カローラツーリングがコスパ最強なモデルである理由とは!?

カローラツーリングがコスパ最強なモデルである理由とは!?

 売れゆき好調なカローラシリーズは、9月14日発売のSUV、カローラクロスが加わると月販トップも狙えそうだが、現状カローラシリーズ販売好調の中心になっているのがワゴンのカローラツーリング。

 カローラはセダンから価格が抑えられていて、さらにツーリングはセダンの5万円高(グレードで異なる)と割安な設定だ。最上級グレード(FF)で279万9500円という価格もCセグとしてはかなり安い。そんなカローラツーリングのコスパのよさと実力を解説しよう。

文/渡辺陽一郎
写真/池之平昌信、トヨタ

【画像ギャラリー】本稿に載せきれなかった分のカローラシリーズを画像でチェック!


■ツーリングはカローラ全体の4割以上を占める!

 SUVのカローラクロスが投入されたことからもわかるとおり、「カローラ」は日本国内でも複数のボディを用意して、コンパクトな車種のシリーズを構成している。カローラクロスはこれから売れゆきを伸ばしそうだが、従来のカローラでは、ワゴンのカローラツーリングが一番の人気車種だ。

3ナンバー車についてはツーリング(写真手前)の人気が圧倒的。カローラシリーズ全体の43%に達するという

 そこでカローラクロスが登場するまでの2021年におけるカローラシリーズの国内販売内訳を見ると、以下のようになる。

・カローラツーリング:43%
・カローラセダン:18%
・カローラスポーツ:15%
・カローラフィールダー(継続生産のワゴン):15%
・カローラアクシオ(継続生産のセダン):9%

 上記の内訳を見ると、継続生産されるワゴンのフィールダーとセダンのアクシオを合計すれば、カローラシリーズ全体の24%を占める。法人ユーザーを中心に、5ナンバーサイズの人気も根強い。

 3ナンバー車については、前述のとおりツーリングの人気が圧倒的だ。カローラシリーズ全体の43%に達する。カローラツーリングは、2021年1~8月の1カ月平均で約3700台を登録したから、レヴォーグの約2700台を上回って国内の最多販売ワゴンとなる。

ワゴンボディでは国内最多販売台数。フロントマスクやインパネ周辺の作りも、価格のわりに上質だという

 カローラツーリングの販売実績は、国内販売の中堅から上位に入り、プリウスなどと同等だ。ワゴンというカテゴリーは、セダンと同じく売れゆきを下げたが、カローラツーリングは堅調に推移している。そのためにカローラシリーズを支える存在になった。そこでカローラツーリングが人気を高めた理由を改めて考えてみたい。

■カローラツーリングのメリット

 カローラツーリングのメリットとして、筆頭に挙げられるのは、日本向けに開発されたコンパクトなボディだ。カローラツーリングは、継続生産されるカローラフィールダーに比べると大柄で、3ナンバー車になるが、それでも全長は4495mm、全幅は1745mmに収まる。レヴォーグの4755mm×1795mmに比べるとコンパクトだ。

 最小回転半径もレヴォーグは5.5mだが、カローラツーリングは5.0~5.3mだから小回りの利きもいい。つまりカローラツーリングは、3ナンバー車になった今でも、運転しやすいワゴンに位置付けられる。

旋回半径は5.3m以下で、クラス内でも比較的小回りが効く方だ。運転しやすさを感じる一因となっている

 価格が割安なことも特徴だ。パワーユニットは、1.2Lターボ、1.8LNA、1.8Lハイブリッドの3種類を用意する。このうち、1.8Lノーマルエンジンの2ZR-FAE型は、2009年に登場した2代目ウィッシュなどを含めて幅広い車種に搭載されてきた。いわばコスト低減の進んだエンジンだから、カローラツーリングも価格を安く抑えている。

 1.8Lノーマルエンジンを搭載するカローラツーリングSは、衝突被害軽減ブレーキ、全車速追従型クルーズコントロールなどの運転支援機能、サイド&カーテンエアバッグ、ディスプレイオーディオ、16インチアルミホイールなどを標準装着して、価格は221万6500円だ。

 同じ価格帯の車種を見ると、インプレッサスポーツ2WD·2.0i-Lアイサイトは224万4000円だが、ヘッドランプはハロゲンになり、ディスプレイオーディオなども採用されない。インプレッサスポーツも買い得な5ドアハッチバックだが、カローラツーリングはさらに割安だ。

次ページは : ■ワゴンボディの魅力