「RX-7」復活への序章か? マツダの特許に「シーケンシャルターボ」の文字が!!

近年はすっかりSKYACTIVのイメージがついたマツダ。ディーゼルエンジンのイメージもすっかり定着しているが、やっぱりマツダといえばロータリーでしょ!! というクルマ好きは数知れず。そんなマツダのロータリー開発が順調なようで、国内外の特許では「ロータリー」と「シーケンシャルターボ」の文字が見え始めた。そうなったらRX-7復活か、なんて思いたくもなるのがクルマ好きってもん。そこでメカ好きな鈴木直也氏に聞いてみました。出るんですか、ロータリースポーツ?

文:鈴木直也/写真:マツダ、ベストカー編集部


■マツダはターボ好き!! 特許もターボ関連が多数

 ミスター・スカイアクティブの人見光夫さん(常務執行役員・シニア技術開発フェロー)は、いわゆるダウンサイズターボに否定的。ご本人は「シリンダー数を減らさず、ただ排気量を小さくしただけのターボじゃ、実用域の効率は上がらなと言ってるだけです」と否定するが、それでも「マツダはターボあんまり好きじゃないみたいネ」という印象は残る。
 
 ところが、特許の出願などをみてみると、意外やマツダは新しいターボ技術の開発に熱心。最近もターボ周辺の新しい断熱構造の特許<A>や、新しいシーケンシャルターボの特許<B>、あるいは電動スーパーチャージャーと組み合わせたトリプルチャージャーの特許<C>などが話題になっている。
 
 このうち、<A>と<B>はスカイアクティブ・ディーゼル用と思われる。マツダは新しいCX-8で2.2LスカイアクティブDをマイナーチェンジし、シーケンシャルツインターボのうち大きい方のタービンを可変ジオメトリー化した。これには「シーケンシャルツインで、なおかつ可変とはスゴイ!」と驚いたのだが、最近のターボ技術は急激に進化していて、BMWなどは直6ガソリンでシーケンシャルツイン×2のクアッドターボを開発中らしい。

CX-8の2.2Lディーゼルエンジン。何気ないようで実はすごいテクノロジー
CX-8の2.2Lディーゼルエンジン。何気ないようで実はすごいテクノロジー
 つまり、量産ディーゼルとしてはマツダはターボ技術の最先端をいっているし、今後の発展についても着実に特許を押さえている、そう評価できるわけだ。いっぽう、クルマ好きにとってより注目されるのは<C>のトリプルチャージャーだろう。これは明らかにFR用の縦置きユニットを前提としたレイアウトで、東京モーターショーに展示された“VISION COUPE”に搭載される新エンジンでは?と、ホットな論争を巻き起こしている。

マツダはロータリーとうワードをVISION COUPEには使わなかったが、ターボの存在を匂わせているのか!?
マツダはロータリーというワードをVISION COUPEには使わなかったが、ターボの存在を匂わせているのか!?
 ターボの初期ラグをカバーするにはシーケンシャル化などさまざまな技術があるが、最近は電動スーパーチャージャーを組み合わせるのが流行り。アウディやボルボはすでに量産化しているし、メルセデスの新いい直6もこの技術を搭載する。とりわけ、48Vハイブリッドと組み合わせるとより強力なモーターが使えて効果的なので、それが一般化するとさらに採用車が増えそう。マツダも当然ながら48Vハイブリッド前提の技術と思われる。

■ロータリー復活があるとすれば……!?

 いずれにしても、今後マツダがさらに価格ゾーンの高いプレミアムカー市場に進出するには、プレステージ性の高いモアパワーなエンジンが不可欠。それを今のマツダのエンジンラインナップで実現するには、高性能な過給エンジンを開発するより他に方法はない。現状でも北米向けCX-9には2.5Lターボが搭載されているが、より本格的なハイテク高性能ターボの開発が水面下で進んでいても、ちっとも不思議じゃないのである。
 
 こういう現実的な話とは別に、マツダの魂ともいえるロータリーターボの復活もありえる!という根強い噂もある。環境と燃費に厳しい昨今の社会情勢を考えると、正直これはまだファンの願望の域を出ていないと思うが、2年前の東京モーターショーに出品された“RX-VISION”みたいなコンセプトカーを見せられると、すわ「ロータリースポーツカーがRX-9として復活か?」と夢を見てしまう。
 
 ちょっと前の出願になるが、ターボをエンジンの上にマウントした新しいロータリーエンジンの特許も公開されていて、これは明らかにエンジン搭載位置を下げることを主眼とした、スポーツカー向けのレイアウト。「これなら、あの低い”RX-VISION”のボンネットにぴったり収まるじゃん!」と、どんどん妄想がふくらんでしまうわけだ。

見よ、この低さを!! これならばRX-VISIONにも積載できる!! ちなみにこの特許は2014年に申請されており、ロータリー研究が続いている証でもある
見よ、このエンジン全高の低さを!! これならばRX-VISIONにも積載できる!! ちなみにこの特許は2014年に申請されており、ロータリー研究が続いている証でもある
 個人的には、スポーツカー用としてロータリーエンジンを復活させるには、超高性能な少量生産車(たとえば、4ローター600psとか)でないと難しいと思っているのだが、それでもやっぱり「もしかしたら…」と期待しちゃうよね。
 
 マツダの偉い人と話をしてみると「マツダの魂として、なんらかのかたちでロータリーエンジンは存続させたい。でも、事業としての採算性を考えると、ことはそう簡単じゃない。レンジエクステンダー用としてまったく新しいエンジンを起こしたのも、あらゆる可能性を探るという意味がある」というお言葉。軽々しく「ロータリースポーツカー復活!」とは言えないお家の事情があるようだ。
 
 最近はインターネットのおかげで特許データに簡単にアクセスできて面白いのだが、そこであらためて気づくのは「大半の特許は製品化されることなく消えてゆく」という事実。ロータリーターボの特許、できればなんとか製品化して世に出てきてほしいものであります。
 
(マツダ新型ロータリーの関連記事はこちらから)
またRX-7のようなロータリースポーツの復活を夢見てしまうのがクルマ好きの性だ
またRX-7のようなロータリースポーツの復活を夢見てしまうのがクルマ好きの性だ

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ