生き延びるカローラアクシオ/フィールダーと新生カローラクロス、日本人にとっての「カローラ」の意味

生き延びるカローラアクシオ/フィールダーと新生カローラクロス、日本人にとっての「カローラ」の意味

 グレード体系を縮小した継続生産の形だったこともあり、「そろそろ絶版では? 」と言われていた5ナンバーサイズのセダン&ステーションワゴンのカローラアクシオ&カローラフィールダーながら、9月6日に一部改良で自動ブレーキの昼間の歩行者対応機能とオートライトの追加という安全装備の強化が行われた。

 さらに、9月14日にはカローラファミリーとしては初のSUVとなるカローラクロスが加わり、すでに人気車となっているなど、にわかにカローラにまつわる動きが活発になっているように感じる。

 という背景もあり、ここでは運転歴23年間で20台近く乗った愛車のなかにカローラファミリーが2台ある筆者が、カローラの系譜を大雑把に振り返り、その存在意義を考えてみた。

文/永田恵一写真/トヨタ、池之平昌信

【画像ギャラリー】1966年の初代から最新カローラクロスまで、歴史のターニングポイントになったクルマを写真でチェック!!


■そもそものカローラの系譜を辿る

 カローラは日産サニーに続く大衆車として1966年に初代モデルが登場した。初代カローラはサニーより排気量やボディサイズが大きいといったわかりやすさや、「弱点がなく、高い満足度を提供する」という意味の「80点+α主義」という長年続く思想などにより大成功を収めた。

1966年に登場した初代カローラ。このころ日本は高度成長期真っ只中で高速道路時代に突入。クルマの多様化するニーズに対応すべく1968年には2ドアクーペの『カローラ スプリンター』も登場した

 カローラは兄弟車のスプリンター、2ドアのレビン&トレノ、ステーションワゴン&バンといったボディタイプを増やしながら、順調に販売、生産台数を拡大していくのだが、大きな転換期となったのがレビン&トレノ以外、満を持してFF化された1983年登場の5代目モデルである。

1983年に登場した5代目カローラは満を持してFF化された。写真はAE86型カローラレビン、言わずと知れたリトラクタブルヘッドライトのスプリンタートレノとは姉妹車であり唯一FRで発売され伝説となった

 その後カローラは1987年登場の6代目モデルと1991年登場の7代目モデルでは、日本のバブル期という時代背景もあり、ゴージャス路線を進む。

■1995年の8代目と2000年の9代目

 しかし、1995年登場の8代目モデルではバブル崩壊によりコストダウンに注力したこともあり、カローラとしては安っぽさを感じたのも否めなかった(これは今になると7代目カローラの質感がよすぎただけに、そう感じただけだったのかもしれないが)。また、8代目モデルでは3列シート仕様もあるミニバンとなる、スパシオも加わった。

1995年5月に登場した8代目モデル。1997年のマイナーチェンジで1.6L DOHC 20バルブの4A-GE型エンジン搭載のカローラ1.6GTが追加された

 2000年登場の9代目モデルでは当時のステーションワゴン人気もあり、車名をフィールダーとしたステーションワゴンがカローラファミリーの大きな柱になり始めた。

2000年8月に登場した9代目カローラ、5ドアワゴンの『フィールダー』。カローラワゴンからフィールダーへの車名変更は若い世代からも支持された

次ページは : ■2006年の10代目から現行12代目