ変わる(画像はベストカー編集部による予想CG)
リアスタイルにはハッとさせられる(画像はベストカー編集部による予想CG)

次ページは : ■スバル 新型インプレッサ(2022年11月登場予定)