カローラスポーツはスポーティーな先祖モデルたちを超えたのか

カローラスポーツはスポーティーな先祖モデルたちを超えたのか

 カローラにはハッチゲートを備えたスポーティモデルが3代目から存在している。

 1976年1月に誕生した時は「リフトバック」を名乗り、シューティングブレーク風の3ドアハッチバックだった。が、83年5月にモデルチェンジして登場した5代目のE80系カローラはFRとFFのデュアル戦略を取り、後輪駆動モデルはレビンの名を引き継いだ。

 そして1年半ほど遅れてFF2ボックスのカローラFXを送り込んでいる。フラッグシップの1600GTが積むのは、レビンと同じ4A-GE型DOHCエンジンで、これを横向きにして搭載した。このホットハッチが、今につながるカローラスポーツだ。

文/片岡英明、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】走りを気軽に楽しめるホット過ぎないハッチバック!! トヨタ カローラスポーツを見る


■12代目カローラに登場した久しぶりのハッチバック

2018年6月に鮮烈なデビューを飾ったカローラスポーツ
2018年6月に鮮烈なデビューを飾ったカローラスポーツ

 カローラFXは87年に2代目、92年には3代目にバトンを託した。が、ハッチバックブームが去り、販売が落ち込んだため、カローラFXはわずか11年で姿を消している。その後ブランクがあったが、2001年に後継ハッチバックのカローラランクス(と兄弟車のアレックス)が登場した。

 だが、これも1代限りで姿を消している。そのポジションを引き継いだのがオーリスだ。

 そして18年3月のジュネーブショーにおいて新世代のオーリスハイブリッドが姿を現している。その直後に開催されたニューヨーク国際自動車ショーにはカローラiMの後継モデルとなるカローラ・ハッチバックを参考出品した。

 Cセグメントのど真ん中を狙ったトヨタ期待の世界戦略車は、ヨーロッパでは「カローラ」、北米では「カローラ・ハッチバック」を名乗っている。日本では「カローラスポーツ」と命名され、6月に鮮烈なデビューを飾った。12代目カローラの第1弾で、久しぶりのハッチバックである。

 5ドアのハッチバックだけの設定で、全幅は1790mmと、初めて3ナンバー枠に踏み込んだ。もう1つの注目は、トヨタの新世代として開発されたTNGAのGA-Cプラットフォームを採用したことである。

 強靭で軽量なプラットフォームの採用によってキレのいい走りを実現した。また。ダンパーの減衰力を好みに調整することができるAVSをオプション設定したこともニュースの1つだ。意のままの気持ちいい走りと快適な乗り心地を、高い次元で両立させている。

次ページは : ■走りを考えた数々の工夫

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ