楽しい! 早い!! 手頃!! 超お買い得ノートオーラNISMOにぜひ欲しい「あとひとつ」の装備

楽しい! 早い!! 手頃!! 超お買い得ノートオーラNISMOにぜひ欲しい「あとひとつ」の装備

 2021年8月に発表となり、今秋の発売が予定されている、日産「ノートオーラNISMO」。新世代のNISMOデザインに、次世代e-POWERのシームレスで強い加速力と、それに呼応するシャープで強烈なハンドリングをもつノートオーラNISMOは、クルマ好きを唸らせる、極上なホットハッチに仕上がっている。

 しかし、いいモデルだからこそ、あとひとつ、どうしても追加してほしいアイテムがある。それは…。

文:吉川賢一
写真: NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新進気鋭のコンパクトハッチ!!  日産「ノートオーラNISMO」の公開されている画像全17枚


「走る楽しさ」を狙ったコンプリートカー

 ノートオーラNISMOは、純粋に「走る楽しさ」を狙ったコンプリートカーだ。ノートオーラをベースとして、NISMOのレーシングマシンを思わせる、ド派手なエアロパーツの数々で武装し、低重心かつワイドアンドローなフォルムとしている。

 先代のノートe-POWER NISMOを上回る、ド派手な空力アイテムは、デザイン的にも、このクルマを所有することの満足感を得ることができ、ポイントが高い。

ノートオーラNISMO  4125×1735×1505(全長×全幅×全高)mm、ホイールベース2600mm、車両重量1270kg、FF、車両本体価格は税込286万9900円からとなる

 また、フロントオーバーハングやリヤオーバーハングの延長、サスペンションのローダウン、リヤスポイラー形状の最適化など、車両全体で、ダウンフォースを増大させている。タイヤは、超ハイグリップなミシュラン製パイロットスポーツ4(サイズは205/50R17)を装着。

205/50R17のタイヤホイールを装着。ノートオーラからリム幅を0.5インチ増加させ、7.0Jのツートーン鍛造アルミホイールとした。タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4。強烈なグリップを誇るスポーツタイヤだ

 パワートレインは、ベースとなるノートオーラと同じ、モーター最高出力100kW[136ps]/3183-8500rpm、最大トルク300Nm/0-3183rpmのe-POWERシステムだが、味付けが大きく変えられており、ノートオーラのSPORTモードがNISMOのECOモード相当になるよう調節したうえで、NISMOモードを新設。力強く伸びのある加速感を味わえるようにした。

 この「NISMOモード」が、パンチが効いていて実に面白い。遅れがなく強い加速はじわっと手汗が出るほどだった。ハイグリップタイヤも効果抜群で、1200kg少々という軽量ボディもあって、ステアリングのレスポンス、限界ともに、めちゃくちゃ良い。

 といったように、ノートオーラNISMOは、今のままでも十分、走行性能のポテンシャルが高い。しかし、冒頭で触れたように、いいモデルだからこそ、あとひとつどうしても欲しいアイテムがある。

 ノートとノートオーラにはFFに加えて4WDがあるが、NISMOにはFFのみ。そう、ノートオーラNISMOにどうしても欲しいのは4WD、それも、ノートやノートオーラに搭載されている「e-POWER 4WD」システムだ。

フロントバンパー下のスプリッターは、フォーミュラEのレースカーに似たデザインが施されている
リアバンパー下はデフューザー形状としており、床下を通ってきた空気が、後方で発生する渦を車両から遠ざけ、ダウンフォースを生み出している

3.0L V6並みの最大トルクを発生する「e-POWER 4WD」

 「e-POWER 4WD」は、前後輪を強力なモーターで駆動する電動4WDだ。コンパクトカーの4WDは生活4WD(=雪国で発進時だけに使うような弱い出力)程度である場合も多いが、e-POWER 4WDはその範疇には収まらない、高いポテンシャルをもっている。

 e-POWER 4WDは、リア車軸に最高出力50kW/最大トルク100Nmのモーターを搭載している。これは、先代であるE12ノート4WDのリアモーター出力(3.5kW)と比較すると、なんと14倍もの容量だ。

 ちなみに、ヤリスHYBRIDの4WD、E-Fourの後輪用モーターは、最高出力3.9kW(5.3ps)/最大トルク52Nm程度。フィットe:HEVはプロペラシャフトを備えた4WDだ(リアにモーターを持たない)。

 現行ノートe-POWERの4WDの場合、フロントモーターの出力と合わせれば135kW級(最大出力は184ps)、最大トルクは380Nmにもなる。車重1340kg(FFは1220kgなのでプラス120kg)に、3.0L V6並みの最大トルクを発生するモーターを備えることを考えれば、相当に痛快な走りができることは、みなさんも想像がつくだろう。

後輪用モーターのサイズアップによって、車両後部のフロアレイアウトが相当難しかったそうだ。だがその分、e-POWER 4WDのパフォーマンスは大いに期待できる

次ページは : ノート勢には出力を絞って搭載