名門車が続々消えるなか問われる意義 セダンを選ぶ理由と長所

名門車が続々消えるなか問われる意義 セダンを選ぶ理由と長所

 セダンが売れていない。「セダンはカッコいい」と思う人も一定数いるだろうが、セダンを「ダサい、オジさんっぽい」と思う人のほうが圧倒的に多いのが現状だ。

 とはいえ、クラウンやスカイラインといったビッグネームのセダンはきちんと残っているし、各メーカーのフラッグシップはセダンであることが多い。これほど不人気なセダンが「フラグシップ」である理由とは!? セダンでしか味わえない魅力、セダンだけがもつ価値というものは、本当にあるのだろうか。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MAZDA、SUBARU、DAIHATSU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】不人気だけどカッコいい!! いま日本で買える国産セダンをピックアップ(33枚)画像ギャラリー

実用性が重視されるようになり、価値観に変化が

 セダンは一般的に、フロントにエンジンスペース、キャビンスペースである中央部には4枚のドアを装備し、リアは荷室スペース、となっている。前・中央・後ろと3つの部分に分かれることから、「3ボックスカー」とも呼ばれる。1980年代までは、乗用車はセダン形状がスタンダードであり、カローラやサニー、クラウン、マークII三兄弟が販売ランキング上位の常連であった。

 ところが1990年代に入ると、パジェロ、ハイラックスサーフ、テラノといった、今でいうライトクロカンSUVや、レガシィツーリングワゴンなどのステーションワゴンが人気となり、90年代後半になると、RAV4、オデッセイ、ステップワゴンなどが爆発人気となる。これまで、「乗用車といえばセダン」だった価値観が覆り、実用性が高いクルマに人気が集中するようになったのだ。

 もともと軽自動車やコンパクトカーはサイズに制約があるため、実用性を持たせるためにリアがハッチバックになるのが必然ではあったのだが、これはある意味ヒエラルキーを生み出していたものでもあった。つまり、リアにトランクを持てるセダンはゆとりのある「贅沢」なクルマであるのに対し、ハッチバックはそれに劣る、実用性重視のコミューターという位置づけだ。

 しかし、SUVやステーションワゴン、ミニバンなどがヒットしたことによって、「実用性が高い方が素晴らしいクルマ」という価値観に置き換わっていく。

トヨタを代表するセダンであったマークXも、2019年いっぱいで生産中止となってしまった。写真はマークXファイナルエディション

運転を楽しむ、高級感を味わうならセダンが有利

 セダンのメリットとしては、まず、キャビンスペースと荷室とを仕切るリアバルクヘッドがあることで、ボディ剛性を高くすることができる。ボディ剛性が高いことは、優れた操縦安定性につながる。基本骨格が強固につくられるほどに、サスペンションやブレーキのポテンシャルを最大限に引き出すことができるからだ。また、キャビンと荷室が別々であることから、荷室からの騒音を遮断しやすく、静粛性も高くなる傾向だ。

 さらには空力特性や重心の高さなども、セダンは断然有利だ。これらは燃費性能や、横風安定性にも影響する。総じて、セダンの方が安定した走行特性であり、安定しているからこそ、運転が楽しいクルマになる。

 また高級感のあるデザインを求めるなら、セダンタイプの方が似合っているように思う。いまはアルファードなどのミニバンが使われることもあるが、やはりショーファードリブンといえば、セダンのほうが優雅で気品あふれる雰囲気を味わえる。「実用性が高い」ことは、高級感を演出したい場合、ときに邪魔になる。各国首脳や要人が乗るなら、やっぱりセンチュリーやロールスロイスでなければ、あの威厳は出てこない。

セダンの中でも別格の存在である、トヨタ センチュリー。この威厳はミニバンでは出せない

次ページは : しかしながら、現代において「セダンでなければならない」理由は乏しい