ワゴンR ムーヴ … 群雄割拠の時代 頭ひとつ抜ける新型軽はどれだ!?

群雄割拠の時代で一番魅力な軽はどれだ!?

 実用性と手軽に運転できる楽しさから人気が集中、ニューモデルも投入され激戦が繰り広げられている軽自動車。

 そんな軽にも来年以降、徐々にハイブリッドが搭載されることが予想され、より魅力的な軽自動車が登場すること、必至である。

 ここでは2022年以降の軽の最新情報に注目してみたい。

※本稿は2021年8月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】こっちも気になる!? 先日発表されたスズキの「ワゴンRスマイル」をギャラリーでチェック!


■スズキ 新型ワゴンR(2021年12月登場予定)

 現在一部改良を重ねながら6代目の現行ワゴンRが販売されている。多くのユーザーに今なお愛され続けている人気モデルだが、そのワゴンRも新型の代替わりが今年12月に控えている。

 7代目になる新型ワゴンRでは、現行モデルでも採用されているプラットフォームHEARTECTがさらにブラッシュアップされ、乗り心地がより上質に、ハンドリングの質もさらに高次元の仕上がりとなる。

7代目ワゴンRでは各部に改良を施しハンドリングの質をより高めたHEARTECTを採用。乗り心地にも磨きがかかる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 エンジンは急速燃焼、クールドEGRなどの新技術を盛り込んだR06D型直列3気筒エンジンが搭載されるが、そのままキャリーオーバーするのではなく、さらに性能を底上げされたものが搭載される。マイルドハイブリッドも同様である。

 エクステリアは大幅に変更させ、スティングレーの設定は7代目でも継続の見通しだ。

■ダイハツ 新型ムーヴ(2022年2月登場予定)

 スズキでは7代目ワゴンRの登場が控えているが、そんなワゴンR最大のライバルであるダイハツムーヴもそれを迎え撃つべく新型の開発が着々と進んでいるところだ。

 新型ムーヴではダイハツが総力をあげて開発したプラットフォーム、DNGAを採用。居住性などを損なわずにハンドリングの質も向上させる。

将来的にはハイブリッドモデルも追加されるといわれているが、果たして!?(画像はベストカー編集部による予想CG)

 搭載されるエンジンは660cc直3でNAとターボ両方を設定する。

 さらに電動パーキングの採用、全車速対応最新型ACCも載るとされる。発売は来年2月と予想。発売が待ち遠しい!

次ページは : ■ダイハツ ジムニー対抗SUV(2022年10月登場予定)