色褪せない美しさ!! 手ごろなサイズが魅力のS13シルビア

このサイズ感は今でも欲しい!? 5ナンバーFRクーペの魅力 S13シルビアを振り返る

 国産車からどんどん5ナンバー車がなくなっている。その理由は、例えば厳しくなる側方からの衝突安全基準に合わせるためだとか、国内だけでなく海外での販売を視野に入れた世界販売車が増えたからである。

 しかし、90年代には多くの5ナンバー車がラインナップされていた。現行車ではコンパクトカーが中心だが、当時はクラウンやセドリックにも5ナンバー車があった。

 そしてスポーツモデルにもコンパクトでパワフルなFRクーペがあった。そんな5ナンバークーペでいまだに高い人気を誇るS13シルビアをの魅力を再確認する。

文/斎藤 聡、写真/日産

【画像ギャラリー】手頃なサイズで軽やかに路上を駆け抜けた5ナンバーFRクーペ S13シルビア(12枚)画像ギャラリー

■5ナンバーFRクーペはハイエンドな存在だった

日産 シルビア(S13)。今見るとかなりスリムでコンパクトに見える

 いまのクルマのサイズ感からすると、5ナンバーFRクーペはコンパクトで手頃なスポーツクーペといったイメージを思い浮かべるかもしれません。けれども1980年代後半5ナンバー枠に収まるボディに1.8Lツインカムターボエンジンを搭載したFRクーペは、むしろハイエンドに近い存在でした。

 当時は5ナンバーサイズによる税制がありました。1989年からボディサイズによる税制が改正され排気量別になったのですが、S13シルビアのデビューした1988年はぎりぎり5ナンバー枠規制が生きていたのでした。

 当然国産高級セダンであるクラウンやセドリックも5ナンバー枠全長4700mm、全幅1700mm以下で作られていました。5ナンバー車の自動車税は3万9500円、これが3ナンバー3L以下になると8万1500円に跳ね上がったのです。3ナンバーは贅沢品扱いだったわけです。

 今と比べるとだいぶコンパクトなサイズなのですが、国産車は長くこのサイズが浸透していたのです。例えば駐車場のサイズも同様で、5ナンバー枠が基準になっていて、自動車税制が変更されたからと言っても、いきなりボディサイズが拡大されるということはありませんでした。

 エンジンもシルビアのターボモデルK‘sは1.8LのCA18DET型で175馬力/23.0kgmという出力で、これも十分にパワフルなものでした。

 なにしろ280馬力が搭載されるのは1989年登場のフェアレディZが最初で、それまではR31スカイライン(7thスカイライン)の通称ターボCが210馬力、Z31フェアレディZのターボ(VG30DET)が230馬力、他社ではトヨタ・ソアラの240馬力がトップエンドでした。

 いずれにしても、1980年代後半頃は200馬力が一つの指標で、それを超えるクルマはハイパフォーマンスという認識でした。

 S13シルビアもデビュー当初の1.8L時代は低回転のトルクの細さがちょっと気になったものの、高回転域はパワフルと感じていたし、マイナーチェンジでSR20DET(205馬力)が搭載されてからは、カッコよくてパワフルなスポーツ(スポーティ)カーという存在でした。

■901運動の中で誕生したシルビア

日産の901運動の中で生まれた1台がシルビアだった

 1980年代後半、日産では901運動が盛り上がっていたのでした。1990年代までに技術世界一を目指すというスローガンのもと、シャシー、エンジン、ハンドリング、デザイン、品質向上などの技術開発に力を注いでいました。

 そんな中で生まれた代表的なクルマの1台がシルビアでした。曲面を取り入れた流麗なエクステリアデザインは、それまでの丸みのあるデザインやエッジの効いたデザインという流れとは一線を画しており、当時見たことのない美しい形という評価でした。

 操縦性の面でも、トラクション不足に悩む日産の答えとして開発したリヤ・マルチリンクサスペンションを採用して、ステアリング操作に対する精度感が高く、しなやかで懐の深い足回りでした。

 フロントヘビーなシャシーレイアウトでしたが、操縦性は見事なほどの弱アンダーステアに仕上げられており、しかもリヤのマルチリンクの滑らかな動きのおかげでリヤタイヤの滑り出しが穏やかにゆっくりと起こるので、グリップの限界域のコントロール性も従来のクルマとは一線を画すほど優れていました。

 リヤサスの滑らかな動きは、もちろん運動性能の良さとしてスポーツドライブを楽しむのに役立つわけですが、それだけでなく街乗りでも乗り心地の良さとして現れ、形だけでなく乗り心地の点でもデートカーとして優れていました。

 ちょうどプレリュードでデートカーに火が付き、”パーソナル“という言葉が巷に聞こえ始め、クルマの中の閉じられたパーソナルな空間に注目が集まっていたのもこの頃です。

 クルマの存在感としては車格もエンジンもアッパーミドルであり、立派なクルマでした。その一方で、実際に走らせてみれば、ボディサイズは5ナンバーサイズに収まるものだからもて余さないし、しかもボディ前後が絞り込まれているのでさらに取り回しのいいクルマでもありました。

 つまりS13シルビアは、その抜群のスタイリングと、立派なサイズ感、おしゃれなインテリア、上質な乗り心地、パワフルなエンジン操縦性の良さなど、すべてを持ち合わせたクルマでした。

次ページは : ■S13の5ナンバーサイズに回帰したS15