マツダロータリーの灯は消えず!! FD型RX-7オーナー、渡辺敏史がロータリー工房を訪問!


 マツダが今、「CLASSIC MAZDA」として初代ロードスターのレストアとFC型&FD型RX-7の復刻パーツを供給する取り組みを行っている。そこで、実際にFDオーナーとしてその取り組みに対する思い、そして実際にロータリー再生工場の現場を見学してどう思ったか、さらに今後マツダからロータリーの復活は果たしてあるのかどうか、についてFD型RX-7を今なお所有する自動車ライター、渡辺敏史が思いの丈を吐露する。

文/渡辺敏史写真/ベストカー編集部、マツダ、渡辺敏史

【画像ギャラリー】ロータリーの灯は絶対に消さない!マツダの意地と熱き想いを知る!!


■現在もマツダから「ロータリー」の火は消えていなかった!

 マツダが1991年に日本メーカーとして初のル・マン総合優勝を勝ち取ってから、今年でちょうど30年。目を瞑れば、787Bが搭載するロータリーユニット、R26Bから放たれる生き物がかったあのハイトーンサウンドが蘇る……という方もいらっしゃることだろう。

 その年、91年に発売されたFD3S型RX−7は02年に販売終了。そして03年、その後を受け継ぐように発売されたSE3P型RX−8は12年に販売終了……と、それ以降、マツダのラインナップにロータリーユニットを搭載するクルマはない。

ロータリーエンジンの市販車が途絶えておよそ10年となる。市場には現役のロータリーエンジン車が相当数存在しており、その交換用ベアエンジンを製造するのが「クラシックマツダ」部門だ

 が、その間も、というか今この時も、マツダではロータリーの火は消えていない。そんな話がマツダのWebサイトにあがったのはこの6月の話だ。NA型ロードスターやFC&FD型RX−7の部品復刻、そしてNA6C初代ユーノスロードスターのレストアサービスなどを手がけるクラシックマツダ部門が作ったそのページには、今も生産を続けるロータリーエンジンの部品、そしてベアエンジンの組み上げの様子が記されていた。

「クラシックマツダ部門」はマツダ本社工場の一角にあった

 その現場を取材すべく段取りを組み、マツダの広島本社を訪れると、受付を通り抜けてその奥に広がる本社工場の一角に招かれた。感覚的には9階建ての本社ビルと目と鼻の先にある発動機A号棟は1934年から操業を開始、戦中〜戦後を通してマツダの悲喜こもごもを見つめてきたここは、広島にとっても特別な場所であるだろう。

マツダクラシック部門取材のため、今回FD型RX-7のオーナーでもあるライターの渡辺氏がマツダ本社を訪問。マツダのロータリーへの想いを、とことん見て聞いて体感した!!

 かつてのロータリーエンジン生産拠点だった宇品工場から移ってきたこの場所に収まる工機類は、生産最盛期の73年前後に導入されたものだ。察しのいい方であれば、その直後にオイルショックや環境性能強化などの大波が自動車業界に襲いかかったのはおわかりだろう。小型軽量にして高性能を引き出せるロータリーへのシフトを狙っての拡大投資が、その後のマツダの経営に大きな足枷となったのもご存じのとおりだ。

ロータリーユニットを小規模ながら生産継続するということは、特殊な工機類のこまめなメンテナンスにもつながり、ロータリーエンジン継承の意味でも非常に重要な意味を持つ

 年季の入ったこの工機類を今もこまめにメンテナンスしながら補修用部品を生産し続ける、その最大の理由は、工機メーカーにとってもマツダにとっても、唯一無二であるロータリーに対しての投資は負荷が大きすぎるということだろう。

 でも結果的に、手練れの工員が毎朝ごとに微細に点検、調律しながら動かすこの工機が生み出す部品の質が、最新の工機がプログラムに準じて生み出すそれよりもむしろ優れているのではないだろうか。そう見えてしまうのは個人的にかれこれ20年以上ロータリーを所有するがゆえの贔屓目かもしれない。

次ページは : ■現在は年間200基前後のエンジンを3人のエキスパートによって組み上げている

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ